上司に関する記事


飴と鞭を上手に使いこなすための3つのコツ

飴と鞭を上手に使いこなすための3つのコツ

飴と鞭は仕事から恋愛においてとても役立ちます。しかし、飴と鞭はただ使うだけじゃなく「使いこなす」ことが大切です。ここでは、飴と鞭を上手に使いこなすコツをご紹介します。


部下のやる気を上げる上司の特徴

部下のやる気を上げる上司の特徴

上司なら、部下のやる気をどう上げようか悩むことがあるかと思います。チームのリーダーとして、部下のマインドに気を配るのは欠かせないことですよね。でも、どうやったら部下のやる気を上げることができるのでしょうか。ここでは、部下のやる気を上げる上司の特徴をご紹介します。


上司と仲良くなると良いこといっぱい⁉仲良くなるための方法

上司と仲良くなると良いこといっぱい⁉仲良くなるための方法

社会人になると関係を築くのが最も難しいが上司ではないでしょうか。上司と聞くだけで二、三歩距離を置いてしまう人もいるでしょう。しかし、社会人として上司と仲良くなると、私生活においてメリットも多いのです。ここでは、上司と仲良くなってうまく付き合っていく方法をご紹介します。


転職希望者の80%近くが「ハラスメントを受けたことがある」と回答

転職希望者の80%近くが「ハラスメントを受けたことがある」と回答

総合転職エージェントの株式会社ワークポートが、全国の転職希望者470人を対象に「ハラスメント」についてアンケート調査を行い、その結果を発表しました。近年、職場でのハラスメント被害が深刻化し大きな社会問題となっています。今回の調査結果からもハラスメントが私たちの生活に蔓延していることがわかりました。


伸び代無しと判断されてしまう、不評を買う新入社員の振る舞いとは?

伸び代無しと判断されてしまう、不評を買う新入社員の振る舞いとは?

新入社員として念願の会社に入ったものの、入社後に周囲から不評を買ってしまい、早々に躓いてしまう人もいます。もしかすると、新入社員らしからぬ態度をとってしまったことが原因かもしれません。誤った振る舞いにより同僚から伸び代無しと判断されてしまえば、仕事や成長のチャンスを逃してしまいます。今回は周囲からの評判を悪くしかねない、新入社員のNGな振る舞いについて紹介します。


【書評】上司と“こころが通う”術を知る『「上司に話が通じない」と思った時に読む本』

【書評】上司と“こころが通う”術を知る『「上司に話が通じない」と思った時に読む本』

「上司とわかりあえない」「苦手な上司がいる」上司とうまく付き合えず、悩んでいる部下は後を絶ちません。どうしたら円滑に仕事ができるのでしょうか?もっと快適に仕事をすることはできないのでしょうか?今回は、その問いに答えてくれる“指南書”をご紹介いたします。


挨拶は立場に関係なく、先に声をかけるのがベストのタイミング

挨拶は立場に関係なく、先に声をかけるのがベストのタイミング

上司と会社の廊下ですれ違った際、一般的には目下の方が先に挨拶をするべきだと思われています。ただし実際は、どちらか先に挨拶をするべきかを考える前に、立場に関係なく先に相手に気がついた方から挨拶をした方がいいのです。「おはようございます」と声を掛けるのは挨拶、「おはよう」とそれに返すのはただの返事なのですから。


上司とプライベートで遭遇した際の挨拶は、状況によって判断を。

上司とプライベートで遭遇した際の挨拶は、状況によって判断を。

人間関係は「おはようございます」「こんにちは」から始まるといってもいいほど、挨拶は会社でのコミュニケーションの基本中の基本です。一方で上司とプライベートの場で偶然会ってしまった場合、挨拶した方がいいのかは一瞬迷うと思います。基本的には挨拶をした方がいいですが、まずは挨拶をして大丈夫な状況かどうかを判断しましょう。


上司を好きになった時の今後の行動の仕方

上司を好きになった時の今後の行動の仕方

上司を好きになった時には、どのような行動をすれば良いのでしょうか。上司に対しての接し方についてもお伝えしていきましょう。


雑談をしたがらない部下を、上司はどう感じているのか?

雑談をしたがらない部下を、上司はどう感じているのか?

一見仕事とは関係のない雑談ですが、部下を持った上司は雑談をコミュニケーションの潤滑油として重要視している人も多いようです。ただ、最近上司を悩ませているのが、雑談に参加したがらない部下が増えてきていることです。会社は仕事をする場所だと割り切り、不必要な雑談を認めない部下。言い分はわかるのですが、実際、上司は彼らのようなタイプの部下をどう感じているのでしょうか。


上司にとって、人事異動で動かしたいと思う部下の特徴とは?

