対処法に関する記事


浪費グセのある人が日常でよく使う、3つの言い訳とは?

浪費グセのある人が日常でよく使う、3つの言い訳とは?

無益なものにお金をつぎ込んでしまう浪費家の人と仲良くなってしまうと、こちらの財布にまで悪影響が及んでしまうことがあります。できれば距離を取りたい相手なのではないでしょうか。浪費家を見抜き離れるためには、彼らに共通して見られる、言い訳に着目して見てください。お金を使ってしまった後にどのような言い訳をするかで、それはたまたまなのか、あるいは元々の浪費グセによるものなのかを判別できますよ。


甘やかし厳禁!子供彼氏と付き合ってしまった時に実践したい対処法。

甘やかし厳禁!子供彼氏と付き合ってしまった時に実践したい対処法。

すぐに不機嫌になる、思いつきで行動するといった幼児性が強い子供彼氏と付き合ってしまうと大変です。男性との恋愛を楽しむどころではなく、大きな子供と接するような関係になってしまいます。事前に相手の性格を察知できれいればいいのですが、もし付き合った後に彼の子供っぽさを知ってしまった場合はどうすればいいのでしょうか。別れないで関係を継続していくためには、何かしらの対策が必要になります。


感情の渦に巻き込まれないで。彼氏が不機嫌になってしまったら?

感情の渦に巻き込まれないで。彼氏が不機嫌になってしまったら?

まるで子供のように、些細なことですぐに不機嫌になってしまう彼氏と付き合うと大変です。デートでもちょっとしたことで、これまでの機嫌の良さが嘘のような言動をしてしまうこともあります。女性は何とかして機嫌を直してもらおうとしますが、それではこちらまで感情の渦に巻き込まれて疲弊してしまうでしょう。もし機嫌が悪くなったのなら、こちらは何もする必要なないのです。相手の感情は相手の問題と線引きして、冷静に観察するようにしましょう。


言い返さず黙ってしまう男性は、面倒を避けているだけかも。

言い返さず黙ってしまう男性は、面倒を避けているだけかも。

付き合っていく中で、やはり時には口論になってしまうこともあるかもしれません。その際にあまり言い返したりせずに黙ってしまう男性についてはどう思いますか。黙るイコール話を聞いてくれている、と考えてしまう女性は要注意です。男性が口を閉ざしてしまうのは優しさや相手を尊重しているからではなく、とにかく面倒ごとを避けようとしているからで、後々に不満を爆発させてしまうこともあるのです。


気持ち良いと感じているのは自分だけ?相手が疲れる話し方。

気持ち良いと感じているのは自分だけ?相手が疲れる話し方。

普段何気なく行っている会話ですが、話を聞き終わった後にこちらがぐったりと疲れてしまうような話し方をする人っていますよね。話が長い、自慢ばかりする人は聞き手に苦痛を与えてしまい、次第に周りから人が離れていってしまいます。本人は自覚がないまま話していることも多く、あなたももしかするとそのような話し方になっているかもしれません。今回は聞き手にストレスを与えてしまうので、コミュニケーションの際は避けたほうがいい話し方を取り上げます。


職場で本当はいい人なのに、損してしまう立ち振る舞いとは?

職場で本当はいい人なのに、損してしまう立ち振る舞いとは?

職場で周りがやらないような仕事も率先してやってくれる、細かな気遣いもできるような「いい人」はきちんと周囲からも評価されて欲しいですよね。ただ、勿体ないことにあまり目立たない、あるいは都合のいい人のように思われてしまうこともあります。せっかく素敵な人なのに損をしてしまう、そんな人が行いがちな立ち振る舞いとは?


職場で孤立した時は、自分1人の時間が増えたと考えましょう。

職場で孤立した時は、自分1人の時間が増えたと考えましょう。

職場で孤立し居場所がないという状況は、毎日の会社生活を送る上でもかなり辛いものがありますよね。ただ、たとえ孤立してしまっても、その状況をどう捉えるかによって気持ちのあり方も変わってくるものなのです。例えば、孤立というのはそれまで時間を費やしてきた人間関係から解放されるということであり、自分のために使える時間が増えたと捉えることもできるのです。


背景にあるのは支配欲や劣等感。セクハラを行う男性とは?

背景にあるのは支配欲や劣等感。セクハラを行う男性とは?

セクハラは女性の尊厳を傷つける行為であり、決して許されることではありません。セクハラ被害者の中には、自分の言動に原因があったのではないかと自責してしまうことがあります。しかし、セクハラは加害者の支配欲などの心理状態が原因です。そのため、被害から身を守るためには、セクハラを行う男性のことを理解しておく必要があります。


実は厄介な存在な「もう一品だけ」という自覚なき消費行動

実は厄介な存在な「もう一品だけ」という自覚なき消費行動

貯めよう貯めようと心がけても、普段の生活費で手一杯、貯金に回す分のお金が確保できないと悩んでいませんか?月々の収入を見れば十分貯金に回せるだけの金額はあるはずなのに、月末になると口座の残高が思ったよりも少ない。「こんなはずじゃなかった」と思った経験があるという人は、一度出費の内訳を見てみましょう。無意識のうちに少額の買い物をしているはずです。これらは消費という印象も薄く記憶にも残りにくい、厄介な消費だったりします。


はっきりNOと伝えましょう。会社での頼まれ事の上手な断り方とは?

はっきりNOと伝えましょう。会社での頼まれ事の上手な断り方とは?

