【書評】人間関係を円滑にする方法を知る『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

【書評】人間関係を円滑にする方法を知る『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

悩みだらけで、今にも潰れそうな人がいます。気分転換をするも、悩みは消えません。一体どうしたらいいのでしょうか?実のところ、あることを「しない」だけで、悩みは消えてしまうのです。そこで今日は、ブッダの教えから「悩みを消す方法」を探ります。


著者・あらすじ

草薙龍瞬

僧侶、興道の里代表。1969年、奈良県生まれ。中学中退後、16歳で家出・上京。放浪ののち、大検(高認)を経て東大法学部卒業。政策シンクタンクなどで働きながら「生き方」を探究しつづけ、インド仏教指導僧・佐々井秀嶺師のもとで得度出家。ミャンマー国立仏教大学、タイの僧院に留学。現在、インドで仏教徒とともに社会改善NGOと幼稚園を運営するほか、日本では宗派に属さず、実用的な仏教の「本質」を、仕事や人間関係、生き方全般にわたって伝える活動をしている。

あらすじ

人気僧侶が「人間関係」を円滑にする術を伝授します。「なぜ反応してはいけないのか?」「反応しないためには?」「判断することの弊害」など、心を軽くする言葉が網羅されています。

1. 「反応しないこと」が解決策

著者は「すべての悩み」を根本的に解決する方法をあげています。それが本書のタイトルでもある「反応しないこと」です。なぜなら、ムダな反応しなければ心が軽くなるからです。例えば、朝の通勤ラッシュで「混んでいるな」と憂鬱になる。会社では上司の言動でイラっとしてしまう。先行きの不安からネガティブな気持ちが出てくる。

これらはイライラや落ち込み、不安による、心の反応により「悩み」となったのです。したがって、悩みになる前に「反応しないこと」がポイントとなるのです。ここで注意したいことは、「反応しない=無理して我慢する」ではないことです。実のところ「反応しない」というと、無視したり、無関心でいたりと無理をして我慢することではありません。その感情が出てくる前に、最初から反応しないことが重要です。では、どうしたら反応しなくなるのか?

それは「練習すること」です。「反応しない練習」をすれば文字通り、反応しなくなるのです。その方法論を説くが、サブタイトルにある「ブッダ」です。ブッダとは古代インドの賢者のことで、意味は「目覚めた人」です。ブッダは「心のムダな反応を止めることで、いっさいの悩み・苦しみから抜けることができる」と説きます。本書では、ブッダの教えから「反応しない」ための考え方が網羅されているのです。

2. 「そういうものだ」と受け入れる

では、最初から悩みを持っていたり、悩みが出てきてしまったりした場合、どうすればいいのでしょうか?それが「理解すること」です。一般的に悩みが出てきてしまったら、「なくそう」と懸命になります。しかし、「なくそう」とすればするほど、その悩みに囚われてしまうのです。ブッダの教えは「①悩みがある」→「②悩みには理由がある」→「③悩みには解決策がある」と順番に理解することです。

まずは「悩みはある」ということを理解します。ブッダは「道を生きる者よ、生きることは苦しみなのだ。」と述べており、生きている以上、悩みは尽きないと「理解すること」です。そして、その悩みには、何らかの「理由」があります。そもそもすべての悩みは「心の反応」から始まっています。例えば、「最近、周りの人にイラ立つことが増えてきた」という反応をしたら、その原因は、「求める心」にあります。

「求める心」とは、生存欲や睡眠欲、食欲、承認欲などの欲求のことを指します。これら求める欲に突き動かされ、周りの人にイラ立ってしまうのです。ではどうしたらいいのか?それは、「心とはそういうものだ」と理解し、それを真に受けず、反応しないことです。「心は求め続けるもの」と理解しておけば、反応せずに済むのです。

3. ムダな判断は「妄想」

著者は人が悩んでしまう理由の一つとして「ムダに判断すること」をあげます。「ムダに判断する」とは、「いい・悪い」「好き・嫌い」を評価することです。例えば、「Aさんは正しいが、Bさんは間違い」と評価したり、「Aは好きだけど、Bは嫌いと決めつけたりすることです。または「自分は絶対に正しい」「どうせ失敗するに決まっている」と思い込んだりすることも、「判断する」に含まれます。

この判断は、「わかったふり」で、その時は気持ちいいのですが、時として「猛毒」になることがあります。それは「判断」したがために起こる、「執着」です。例えば「自分には実力がないから、このプロジェクトはお断りする」と判断した場合。あとになって「やっぱり挑戦しておけばよかった」という思いが生まれます。するとその思いは、やがて「執着」となり、猛毒のようにその人を苦しめ続けるのです。

