負けても悔しくない心理には心の広さが関係している?

負けても悔しくない心理には心の広さが関係している?

負けても悔しくない心理が働くのは、どのような内容が影響を与えているのでしょうか。心が広いようにも見えますが、実際のところはより深い意味がある可能性も。今回は負けても悔しくない心理について、そこに潜んだものと対処法をお伝えしましょう。


勝ち負けにこだわりがない

負けても悔しくない心理になるのは、勝ち負けにこだわりを持っていないと考えられます。世の中にはプライドが高く、常に人より優位に立っていたいと思う人もいるもの。

しかしそうではなく、勝ち負けよりもずっと大切なことがあると感じている人もいるでしょう。戦いに敗れて落ち込んでいる間に、もっと自分にできることがあるはずだと考えているのかもしれません。

そう思うと、できるだけ早く立ち直り、また新たに自分を磨いていきたいとポジティブな気持ちになれるのです。負けても悔しくない心理が働くのは、些細な出来事では屈しない強さがあるため。

もともと我慢強く、強靭な精神力を持っている人ほど、仮に負けたとしても何とも思わないものなのです。しかし何よりプラス思考で、何ごとにも前向きに立ち向かっていける性格の人なら、負けても悔しくないと思いやすいのでしょう。こういう人にはなるべく同じような姿勢で接し、気を穏やかに持つようにしたいですね。

過程が楽しかった

結果よりも過程を重視する人は多いでしょう。もし負けてしまったとしても、それまで頑張ったことや本気で戦えたことをとてもよく思っているので、何も後悔していないのです。

逆に結果を大切に考える人であれば、これほど大らかな気持ちではいられないかもしれません。結果重視の人は、自分自身の実力を発揮していくことに積極的ではありますが、思い通りにいかないことにより塞ぎ込み、しばらく悩み続けてしまう可能性もあります。

過程という曖昧なものをできるだけ避けたいと考えていて、それよりも確かな「結果」をよく見てもらいたいのでしょう。こういう人であれば、負けた時には「悔しい」という思いを強く持ち、辛い心理状態でありながらも次につなげていこうと奮起します。負けても悔しくない心理になるのは、勝ち負けの結果よりも過程が楽しく、自分自身の心が満たされているためでもあるのです。

自分に責任はないと思っている

自分を責める気持ちがあると、行動や言葉遣いも否定的になり、周囲にもマイナス的なオーラを感じさせてしまうでしょう。例えば仕事上でのライバルが、自分より先に出世してしまった場合。自分の頑張りが認められていないように思い、相手を憎みたい気持ちになることもあるかもしれません。しかし人によっては、相手でなく自分を責め、「能力が足りなかった」と感じてしまうのです。

負けても悔しくない心理は、負けたことについても自分に責任はない、戦う相手が悪かっただけだと割り切っているため。ビジネスシーンでは、チームで勝ち負けを意識する例もたまにありますよね。一緒に学び、働く仲間として、自分もその一員になる場面があるでしょう。

こういう時にも、自分でなく仲間のうちの誰かのせいだと思うところがあるので、仮に負けたとしても悔しいとは感じないのです。

寛容である

負けても悔しくない心理は、寛容な性格だからこそ働くものでもあるでしょう。負けて嫌な気持ちになるというより、落ち着いて対処できるタイプなのです。

それは心が広いため。細かいことはあまり気にせず、「まあいいか」と納得できる性格なのでしょう。寛容な人になりたいと憧れる人はとても多いですよね。

寛容になることにより、自分自身にかかるストレスやプレッシャーも減り、日々がいくらか快適になりそうです。負けても悔しくない心理についても、本来ならとても幸せなこと。

一度の敗北をいつまでも引きずるより、比較的早く忘れて持ち直せるなら、今後困難にも立ち向かっていきやすいでしょう。このような人が身近にいる場合には、できれば見習うようにしてみてください。他人と自分を比較せず、素直でいられるのは、とてもよい毎日の象徴といえますね。

向上心がない

向上心があまりない人は、負けても悔しくない心理になりやすいのです。誰かに敗れた時、どのような心境になるかは人それぞれ。切り替えの早さなども個人差があるでしょう。

しかし落ち込み、悩んだ後には、「二度と負けないよう強くなろう」と意志を固める人が多いはずです。負けても悔しくない心理になるのは、この向上心が欠けてしまっていると考えられます。

向上心がないと前進するチャンスが少ない分、努力を惜しんでしまう場面が多くなるでしょう。また、ビジネスシーンでの勝負ごとにおいて、勝っても負けても気持ちは変わらないのです。

