対処法に関する記事


プラトー現象の対処法について・トレーニングの向上を阻む時期の過ごす方

プラトー現象の対処法について・トレーニングの向上を阻む時期の過ごす方

プラトー現象の対処法で困っている人はいませんか。そもそも「プラトー」とはどのような意味なのか、知らない人も多いでしょう。プラトーはトレーニング中に起こる現象で、なかなか上達しない時期のこと。同じような意味の「スランプ」というと、わかりやすいかもしれません。毎日のパフォーマンス力を高めるためには、どうしてもプラトーの対処をしなければならない時がやってきます。そんな場面で何をすればよいのか、困った時の過ごし方についてご解説していきましょう。


恋愛ですれ違いそうになった時の対処法

恋愛ですれ違いそうになった時の対処法

恋人とすれ違い気味…このまま別れることになったらどうしよう。このような不安を感じているなら、関係を修復させるための対処法を知り実践してみましょう。ここでは、恋人とすれ違いが生じた際の対処法をご紹介します。


他人の噂話に左右されないために覚えておきたい心構え

他人の噂話に左右されないために覚えておきたい心構え

出る杭は打たれる風潮が強い日本社会では、仕事を出した人、魅力があり目立つ人ほど称賛と同時にネガティブな意見も多くなってしまいます。噂話もその一つで、たとえ内容が根も葉もないものであったとしても、言われている本人からしてみたら決して気持ちの良いものではないでしょう。今回は噂話が気にならなくなる心構えについてご紹介します。


決して同じ土俵に乗らないこと。足を引っ張る人への適切な対処法とは。

決して同じ土俵に乗らないこと。足を引っ張る人への適切な対処法とは。

「出る杭は打たれる」という言葉は言い得て妙で、会社などのコミュニティ内では少なからず足を引っ張る人物というのは一定数いるものです。成果を出した人物に対して賞賛ではなく、嫉妬という形で返事をする人に対して、正面から対応するのは効果の無いどころか、貴重な時間とエネルギーを無駄にしてしまいます。足を引っ張る人への適切な対処法としてポイントなのが、同じ土俵に乗らないこと、そして遥か高みから見下ろす形で余裕を示すことなのです。


社会人になって辛いと感じること5個と対処法

社会人になって辛いと感じること5個と対処法

社会人になるとお金を自由に使えるし、未来に向かって歩きやすくなる、なんて思っていても、今まで以上に自分のスキルが試され、人に評価される生活に変わります。辛いことが多くなるのも現実ですよね。ここでは、社会人になってから辛いと感じることとその対処法をご紹介します。


職場にいる謝らない人への対処法

職場にいる謝らない人への対処法

明らかな非がある時、その非を認めて謝ることは、人間関係や信頼を築くためにも大事なことです。しかし、問題を起こしたり迷惑をかけたのに素直に謝らない人も多くいます。そんな人は、一体どんな理由で謝らないのでしょうか。ここでは、そういった謝らない人の仕事場での対応をご紹介致します。


自慢話ばかりする人の対処法・面白くない話をさえぎるには?

自慢話ばかりする人の対処法・面白くない話をさえぎるには?

自慢話ばかりする人の対処法で、困った経験はありませんか。このタイプの人は周囲がうんざりし、距離を置いてしまう人もいるはず。自慢話ばかりする人は承認欲求が強い傾向があり、自分の存在やよいところを積極的にアピールしてきます。ただ自慢話を聞かされるだけならよいのですが、ひどい場合は挑戦的な態度で迫ってくるタイプもいますよね。こんな時に褒めたり、機嫌をとったりするのは大変です。自慢話ばかりする人の対処法は、自然に話を遮るのが一番。ではどうすれば相手の気を悪くせずに、その場から離れることができるのでしょうか。


仕事でトラブルが起きる前に!知ったかぶりをする人への対処法。

仕事でトラブルが起きる前に!知ったかぶりをする人への対処法。

曖昧な理解にも関わらず、あたかも知っているかのように振る舞う、知ったかぶりな人。そのような人物とはプライベートでは、表面的な態度に惑わされずに程々で付き合うのがベストでしょう。ただ職場にいた場合、その態度が原因で意思疎通が十分に行われず、後々のトラブルに繋がってしまうことがあるので注意か必要です。今回は職場で知ったかぶりをする相手に対して実践してほしい方法をご紹介します。


男性から好意の視線を向けられた時、あなたならどう反応しますか。

男性から好意の視線を向けられた時、あなたならどう反応しますか。

男性が長い時間にわたってこちらに視線を向けている時、それは好意の表れかもしれません。恋心を抱いている女性に対しては、男性は無意識に視線を送ってしまうのです。そこで、もし男性の視線の裏にある好意に気がついた際、その後どのような反応を返しますか。これはその男性をどう思っているかで、行動が分かれるのではないでしょうか。


早い段階で行動を!浪費癖から抜け出すために実践したいテクニック。

早い段階で行動を!浪費癖から抜け出すために実践したいテクニック。

浪費家の人は衝動買いを繰り返すことで、気がついたら金銭的に困窮な状態になってしまうことがあります。いつか収まると放っておくと、そのまま取り返しがつかなくなってしまう危険性もあり、早急に対処したほうがいいでしょう。今回は浪費癖に陥っていると感じたら実践してほしい、浪費を改善する方法についてご紹介します。


浪費グセのある人が日常でよく使う、3つの言い訳とは?

浪費グセのある人が日常でよく使う、3つの言い訳とは?