では、どうしたら決めつけや思い込み、一方的な期待・要求といった判断を手放すことができるのか?それが「判断は妄想だと理解すること」です。そもそも「判断していること」というのは、わたしたちの頭の中にしか存在しない妄想です。妄想は所詮、妄想なので、判断は妄想に過ぎないと理解することで、ムダな判断をしなくなるのです。

まとめ

『反応しない練習』をご紹介しました。悩みは「反応しないこと」で消えていくことがわかりました。しかし、私たちは感情を持つ人間である以上、100%反応しないことはできないでしょう。そこには、やはり「練習」が必要です。「反応する」「悩みはある」と理解しながら反応しない練習をすることで、悩みは消えていくのです。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連するキーワード


書評 反応しない 人間関係

関連する投稿


【書評】コミュ力アップの方法を知る『会話は共感力が9割 気持ちが楽になるコミュニケーションの教科書』

【書評】コミュ力アップの方法を知る『会話は共感力が9割 気持ちが楽になるコミュニケーションの教科書』

「会話が続かない」「気持ちが伝わらない」コミュニケーションがうまくいかず、悩んでいる人がいます。一体どうしたら、会話上手になることができるのでしょうか?そのヒントとなるが「共感力」です。そこで今日は、会話を成功させる肝となる「共感力」について学びを深めましょう。


【書評】税の知識が手に入る『桃太郎のきびだんごは経費で落ちるのか? 日本の昔話で身につく税の基本』

【書評】税の知識が手に入る『桃太郎のきびだんごは経費で落ちるのか? 日本の昔話で身につく税の基本』

「税金」の話を聞くと、途端に敬遠してしまう人がいます。人はお金のこととなると、どうしても弱い部分が出てきてしまうものです。しかし実を言えば、「知ること」で、その気持ちを克服できてしまうのです。そこで今日は、童話から「税金の話」を楽しく勉強しましょう。


【書評】マネーリテラシーを身につけよ!『日本一カンタンな「投資」と「お金」の本』

【書評】マネーリテラシーを身につけよ!『日本一カンタンな「投資」と「お金」の本』

コロナの影響によって、本業以外でも収入を得ようとしている人が増えています。とりわけ「投資」に関心が集まっており、書籍やネットで多く散見されます。そこで今回は、一番シンプルな投資法についてまとめられた一冊をご紹介します。本書を読むことで、「気づいたときには1億円」も夢ではなくなるかもしれません。


【書評】お金の教養を身につける『本当の自由を手に入れる お金の大学』

【書評】お金の教養を身につける『本当の自由を手に入れる お金の大学』

「お金が欲しい」と願っても、お金が手に入るわけではありません。そうかと言って、寝ずに仕事をしてお金を稼いでも、健康を害するだけでしょう。ではどうしたらいいのか?その答えは「お金の性質を知って、行動すること」です。今回は、マネーリテラシーが身につく1冊をご紹介します。


【書評】組織を「まとめる力」が手に入る『誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命』

【書評】組織を「まとめる力」が手に入る『誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命』

「リーダーシップが発揮できない」と悩む人は多いです。実のところリーダーシップは、やり方を知って努力すれば、誰もが身につけられるものだったのです。そこで今日は、どんな人でもリーダーシップが身につくスキルがまとめられた一冊をご紹介します。


最新の投稿


優しすぎる男性がモテるための方法とは

優しすぎる男性がモテるための方法とは

優しすぎる男性はモテにくいというイメージがありますよね。でも優しい性格は長所だと考えると、できれば好きな人からは好かれたいという男性心理もあるでしょう。今回は優しすぎる男性がモテるためにはどうしたらよいのかについて、5つのことをお伝えしていきましょう。


役に立ちたい心理が芽生えるのはこんな時!

役に立ちたい心理が芽生えるのはこんな時!

役に立ちたい心理が芽生えるのは、自分でも無意識のうちで不思議な気持ちになることもあるのです。でもどのような時に、相手の役に立ちたいと思うものなのかについては、知っておきたいところですよね。今回は役に立ちたい心理と、この心理になる時について一緒に見ていきましょう。


Twitter 少額送金をサポートする新機能「Tip Jar」を発表

Twitter 少額送金をサポートする新機能「Tip Jar」を発表

Twitterは、アプリ上での少額送金をサポートする新機能「Tip Jar」を発表しました。


家具のニトリが外食産業に参入

家具のニトリが外食産業に参入

家具などを展開しているニトリホールディングスは、外食産業に参入を発表。新店舗「ニトリダイニングみんなのグリル」をオープンした。


一人暮らしの女性が困ること3つと対策

一人暮らしの女性が困ること3つと対策

憧れの一人暮らし。だけど実際にやってみると色んな問題に気付いて困ってしまったという女性は多いです。そこで今回は、一人暮らしをする女性が困ること3つとその対策をご紹介します。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!