【書評】「デキる人」から仕事術を学ぶ『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』

【書評】「デキる人」から仕事術を学ぶ『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』

「仕事で成果を残したい」と願うビジネスパーソンがいます。しかし、一朝一夕に成果が出せるほど、ビジネスの世界は甘くはありません。一体、どうすればいいのでしょうか?それは、成果を出している人に聞くのが一番でしょう。今日は会社で成果を出す、トップビジネスパーソンの習慣についてまとめた本をご紹介します。


著者・あらすじ

越川慎司

株式会社クロスリバー代表。株式会社キャスターCaster Anywhere事業責任者。元マイクロソフト業務執行役員。国内および外資系通信会社に勤務し、ITベンチャーの起業を経て、2005年に米マイクロソフト本社に入社。2017年にクロスリバーを設立。場所と時間にとらわれず利益を上げていく「稼ぎ方改革」の実行を支援。定額制オンライントレーニング「Smart Boarding」にて特別講座を提供中。講演や講座、メディア出演多数。

あらすじ

元マイクロソフト役員が、仕事で成果を出す人の特徴をまとめます。「トップ5%社員のマインド」「トップ5%社員の行動」「トップ5%社員の口グセ」など、成果を出すための知恵が網羅されています。

1. トップ5%社員は「結果ファースト」

著者はこれまで605社に対して、働き方改革の支援を行ってきました。その結果、人事評価「上位5%」の社員は、どんな行動をし、どんな働き方をしているのかが明らかとなったのです。そこからトップ5%社員の5つの原則を導き出しました。そのうちの1つとして、『「5%社員」の98%が「目的」のことだけを考える』があります。これは、「5%社員」は、過程よりも結果を重視していることです。

例えば、重要なプロジェクトに関わっていて、万全な状態で進めていたにも関わらず、最終的にそのプロジェクトが失敗に終わったときの反応。一般社員の7割は、「失敗してしまったけど、頑張ったし、みんなと協力できたからよかった」と考えます。しかし、「5%社員」は「確かにみんなで頑張ったし、やれることはやったつもりだったけれど、失敗したということは、どこかに原因があったのだ」と考えます。

彼らの口から出る言葉は、「結果」「目標」「達成する」「成し遂げる」「認められる」といった「目的」にフォーカスしている言葉でした。このように、両者の違いは歴然で、「5%社員」は、失敗を失敗で終わらせるのではなく、失敗の発生原因を突き止め、「次へどうつなげるか」を考えていたのです。

2. トップ5%社員は「再現性」を求める

トップ5%社員は、一体どうやって結果を出しているのでしょうか?それが「再現性」です。トップ5%社員は、成果を出すルールを見つけ出すために、日々、行動実験を行っています。つまり「再現性のあるルール」によって、結果を出していたのです。「再現性」とは、特定のことができるようになる状態のことで、成功体験や失敗体験から本質的な価値を生み出すためのものです。

では、再現性のあるルールをつくり出すには、何をすればいいのでしょうか?それが「手順化し、習慣化すること」です。例えば、何かのプロジェクトで成功した場合、「どうやって成果につなげたのか」といった手順をまとめていきます。手順をまとめた後は、それを習慣化できるように何度も繰り返します。手順化し、習慣化するメリットは、時短にもつながることが明らかです。

ここで注意したいのは、「この手順は絶対だ」と思わないことです。なぜなら、ビジネスは常に変化しているからです。5%社員は、日々再現性のあるルールを模索していますが、「これが絶対」とは思いません再現性を求めながら、現状に満足せず、さらなる成長を目指しています。以上を踏まえ、トップ5%社員は、日々の行動の中で、成功するための再現性を大切にしながら、日々進化していたのです。

3. トップ5%社員の口グセは「いいね」

トップ5%社員は、その他大勢社員と比べると、マインドに差があることがわかりました。しかし違いは、これだけではありません。トップ5%社員は、「口グセ」も違っていたのです。その口グセとは、「いいね」「そうだね」「さすがだね」といった、相手を承認する口グセです。

著者は、ある精密機器メーカーで「承認とパフォーマンスの相関関係」について行動実験をしました。12名を対象に、廊下ですれ違うときやチャットで会話するときなど、「この前のサポートありがとう」「あのときの資料、助かったよ、ありがとう」といった言葉を投げかけます。

すると、実験前と比べて、「メールの返信が早くなったこと」「資料作成時間が9%短くなったこと」「関わる人の人数が20%増えたこと」「出勤時間が18分早くなったこと」など、仕事や人間関係においてプラスに働いたのです。つまり、「いいね」といった相手を承認する言葉を使ったことで、相手のモチベーションが上がったのです。