無益なものにお金をつぎ込んでしまう浪費家の人と仲良くなってしまうと、こちらの財布にまで悪影響が及んでしまうことがあります。できれば距離を取りたい相手なのではないでしょうか。浪費家を見抜き離れるためには、彼らに共通して見られる、言い訳に着目して見てください。お金を使ってしまった後にどのような言い訳をするかで、それはたまたまなのか、あるいは元々の浪費グセによるものなのかを判別できますよ。


甘やかし厳禁!子供彼氏と付き合ってしまった時に実践したい対処法。

甘やかし厳禁!子供彼氏と付き合ってしまった時に実践したい対処法。

すぐに不機嫌になる、思いつきで行動するといった幼児性が強い子供彼氏と付き合ってしまうと大変です。男性との恋愛を楽しむどころではなく、大きな子供と接するような関係になってしまいます。事前に相手の性格を察知できれいればいいのですが、もし付き合った後に彼の子供っぽさを知ってしまった場合はどうすればいいのでしょうか。別れないで関係を継続していくためには、何かしらの対策が必要になります。


感情の渦に巻き込まれないで。彼氏が不機嫌になってしまったら?

感情の渦に巻き込まれないで。彼氏が不機嫌になってしまったら?

まるで子供のように、些細なことですぐに不機嫌になってしまう彼氏と付き合うと大変です。デートでもちょっとしたことで、これまでの機嫌の良さが嘘のような言動をしてしまうこともあります。女性は何とかして機嫌を直してもらおうとしますが、それではこちらまで感情の渦に巻き込まれて疲弊してしまうでしょう。もし機嫌が悪くなったのなら、こちらは何もする必要なないのです。相手の感情は相手の問題と線引きして、冷静に観察するようにしましょう。


言い返さず黙ってしまう男性は、面倒を避けているだけかも。

言い返さず黙ってしまう男性は、面倒を避けているだけかも。

付き合っていく中で、やはり時には口論になってしまうこともあるかもしれません。その際にあまり言い返したりせずに黙ってしまう男性についてはどう思いますか。黙るイコール話を聞いてくれている、と考えてしまう女性は要注意です。男性が口を閉ざしてしまうのは優しさや相手を尊重しているからではなく、とにかく面倒ごとを避けようとしているからで、後々に不満を爆発させてしまうこともあるのです。


気持ち良いと感じているのは自分だけ?相手が疲れる話し方。

気持ち良いと感じているのは自分だけ?相手が疲れる話し方。

普段何気なく行っている会話ですが、話を聞き終わった後にこちらがぐったりと疲れてしまうような話し方をする人っていますよね。話が長い、自慢ばかりする人は聞き手に苦痛を与えてしまい、次第に周りから人が離れていってしまいます。本人は自覚がないまま話していることも多く、あなたももしかするとそのような話し方になっているかもしれません。今回は聞き手にストレスを与えてしまうので、コミュニケーションの際は避けたほうがいい話し方を取り上げます。


職場で本当はいい人なのに、損してしまう立ち振る舞いとは?

職場で本当はいい人なのに、損してしまう立ち振る舞いとは?

職場で周りがやらないような仕事も率先してやってくれる、細かな気遣いもできるような「いい人」はきちんと周囲からも評価されて欲しいですよね。ただ、勿体ないことにあまり目立たない、あるいは都合のいい人のように思われてしまうこともあります。せっかく素敵な人なのに損をしてしまう、そんな人が行いがちな立ち振る舞いとは?


職場で孤立した時は、自分1人の時間が増えたと考えましょう。

職場で孤立した時は、自分1人の時間が増えたと考えましょう。

職場で孤立し居場所がないという状況は、毎日の会社生活を送る上でもかなり辛いものがありますよね。ただ、たとえ孤立してしまっても、その状況をどう捉えるかによって気持ちのあり方も変わってくるものなのです。例えば、孤立というのはそれまで時間を費やしてきた人間関係から解放されるということであり、自分のために使える時間が増えたと捉えることもできるのです。


背景にあるのは支配欲や劣等感。セクハラを行う男性とは?

背景にあるのは支配欲や劣等感。セクハラを行う男性とは?

セクハラは女性の尊厳を傷つける行為であり、決して許されることではありません。セクハラ被害者の中には、自分の言動に原因があったのではないかと自責してしまうことがあります。しかし、セクハラは加害者の支配欲などの心理状態が原因です。そのため、被害から身を守るためには、セクハラを行う男性のことを理解しておく必要があります。


実は厄介な存在な「もう一品だけ」という自覚なき消費行動

実は厄介な存在な「もう一品だけ」という自覚なき消費行動

貯めよう貯めようと心がけても、普段の生活費で手一杯、貯金に回す分のお金が確保できないと悩んでいませんか?月々の収入を見れば十分貯金に回せるだけの金額はあるはずなのに、月末になると口座の残高が思ったよりも少ない。「こんなはずじゃなかった」と思った経験があるという人は、一度出費の内訳を見てみましょう。無意識のうちに少額の買い物をしているはずです。これらは消費という印象も薄く記憶にも残りにくい、厄介な消費だったりします。


はっきりNOと伝えましょう。会社での頼まれ事の上手な断り方とは?

はっきりNOと伝えましょう。会社での頼まれ事の上手な断り方とは?

仕事が溜まって忙しいのに、人から頼まれたらつい断れない人も多いのではないでしょうか。頼られるのは悪い気はしませんが、制限なく引き受けていたらこちらがパンクしてしまいます。普段から必要以上に頼まれごとを引き受けてしまう人ほど、自分のやるべきことを優先しましょう。今回は、頼み事の上手な断り方を紹介します。