採用リアルボイス

人事担当者、採用担当者の目線から見る“転職”成功のポイントとは ?

人事担当者、採用担当者に聞いた、面接で重視するポイント、欲しい人物像などをまとめて公開中!転職成功のヒントが満載

データサイエンス株式会社

経験則や前職のやり方にとらわれない柔軟性が大切。
何事も前向きに受け止められる人が成長できる人です!

データサイエンス株式会社

設立
1971年4月
従業員数
207名(2017年5月現在) (男 179名、女 28名)
本社所在地
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル
事業内容
■公営競技(競輪)のシステム開発・運用
■組込ソフトウェア開発
■業務アプリケーション開発
Q1 面接において重視しているポイントはどこですか?
「当社への関心」が根源でしょうか。
話し方や話す内容よりも、面接を受ける前提として「その会社に関心があり、そこから「その会社で働きたい」という思いが生まれていることが最も必要と考えています。なぜなら、その関心こそが「会社をもっと知りたい」そこから「自分を知って、受け入れてほしい」という欲求を芽生えさせ、面接の場で企業が一般的に求めている「積極性」「主体性」「熱意」「やる気」というセールスポイントの表現につながるのだと考えているからです。
Q2 貴社の求める人物像(スキル、資格以外の部分で)について教えてください。
中途採用としては以前の会社での体験や経験則にとらわれず、その会社のルールややり方といったものにいい意味で順応できる方を望みます。
中途入社だとついつい今までの経験という視点で以前の会社と比較し、今の会社をマイナスに眺めがちで、成長が止まるケースがあります。「昔の会社ではこうだったけど、今の会社ではこういうやり方をしている」という事実に対し、プラス方向でとらえることができる方が、中途入社で成長する方なのだと思います。
Q3 貴社の面接回数は何回ですか?
1回
Q4 面接以外の試験は実施しますか?(筆記試験、性格診断、SPIなど含む)
実施しません。
Q5 求職者に向けて、貴社のアピールポイントを教えてください。
1に「企業の安定性」です。
1971年創業という歴史はIT業界では古い方に当たります。安定性の秘訣は「公営競技システム」の基盤構築・開発・運用までを事業領域とし、特に運用の部分では30年以上当社単独で顧客より直請けで受託しているという明確な特徴があること、そして開発に比べ長期安定の傾向がある運用の仕事を有することが、収益の面の安定化にも寄与しているということです。
2は中途入社者にも優しい仕組み「DS会」。
仕事を離れて社長から新入社員までが集まり、イベントを通じて交流するというもの。新しい会社になじむことに苦慮しがちな中途入社社員も「DS会」に参加することを通じて会社全体と交流する機会を持てることが大きな特徴となっています。

この企業についてもっと詳細を知りたい方は

  • 祝・WBSS 準決勝進出!- 次戦2019年春 - WBA世界バンタム級チャンピオン 井上尚弥選手 転職決定人数No.1 転職コンシェルジュのワークポート祝・WBSS 準決勝進出!- 次戦2019年春 - WBA世界バンタム級チャンピオン 井上尚弥選手 転職決定人数No.1 転職コンシェルジュのワークポート

転職相談サービス

  • 転職コンシェルジュ紹介転職コンシェルジュ紹介
  • 転職相談サービスについて転職相談サービスについて
  • 採用担当者 本音調査採用担当者 本音調査
  • 採用担当 リアルボイス採用担当 リアルボイス
  • Q&AQ&A
  • 履歴書・職務経歴書のサンプル履歴書・職務経歴書のサンプル

TOPへ