さらにトップ5%社員は、この承認を間接的に行うことで、効果を倍増させていました。例えば、直接相手を承認するのではなく、「○○さんて、こんなにいいところがあるんだよ」「○○さんに仕事を手伝ってもらったから、すごく助かったんだよ」「○○さんが、あなたことを褒めていたよ」といったように、間接的に承認するのです。この間接承認は本人に伝わるまでに時間がかかりますが、効果は倍でジワジワ効いてくるのです。このようにトップ5%社員は、相手を承認する口グセを使うことで、周りからの信頼を獲得していたのです。

まとめ

『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』をご紹介しました。著者は最後に、「意識が変わることを待っていたら5年も10年もかかりますから、ほんの少しだけ行動を変えてみてください。」と述べています。わたしたちは、なかなか「行動できない生き物」です。せっかくいい情報や貴重な体験をしても、それで満足してしまい、行動に移せないのです。しかしどんなにすばらしいことでも、あくまで情報に過ぎません。その情報をいかに自分の糧にするかが、真の目的だったのです。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連するキーワード


書評 ビジネス 習慣

関連する投稿


【書評】グローバル時代の知識を手に入れる『どこへ行っても恥をかかない 世界の「常識」図鑑』

【書評】グローバル時代の知識を手に入れる『どこへ行っても恥をかかない 世界の「常識」図鑑』

グローバル化もあって、ビジネスシーンでは外国人と触れ合う機会が増えています。しかし、文化の違いもあって、すれ違いを感じることが多々あります。それを解決するには、相手の文化を知ること以外にないでしょう。そこで今日は、世界の常識をまとめた本をご紹介します。


【書評】快眠を手に入れる『鼻専門医が教える 「熟睡」を手にする最高の方法』

【書評】快眠を手に入れる『鼻専門医が教える 「熟睡」を手にする最高の方法』

「たくさん寝たのに疲れが取れない」という人が増えています。巷では睡眠の質を上げるための方法が取りざたされていますが、実はその疲れが取れない原因は、「鼻」にあるかもしれません。そこで今日は、鼻専門医が睡眠について考察した本をご紹介します。


【書評】『いまはそれアウトです! 社会人のための身近なコンプライアンス入門』

【書評】『いまはそれアウトです! 社会人のための身近なコンプライアンス入門』

みなさんは法律を守って生きていますか?おそらくほとんどの方が、「もちろん」と答えるでしょう。しかし過去には許されていたことも、現代では「アウトなこと」がたくさんあるのです。そこで今日は身の回りにある、「アウト」になってしまう法律の話をします。


【書評】独学の達人になる『独学大全 絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』

【書評】独学の達人になる『独学大全 絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』

「勉強が苦手」という人がいます。根性で乗り切ろうとしても、やはり続かない。一体どうすればいいのでしょうか?答えはひとつ、「学び方を学ぶ」ことです。そこで今日は、何を、どう学べばいいか迷った人にピッタリな一冊をご紹介します。


【書評】経済学者の思考を知る『絶望を希望に変える経済学 社会の重大問題をどう解決するか』

【書評】経済学者の思考を知る『絶望を希望に変える経済学 社会の重大問題をどう解決するか』

コロナの影響によって、経済に大きなダメージを与えています。このような時代において一体、何を信じればいいのでしょうか?答えは「知ること」です。そこで今日は、経済を知って、どんな時代でも生き残るための知恵を学びます。


最新の投稿


ピンチに強い男性が女性からモテるのはなぜ?

ピンチに強い男性が女性からモテるのはなぜ?

ピンチに強い男性は、女性からモテる傾向にありますよね。実際にそういう男性に出会い、魅力を感じる場面は多いでしょう。もし彼氏がいるのなら「もっとピンチに強くなってほしい」と思うかもしれません。今回はピンチに強い男性がモテる理由について、5つのものをお伝えしていきましょう。


CyberZ コインチェックとNFT事業において協業

CyberZ コインチェックとNFT事業において協業

株式会社CyberZとコインチェック株式会社は、エンターテインメント領域におけるNFT事業の協業を開始すると発表した。


幸せになるのが怖い心理になりやすい人の5つの特徴

幸せになるのが怖い心理になりやすい人の5つの特徴

幸せになるのが怖い心理になりやすいのは、どのような人が多いのでしょうか。いくつかの共通する特徴があるのです。幸せになるのは嬉しいことだと思う人が多い中で、幸せになるのを怖いと感じる心理には複雑なイメージがありますよね。今回はこの心理になりやすい人の特徴について、深く見ていきましょう。


口喧嘩に強い相手を黙らせられる人の特徴

口喧嘩に強い相手を黙らせられる人の特徴

口喧嘩をするといつも言い負かされてしまう。結局自分の意見を押し殺して後で後悔する。こんな風に口喧嘩に弱い人は結構多いはずです。口喧嘩に強い人はどうやって相手を黙らせられるのでしょうか。ここでは、口喧嘩に強い人の特徴をご紹介します。


Apple  Beatsブランドの無線イヤホン発売

Apple Beatsブランドの無線イヤホン発売

Appleは、アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載したBeatsブランドのBluetoothイヤホン「BEATS STUDIO BUDS」を発売すると発表した。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!