例えば職場の部下や後輩などが、負けても悔しくないと思うタイプであれば、こちらから教えてあげるべきこともあるかもしれません。やる気を取り戻してもらうために励ましたり、時には諭したりするのも重要になるでしょう。

まとめ

負けても悔しくない心理は、メリットもあればデメリットもあります。負けることで落ち込んでしまうビジネスパーソンが多い中、すぐに立ち直れる人というのはとても貴重な存在。その人から学ぶこともたくさんありますし、見習いたいと思う例もあるでしょう。しかし負けるという経験、そして悔しい気持ちが与えてくれる様々な活力がきっとあるので、これを信じて新たなチャレンジをしていきたいですね。

WORKPORT
Partner Agent
thejapantimesJobs
U29JOB



関連するキーワード


負けても悔しくない 心理

関連する投稿


他に誰か誘うかを聞く心理の本音について分析!

他に誰か誘うかを聞く心理の本音について分析!

他に誰か誘うかを聞く心理は、一見脈なしのように感じて戸惑う人もいるでしょう。しかし本当のところはもっと深い意味があり、今後恋愛関係に進展する可能性も大いに秘めているのです。今回は他に誰か誘うかを聞く心理について、隠れた本音や人柄などを知ってみましょう。


可愛いと感じる心理には愛情が含まれていないこともある?

可愛いと感じる心理には愛情が含まれていないこともある?

可愛いと感じる心理には、愛情が含まれているイメージがありますよね。でも実際にはそうではないケースもあるのです。「可愛い」と言われると、褒められているように感じることも。でもこれについても本心ではない可能性もあるでしょう。今回は可愛いと感じる心理について、深く見ていきますので参考にしてみてください。


あなたという呼び方をする心理には親しみが込められている場合も?

あなたという呼び方をする心理には親しみが込められている場合も?

あなたという呼び方をする心理については、相手への親しみが込められているとイメージする人も多いでしょう。でも実際にはどのような気持ちから、相手をあなたと呼ぶのか気になる場面も。今回はあなたという呼び方をする心理について、詳しくお伝えしていきますので参考にしてみてください。


寡黙な人の心理を理解して接し方を知ろう!

寡黙な人の心理を理解して接し方を知ろう!

寡黙な人の心理を理解することで、接し方がわかるようになる場合もあります。多くを語らない人については、何を考えているのか分からない…と悩む場面もあるかもしれません。でも相手の思いが分かると、親しくなる方法を見つけることもできるのです。今回は寡黙な人の心理について、詳しく見ていきましょう。


過大評価する心理は相手を成長させたい思いから?

過大評価する心理は相手を成長させたい思いから?

過大評価する心理になる思いについては、どのような気持ちが関係しているのでしょうか。違和感を覚えるような評価のされ方により、対応に悩んでしまう時もありますよね。今回は過大評価する心理について、詳しくお伝えしていきましょう。


最新の投稿


どうでもいい話をする男性に対しての女性の本音

どうでもいい話をする男性に対しての女性の本音

どうでもいい話をする男性に対して、女性はどう思っているのでしょうか。表面上は笑顔だとしても、本音について気になるところですよね。もしサインを出しているとしたら、男性は気が付くことが必要になるでしょう。今回はどうでもいい話をする男性に対しての女性の本音について、詳しくお伝えしていきます。


メルカリ創業者の山田氏 財団を設立して理系女性向けの奨学金プログラムを実施へ

メルカリ創業者の山田氏 財団を設立して理系女性向けの奨学金プログラムを実施へ

メルカリ創業者の山田進太郎氏が、ダイバーシティ&インクルージョン(以下、D&I)の推進を目的とした財団、山田進太郎D&I財団を設立したと発表しました。


他に誰か誘うかを聞く心理の本音について分析!

他に誰か誘うかを聞く心理の本音について分析!

他に誰か誘うかを聞く心理は、一見脈なしのように感じて戸惑う人もいるでしょう。しかし本当のところはもっと深い意味があり、今後恋愛関係に進展する可能性も大いに秘めているのです。今回は他に誰か誘うかを聞く心理について、隠れた本音や人柄などを知ってみましょう。


外食DXを推進するイデア・レコード 総額5億円の資金調達を実施

外食DXを推進するイデア・レコード 総額5億円の資金調達を実施

外食DX推進企業の株式会社イデア・レコードは、総額5億円の資金調達を実施。これにより累計調達額は約8億円となったことを発表した。


女子力が高い女性が日頃からやっていること

女子力が高い女性が日頃からやっていること

女子力の高い女性になりたい!でもどんなことに気を付ければ良いのか分からないという人女性は沢山います。ここでは女子力が高い女性が普段から女子力を磨くためにやっていることをご紹介します。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!