上司にとって、人事異動で動かしたいと思う部下の特徴とは?

組織の再編のために人員の人事異動が毎年行われ、多くの人がガラリと勤務環境が変わります。組織の発展のためには新陳代謝は欠かすことはできませんが、部下としては上司の判断を受け身で待つほかなく、人によっては不安な時期でもあるのではないでしょうか。上司が人事異動のメンバーを決める際、動かしたいと思う部下には実は特徴があるのです。


上司のサシ飲みを充実させるために使いたい、オススメの話のタネとは?

上司のサシ飲みを充実させるために使いたい、オススメの話のタネとは?

「おい、今日これから飲みにいくぞ」と、職場の上司から一対一で飲みに誘われることも多いのではないでしょうか。部下としては気が進まない部分もあるかもしれませんが、せっかくサシで飲めるのですから、この機会を利用して上司との距離を縮めたり、仕事のコツなどを聞いておきたいですよね。今回はサシ飲みで困らない、鉄板の話のタネを紹介します。


職場に未だにいる、飲みニュケーションを求める人たちとは?

職場に未だにいる、飲みニュケーションを求める人たちとは?

職場での親睦を深めようと、部下や後輩を飲み会に連れて行く「飲みニュケーション」という慣習が日本の会社でよく見かけます。業務時間外にも関わらず上司と接しなければいけない、自分の時間がなくなるなど、苦痛を感じている若者も非常に多いようです。健康や翌日の仕事にも影響が出かねない飲みニュケーションですが、未だに親睦を深めるための重要イベントと思っている上司も少なくないのです。


上司との飲み会には要注意!無礼講を間に受けてはいけない理由

上司との飲み会には要注意!無礼講を間に受けてはいけない理由

会社での飲み会の際、よく「今日は無礼講だ!」という言葉を聞きますよね。上司が言った言葉を鵜呑みにして、本当に無礼なことをしてしまっていませんか。薄々気づいていると思いますが、無礼講だからといって失礼なことをして良いわけではありません。今回は、無礼講という言葉について、間に受けてはいけない理由を紹介します。


やんわりとNOを伝えましょう。話が長い上司への対処法。

やんわりとNOを伝えましょう。話が長い上司への対処法。

職場での上司の長話は、最初はありがたく聞いていたかもしれません。しかし、次第に話が脇道に逸れて、ただの自慢話になってしまうことも多いですよね。なんとか抜け出したいけれど、上司という立場上強くNOということは難しいのが現実です。今回は、角を立てずに話が長い上司から離れる対処法を紹介します。


事前にチェックしておきたい、上司との飲み会前の下調べ

事前にチェックしておきたい、上司との飲み会前の下調べ

会社で働いていると、上司から急に「今夜のみに行くぞ」と、飲み会の誘いを受ける場合があります。その際、準備なしで居酒屋に行ってはいませんか。事前に下調べや準備を行うことで、飲み会がスムーズに進み、上司の評価を簡単にあげることができますよ。今回は、上司に誘われた時に事前にやっておきたい、飲み会の準備について紹介します。


異なる文化を理解する姿勢が必要。外国人上司との正しい接し方とは?

異なる文化を理解する姿勢が必要。外国人上司との正しい接し方とは?

グローバル化が進む現代において、外資系企業はもちろん、通常の企業でも上司が外国人となるケースというのは、決して珍しくありません。しかし、グローバル化が進んでも、まだまだ日本では、異なる文化的背景を持つ外国人上司を受け入れることに慣れていない人も多いのです。そのため今回は、彼らとうまく付き合うための方法について紹介します


コツは受け流すこと。理不尽な上司への対処法とは?

コツは受け流すこと。理不尽な上司への対処法とは?

会社で仕事をしていると、どうしても理不尽な上司に運悪く当たってしまう場面もあります。仕事を進めるために付き合わないわけにもいかず、知らず知らずのうちに心が磨耗してしまったなんていうことも。今回は、職場で理不尽な上司を接するときの対処法について紹介します。


職場の飲み会には参加をするべき?飲み会が持つメリットとは

職場の飲み会には参加をするべき?飲み会が持つメリットとは

社会人になったら、学生時代よりも飲み会に参加する機会は増えたのではないでしょうか。飲み会好きなら良いですが、中には「上司に気を使う」「行くのが面倒臭い」とあまり乗り気ではない人も決して少なくないはずです。確かに賛否両論ありますが、メリットもあるんですよ。今回は飲み会の参加のメリットを紹介します。