LINEに関する記事


LINE グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

LINE グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

LINE株式会社は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」のグループ通話の参加上限人数を、最大500名へ拡大すると発表した。


LINEの名刺管理アプリ「myBridge」提供開始

LINEの名刺管理アプリ「myBridge」提供開始

LINE株式会社は、同社が提供する名刺管理アプリ「myBridge(マイブリッジ)」において、オンライン名刺サービスの提供を開始すると発表した。


仕事中のLINEに対する男性の思いとは

仕事中のLINEに対する男性の思いとは

仕事中にLINEをする時には、男性は様々な思いを抱えている場合があります。普段から当然のように仕事中にLINEをしてくる男性もいれば、ごく稀にLINEをするケースもありますよね。こういう時に男性がどんなことを考えているのかについて、今回は詳しくお伝えしていきましょう。


LINE デジタルトレーディングカードプラットフォームを発表

LINE デジタルトレーディングカードプラットフォームを発表

LINE株式会社は、様々なジャンルの写真・音声・映像をコレクションできるデジタルトレーディングカードプラットフォーム「VVID(ビビッド)」を今夏より提供すると発表した。


おせっかいなLINEだと思われる内容とは

おせっかいなLINEだと思われる内容とは

おせっかいなLINEだな…と思うと、嫌になってしまう時がありますよね。どのような内容だと、そう思うのでしょうか。今回はおせっかいなLINEだと思われてしまう内容について、一緒に見ていきましょう。


女性が返信したくなるLINEメッセージのポイント

女性が返信したくなるLINEメッセージのポイント

気になる女性とのLINEで避けたいのが相手からの既読無視ですよね。既読無視されたらアプローチもしづらくなってしまいます。そこでここでは、気になる女性から既読無視されたいために、相手がつい返信したくなるようなLINEメッセージのポイントをご紹介します。


察してほしいLINEかもしれない…と思う内容について

察してほしいLINEかもしれない…と思う内容について

察してほしいLINEについては、サインが出ている場合が多いのです。もしも「これは相手のサインかもしれない」と思った時には、相手と一度話し合うようにするか、もしくは少し距離を置くようにした方がよいでしょう。今回は察してほしいLINEかもしれないと思う内容について、5つのものをお伝えしていきましょう。


LINE NEWSがファクトチェック・イニシアティブへ参画 デマ情報対策を強化へ

LINE NEWSがファクトチェック・イニシアティブへ参画 デマ情報対策を強化へ

LINE株式会社は、同社運営のスマートフォン向けニュースサービス「LINE NEWS」において、日本でファクトチェックの普及活動を行う非営利団体「ファクトチェック・イニシアティブ(以下、FIJ)」に正会員として新規参画したと発表しました。


GMOに続き LINEもすべての契約に電子契約を導入へ

GMOに続き LINEもすべての契約に電子契約を導入へ

LINE株式会社は、新型コロナウイルス感染拡大および対応の長期化に伴って、5月1日よりLINEグループ各社すべて契約において、原則、電子契約を導入すると発表しました。


LINEで健康相談できる「LINEヘルスケア」 無償提供期間を大幅延長

LINEで健康相談できる「LINEヘルスケア」 無償提供期間を大幅延長

LINE株式会社とエムスリー株式会社の共同出資会社LINEヘルスケア株式会社は、オンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア」において、『いますぐ相談』と『あとから回答』の2種類のオンライン健康相談を4月以降も無償提供すると発表しました。


LINE 厚生労働省との協力で8,300万人対象の「新型コロナ対策のための全国調査」を実施へ

LINE 厚生労働省との協力で8,300万人対象の「新型コロナ対策のための全国調査」を実施へ

LINE株式会社は、厚生労働省と協力し、第1回「新型コロナ対策のための全国調査」を3月31日(火)に実施すると発表しました。


LINE 出前館に300億円を出資して実質子会社化

LINE 出前館に300億円を出資して実質子会社化

LINE株式会社は、日本最大級のデリバリーサービスである『出前館』を運営する株式会社出前館と資本業務提携を締結すると発表しました。


LINE 新会社を設立しマッチングサービスに参入

LINE 新会社を設立しマッチングサービスに参入

LINE株式会社と株式会社IBJのグループ企業である株式会社Diverseは、両社共同出資による新会社「HOP株式会社」を設立し、新たにマッチングサービス事業に参入すると発表した。


LINE AI部門の再編成を発表 採用強化でAI技術人材を200名規模へ

LINE AI部門の再編成を発表 採用強化でAI技術人材を200名規模へ

LINE株式会社は、同社のAI技術の研究・開発およびAI技術を活用した事業発展の促進を目的に、AI技術に関連する社内組織の再編成、採用活動の強化を発表しました。


軽い男に見られるLINEの内容はコレ!

軽い男に見られるLINEの内容はコレ!

軽い男のLINEについては、外見や態度が軽ければすぐに分かることも。でも外見が真面目そうに見えても、LINEでの内容が軽いケースもあります。こうなると、本当は軽い男性なのかな…と女性としては悩むもの。早い段階で相手の男性の内面について知っておくためにも、軽い男のLINEの内容についてお伝えしていきますので参考にしてみてください。


LINEのプロフィール画像に対する心理について

LINEのプロフィール画像に対する心理について

LINEのプロフィール画像には、心理が関係している可能性が高いです。LINEをしていると、プロフィール画像を何度も変える人を見て不思議な気持ちになる時も。今回はその心理について、詳しくお伝えしていきましょう。


LINE トーク画面上から家電操作可能な「Clova Bot」を提供開始

LINE トーク画面上から家電操作可能な「Clova Bot」を提供開始

LINE株式会社は、同社が開発・提供しているAIアシスタント「Clova」において、LINEのトーク画面上でのタッチ操作やテキスト入力による家電操作が可能な「Clova Bot」を提供開始すると発表した。


LINE Pay 個人事業主向け確定申告サポートサービスを開始

LINE Pay 個人事業主向け確定申告サポートサービスを開始

LINE Pay株式会社は、個人事業主向け確定申告サポートサービス「LINEで確定申告サポート」の提供を開始すると発表しました。


LINE AI技術を利用したSaaS「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」の提供を開始

LINE AI技術を利用したSaaS「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」の提供を開始

LINE株式会社は、LINE BRAINのAI技術をNAVER Business Platform Corp.に提供し、「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」のSaaS提供を開始すると発表しました。


LINEで告白する心理になるのはどんな時?

LINEで告白する心理になるのはどんな時?

LINEで告白する心理になるのは、どんな時が多いのでしょうか。以前から「告白をLINEでしよう」と決めていた人もいれば、突然LINEでの告白を思いつくケースも。今回はLINEで告白する心理になる時について、詳しく見ていきましょう。