仕事が溜まって忙しいのに、人から頼まれたらつい断れない人も多いのではないでしょうか。頼られるのは悪い気はしませんが、制限なく引き受けていたらこちらがパンクしてしまいます。普段から必要以上に頼まれごとを引き受けてしまう人ほど、自分のやるべきことを優先しましょう。今回は、頼み事の上手な断り方を紹介します。


批判を受けても大丈夫!嫉妬で批判をする人は、既に負けている人です。

批判を受けても大丈夫!嫉妬で批判をする人は、既に負けている人です。

仕事で高い成果を上げ、ライフステージがどんどん高くなっていくにつれ、同時に周りから嫉妬を受けやすくなります。成功を目指す以上、周囲の人間から石を投げられるのはされては通れない壁かもしれません。ただ、批判されても、あなたは気にする必要はありません。あなたに嫉妬した人は、もうその時点であなたに負けている人なのです。


騙されてはいけません!浮気性の男が使いがちな言い訳とは?

騙されてはいけません!浮気性の男が使いがちな言い訳とは?

彼女がいるのにも関わらず、浮気癖がなかなか治らない男性っていますよね。浮気をする人は口では反省すると言いながら、何度でも浮気に走ってしまうもの。その度に自分を正当化したり、彼女側に責任を押し付けるような言い訳をします。その言い訳を鵜呑みにして許してしまうと、男性は浮気をしても許してもらえると勘違いして、その後も繰り返してしまうでしょう。今回は浮気性の男がよく使う言い訳を紹介します。


出世はいいことばかりでない?管理職で増える出世鬱とは。

出世はいいことばかりでない?管理職で増える出世鬱とは。

ビジネスパーソンなら、誰しも仕事で高い成果を出して出世を目指していると思います。仕事を認められ、上司の立場に昇進すれば、より責任のある仕事を任せてもらえたりするでしょう。ただ、一方で上司に昇進になるということは、ノルマの達成や部下の指導など、常にプレッシャーに晒される責任ある立場になるということであり、それによって「出世鬱」になる人が続出しているのです。


相手から悪口を言われた時、反応した時点でこちらの「負け」な理由

相手から悪口を言われた時、反応した時点でこちらの「負け」な理由

人間関係の中では、他人から根も葉もない悪口や誹謗中傷をされる場面もあるのではないでしょうか。悔しい気持ちはわかりますが、悪口を言われたときに必死に弁明したり、こちらも悪口を言い返すのは逆効果です。それでは相手のレベルまで自分も落ちてしまいます。


部下の退職を防ぐために。退職を考える社員が見せる兆候とは?

部下の退職を防ぐために。退職を考える社員が見せる兆候とは?

これまで手塩にかけて育成した優秀な社員を退職、転職によって失うのは会社にとっても大きな損失です。退職を防ぐためには、事前にその兆候を察知して、相談に乗るなどの対策をすることも上司の仕事の一つなのかもしれません。今回は退職を考える社員が見せる、兆候について紹介します。


変な万能感はどこから?口は達者だが仕事ができない人との接し方とは

変な万能感はどこから?口は達者だが仕事ができない人との接し方とは

口だけは達者だけど、いざ仕事を任せてみてもなかなか行動しない、仕事の完成度も低いという、発言内容と実力が一致しない自信過剰な人はどこの職場にもいるものです。もし同じ職場にいたら「この人はちょっと面倒だな」と感じる場面も多いのではないでしょうか。今回はそんな面倒な自信家の人との上手な接し方について紹介します。


あくまで仕事を第一に。上司とは最低限の付き合いでも大丈夫です。

あくまで仕事を第一に。上司とは最低限の付き合いでも大丈夫です。

会社に入ったからには、やはり人間関係を良好に保つのに越したことはありません。上司との関係も同様ですが、仲良くならないといけないと過度に上司の評価や機嫌を気にしてしまう人をよく見かけます。上司に嫌われないように行動するのは、大きなストレスを感じてしまいますよね。ただ、上司とは無理に仲良くする必要はないんですよ。


上司の「いじり」は、実は形を変えた「いじめ」かも?

上司の「いじり」は、実は形を変えた「いじめ」かも?

社会人になると切っても切り離せないのが人間関係であり、特に上司との関係に苦労しているという人は多いのではないでしょうか?その中でも厄介なのが、上司による「いじり」です。妙なあだ名をつけられる、取引や飲み会の席で笑い者にされるなど悪質なものがあり、もしかしたらそれは、形を変えた上司からのいじめ、ハラスメントの可能性があります。


モラルを守って利用しましょう。注意したいSNSでの誹謗中傷

モラルを守って利用しましょう。注意したいSNSでの誹謗中傷

SNSは簡単に情報を発信したり、全国の人とやりとりできる非常に便利なツールです。やだ、利用者も多い反面、中には「あれ?」と思うような使い方をしているユーザーも、残念ながら存在してしまっています。顔の見えないSNSでは、どうしてもその匿名性から心理的なハードルが下がり、迷惑行為が起きやすくなってしまうのです。


一人で抱え込まないように。逆パワハラを受けた際の対処法

一人で抱え込まないように。逆パワハラを受けた際の対処法

立場の強い上司が部下に無理難題を押し付けるパワハラが起こっている影で、少なからず部下が上司を苦しめるいわゆる逆パワハラも発生しています。こちらの命令を無視したり、表や裏で上司の評判に傷をつけるような言動を繰り返すモンスター部下に対して、今回は上司が実践したい対処法について紹介します。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!


C&K