電話に関する記事


かけるのも取るのも苦手…電話への苦手意識を克服するには

かけるのも取るのも苦手…電話への苦手意識を克服するには

仕事で電話を取る時にいつも緊張してしまう…。日常生活で欠かせない電話ですが電話を取るのが嫌いだという人は多くいます。さらには、美容院の予約など自分から電話をかけるのが苦手だという人も多いのではないでしょうか。 ここでは、苦手な電話を克服する方法をご紹介します。


電話が嫌いな理由と克服するためのステップ

電話が嫌いな理由と克服するためのステップ

電話が嫌いな理由は、なぜだかわかりますか。昔は手紙や電話が唯一の通信手段でしたが、最近はメッセージやSNSなど、相手と話をしなくても充分にコミュニケーションがとれるようになっています。そのためか電話をかけるのがとても負担になり、スマホの通話機能をほとんど使わない人もいるようです。次第と電話離れが進むと、必然的に電話で話すのが苦手になってしまいますよね。でも仕事や急な場面で、電話は欠かせないツール。上手に自分の気持ちを伝えるためにも、電話が嫌いな理由を知って苦手を克服してみませんか。


電話で沈黙になる心理に隠れた思いとは

電話で沈黙になる心理に隠れた思いとは

電話で沈黙になる心理には、どのような思いが表れているのでしょうか。好きな人と通話している時、相手が突然沈黙になると、何か怒らせるようなことをしてしまったのかと不安になりますよね。緊張感が漂うこのような場面では、電話の相手の気持ちが気になるもの。今回は電話で沈黙になる心理にはどういった内容があるのか、詳しくお伝えしましょう。


顔が見えないからこそ難しい、電話の正しいマナーとは?

顔が見えないからこそ難しい、電話の正しいマナーとは?

ビジネスではメールと並び利用することも多い電話。素早い情報伝達ができることが電話の大きなメリットですが、顔が見えない分誤解を与えてしまうこともあり、苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。仕事で使う機会も多い分、正しいマナーを身につけましょう。