本を勧める心理になるのは自分を表現したい思いの表れ?

本を勧める心理になるのは自分を表現したい思いの表れ?

本を勧める心理になるのは、相手に対してどのような思いがあるからなのでしょうか。大切な人だからこそ、自分の好きなものを勧めたくなるケースがありますよね。この場合は相手に好意を持っている可能性も。今回は本を勧める心理について、5つの思いを詳しくお伝えしていきましょう。


楽しんでほしい

好意を寄せる相手を楽しませたいという気持ちがあるので、自分が読んで「これは楽しい」「読んで本当によかった」と思える本を勧める心理になるのでしょう。

でも自分が楽しいと感じても、相手はそう思わない場合もありますよね。これについては、事前に好みや趣味が合うと思う人に対してだけ、本を勧めるようにした方が良いケースもあるのです。

好きなものを知らないのに勧めるようなことをすると、相手にとって迷惑になってしまうリスクもあるでしょう。「自分の好きなものを自分で選びたい」と考えている人もいるのです。この場合もよかれと思ってしたことが、お節介のようになってしまうケースもあるでしょう。

自分の好きなものを知ってほしい

自分は普段こういうものが好きだと、好きな人には知っておいてほしいという思いを持つこともあるのです。他の人には別に教える必要はないけれど、この人にだけは自分を理解してもらうためにと思い、本を勧める心理になる場合もあるでしょう。

「〇〇さんはセンスがよいですね」と褒めてほしい思いもあるのかもしれません。でも本の魅力をあまり語りすぎると、聞く側が疲れてしまうケースもあるのです。無理やり本を貸すタイプの人もいますよね。この時は仕方がなく借りたとしても、感想についてしつこく求めてくる人もいるでしょう。

「ありがとうございます。とても素敵な本でした」と伝えて返そうとしたら、「それだけ?」のように言われてしまう場面もあるのです。このような時には「本当は全然魅力を感じなかったのに…」と相手が思っていることも。自分の趣味を押し付けるようなことをすると、好きな人から避けられてしまうので気を付けるようにしたいですね。

話すきっかけになると思っている

好きな人ができて何かを話したいと思っていても、そのきっかけが見つからない場合もあるでしょう。でも自分が最近読んだ本の話をすることで、相手と話すよいきっかけになると思うケースも。

でも普段から本をよく読む人ならよいですが、そうではないタイプの人もいますよね。映画を観るのが好きなので、本はあまり読まない人にとっては本の話を退屈だと感じることも。

このため話してみて相手の反応が悪ければ、違う話題に変えることが必要になるのです。楽しんでいないように見えるのに、本の話を続けてしまうと「すみません。ちょっと用事があって」とその場を立ち去ってしまう人もいるでしょう。

知的で聡明だと思われたい

本の内容によっては、「この本を読むなんて知的で聡明な人なのね」と思われることもあるでしょう。このように思われたいのであえて難しい本を読み、それをアピールしてくる場合もあるのです。実際には内容について深く理解できていなくても、難しい本を読んだと伝えただけで褒められる可能性があるでしょう。

これを期待して、本を勧める心理になる時もあるのです。最近人気のある本を読み、それに対して話すとしたら「流行に敏感で素敵」と思われたい気持ちがあるのかもしれません。

好きな人に良い印象を与えようとして、無理をするケースもあるのです。好きな人からどのような形でもよいので尊敬されたい思いがあるのでしょう。このため本を勧める心理になり、相手から好かれようとしている場合もあるのです。

本の内容について語り合いたい

自分にとって素晴らしい本だと感じたのなら、その思いを共有してみたいと好きな人に対して思うこともあるでしょう。このため「とてもよい本を読んだんだ」「かなりお勧めだから読んでみて」のように伝えて、「あの本だけど、もう読んだ?」「どうだった?」などのように聞いてくる人もいるのです。

まだ読んでいないと伝えると、まだ語り合えないと感じて残念な気持ちになるのでしょう。でも読んだと聞くと、やっと語り合う時間が持てると思い嬉しくなるのです。ここで「私にはあまり面白くなかったです」とストレートに言える人はあまりいないですよね。

このため「勧めてくれてありがとうございます」と言うかもしれません。すると「今日、よかったら語り合おうよ」と誘ってくる人もいるでしょう。この時には、とりあえず「今日は用事があるのですみません」と言って、その場を去るようにする方法もあります。

まとめ

本を勧める心理になるのは、見栄を張りたい思いも関係しているのです。でも相手の幸せを願う気持ちから、本を勧めたくなることもあるでしょう。このためあまりクールな対応をしてしまうと、傷つけてしまうこともあるかもしれません。相手の性格や人柄を理解したうえで、実際に読んでみるかどうかを決めたり、答え方についても穏やかにするべきかを考えたりするのが必要なのです。

関連するキーワード


本を勧める 心理

関連する投稿


ミステリー好きな心理でわかる性格や人柄

ミステリー好きな心理でわかる性格や人柄

ミステリー好きな心理により、その人の性格や人柄が分かる場合があります。選ぶ本のジャンルにより、何を求めているのかに気付くこともあるでしょう。今回はミステリー好きな心理について深く見ていきますので、参考にしてみてください。


聞き返すと怒る心理になるのはせっかちだから?

聞き返すと怒る心理になるのはせっかちだから?

聞き返すと怒る心理になるのは、性格が関係している場合があります。短気な人だから怒りやすいというケースもありますよね。相手と仲良くやりとりをしていくためには、聞き返すと怒る心理について把握をしておきたいところ。今回はこの心理について、深く見ていきましょう。


相手に合わせる心理になりやすいのはどんなタイプ?

相手に合わせる心理になりやすいのはどんなタイプ?

相手に合わせる心理になりやすいのは、どのようなタイプの人が多いのでしょうか。自分の意見や考えがあっても、相手の希望を聞いてからはそちらを優先する人がいますよね。付き合いやすいと思われる場合も多いでしょう。でも本音はどうなのか、不安を感じさせるケースもあるのです。今回は相手に合わせる心理について、詳しくお伝えしていきますので参考にしてみてくださいね。


相手にしない心理になるのはこんな理由がある!

相手にしない心理になるのはこんな理由がある!

相手にしない心理になるのは、理由がある場合が多いです。相手としては親しくなろうとして、話しかけてくる時があるかもしれません。でもこれに対して反応をしたくないという思いを持つことも。今回は相手にしない心理について、詳しくお伝えしていきましょう。


メモを捨てない心理は几帳面だから?心理によりわかること

メモを捨てない心理は几帳面だから?心理によりわかること

メモを捨てない心理については、性格が関係している場合が多いです。自分でメモをして、それを捨てられない人もいますよね。もしくは人から受け取り、これに対して持っておこうとする場合もあるでしょう。今回はメモを捨てない心理について、詳しくお伝えしていきます。


最新の投稿


同棲したくないと男性から思われてしまう女性のタイプ

同棲したくないと男性から思われてしまう女性のタイプ

同棲したくないと男性が女性に対して思うのは、どのようなタイプの人は多いのでしょうか。魅力的な女性であれば、一緒に暮らしたいと思う男性もいるかもしれません。でも「この女性とは同棲は無理だ…」と思うこともあるのです。今回は同棲したくないと男性から思われる女性のタイプを5つお伝えしていきましょう。


ミステリー好きな心理でわかる性格や人柄

ミステリー好きな心理でわかる性格や人柄

ミステリー好きな心理により、その人の性格や人柄が分かる場合があります。選ぶ本のジャンルにより、何を求めているのかに気付くこともあるでしょう。今回はミステリー好きな心理について深く見ていきますので、参考にしてみてください。


パスタマシンの使い方ガイド・料理好きなら1台は持っておくべき!

パスタマシンの使い方ガイド・料理好きなら1台は持っておくべき!

パスタマシンの使い方はとても簡単で、自宅で美味しい手作りパスタが作れるため、近年とても人気があるキッチンツールのひとつです。生パスタはお店で買うと値段が高く、好みの麺の硬さがないということもあるでしょう。パスタ好きだけでなく、パスタマシンはあらゆる用途で活用できるため、料理が好きな人にとっては1台確保しておきたいアイテムになるはずです。


財布なくしたらみんなどうしている?慌てずにやるべきこと徹底ガイド

財布なくしたらみんなどうしている?慌てずにやるべきこと徹底ガイド

財布をなくしたら慌ててしまい、肝心な手続きを忘れてしまうことがあるかもしれません。現金以上に心配なクレジットカードや身分証明書など、財布の中には自分の大切な情報や高価なものがたくさん入っていますよね。遊びに行った際にお財布をどこかで落としてしまったということは頻繁にはありませんが、万が一の時のためにリスクを回避する対処方法をご解説します。


人との関わり方を見直すのは今!おうち時間が増えて見える本当に大切な人の選び方

人との関わり方を見直すのは今!おうち時間が増えて見える本当に大切な人の選び方

人との関わり方を改めて考えたことはありますか。なんとなくすれ違っていく周囲の人たち。人間関係のスタイルを考え直してみると、本当に大切な人の存在が浮かび上がってくるはずです。最近はSNSだけのつながりの知り合いも多く、昔のように電話や会って会話するコミュニケーションは減っていますよね。そしておうち時間が増え、周囲の人と距離を置く時期は、今まで見えなかったことがわかってくるでしょう。そこで今回は、人との関わり方を見直す方法についてご説明していきます。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!