ソーシャルアパートメントとは?新時代の豊かな暮らし方の魅力

ソーシャルアパートメントとは?新時代の豊かな暮らし方の魅力

ソーシャルアパートメントとはどのような場所なのか、詳しくご存知ですか。世界が広がる新しい居住スタイルとして、若い年齢層の人を中心に人気が広がるソーシャルアパートメント。どのようなメリットや魅力があるのか、詳しくご紹介しましょう。


ソーシャルアパートメントとは何か?

ソーシャルアパートメントとは、株式会社グローバルエージェンツ社の商標で、各個室がそれぞれのプライバシー空間になり、リビングやキッチン、ロビーなどを住民がシェアするスタイルです。

車や家具など、あらゆるものがシェアリングされる今の時代、居住スペースをシェアすることも定番になりつつあります。他の住人とのシェアを楽しみながらも、自分のプライベートやセキュリティを確保できることが、ソーシャルアパートメントの特徴。新時代のライフスタイルとして、性別や国籍が違う人、職業が異なる人との交流が楽しめます。

シェアハウスとの違いについて

ソーシャルアパートメントと似ているシェアハウス。どちらもシェアすることが共通していますが、シェアハウスは一軒の建物を共通するもので、賃料を節約することが最大の目的です。

キッチンや浴室、トイレなどは共同で、自分の寝室などのプライベート空間を確保するのがシェアハウス。ソーシャルアパートメントともコンセプトは似ていますが、住人同士が交流するためのラウンジやビリヤード場などが設置され、快適なコミュニケーションがとれるようスペースがあることが違いです。

一般的な賃貸物件と比較するとシェアハウスは安くなり、ソーシャルアパートメントは賃料が高くなる傾向にあります。豪華なラウンジが設置されている場所もあるので、ホテルのようなラグジュアリー感を体験できることもあるでしょう。

ソーシャルアパートメントのメリット

ソーシャルアパートメントとは暮らしを共有するスタイルで、メリットは自分のペースで他の住人と交流できる点が挙げられます。

シェアハウスやルームメイトと暮らす生活は、共有スペースを避けて通れないこともありますので、その点ソーシャルアパートメントは一人になりたい時も安心。

女性の一人暮らしでも、ソーシャルアパートメントが注目されるようになったのは、いつも誰かがいるという安全面のためかもしれません。

帰りが遅くなっても、共有スペースに人がいるとホッとできることもありますよね。またメリットとしては、独自のコンセプトを重視した物件も多く、ヘルスケアやスキルアップ、趣味などの目的に合わせたスタイルを選ぶことも付加価値になるでしょう。

住人の半数が外国人というソーシャルアパートメントも都内にはあるようなので、日本にいながら海外で暮らすような特別な空間が体験できます。

ソーシャルアパートメントのデメリット

ソーシャルアパートメントを選ぶ理由はさまざまですが、共有スペースのラウンジで知らない人と交流することは、暮らしの刺激にもなってよいですよね。

しかしデメリットとして、ラウンジにくるのは入居者の半分程度という説もあるように、必ず期待通りの交流があるとは限りません。また内覧する場合は一人一物件となり、満室のところも多く、比較するのが困難な場合も。

ソーシャルアパートメントとは一部共有スペースがありますので、私物をラウンジに置いたままにすると、一斉清掃の際に撤去されてしまうリスクもあります。

物件によっては撤去されたものを回収するのに、数千円の費用がかかる場合もあるようです。ソーシャルアパートメントは、基本的に単身用の居室になっているので、二人で入居する場合は家族や夫婦、カップルに限定されるケースも。またゲストが宿泊する場合は、2泊以上すると料金が徴収されることもあるので、事前に確認することが必要ですね。

こんな人にオススメ!

ソーシャルアパートメントは、物件ごとに特徴があります。入居者の職業はさまざま。郊外の住居はフリーランスや在宅勤務者も多く、都市部になると外国人の割合も高めです。

一般的な賃貸物件とは違い、ソーシャルアパートメントは他者との交流を目的にしているので、基本的に人とつながりたいタイプにオススメ。

オープンな性格で、積極的に人に話しかけるタイプ、また逆に内向的なので友人を増やしたいと考える人も少なくありません。イベントは運営会社が年に数回開催していますが、入居者が独自に仲間とパーティーなどを行う場合もありますので、積極的に行動できない人でも周囲と仲良くなれるチャンスがあります。

入居までの流れについて

入居するにはまず問い合わせをして、物件の内覧予約をとります。入居審査が通過したら敷金や保証金、礼金などの初期費用の支払い。

契約が完了したら、鍵の受け渡しで入居となります。水道光熱費は固定になっていますが、居室にバスやトイレがある場合は実費となるでしょう。都内の物件なら8万~12万円。デザイナーズマンションの賃料を少し安くした程度の金額を想定しておくとよいかもしれません。

まとめ

ソーシャルアパートメントとは、物質的に人のつながりが減っている今の時代だからこそ、とても価値や魅力があるのかもしれません。全ての人がこのようなスタイルに合うとは限りませんが、新しい時代の生活パターンは選択肢に入れてもよいといえるでしょう。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



最新の投稿


猫のイラストの描き方は意外と簡単?!知っていて損しない隠れ技!

猫のイラストの描き方は意外と簡単?!知っていて損しない隠れ技!

猫のイラストの描き方は、思っていた以上に難しいですよね。動物のイラストが上手にさっと描けると、手紙やカードも楽しく演出できます。丸くてふんわりした質感のある猫。実際に描く場合は、いくつかおさえたいポイントがあります。そこで今回は、猫好き以外でも楽しめる、猫のイラストの描き方について詳しくご解説していきましょう。


【書評】人間関係を円滑にする方法を知る『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

【書評】人間関係を円滑にする方法を知る『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

悩みだらけで、今にも潰れそうな人がいます。気分転換をするも、悩みは消えません。一体どうしたらいいのでしょうか?実のところ、あることを「しない」だけで、悩みは消えてしまうのです。そこで今日は、ブッダの教えから「悩みを消す方法」を探ります。


緊張をほぐすために男性から女性にしてほしいこと

緊張をほぐすために男性から女性にしてほしいこと

緊張をほぐすために男性から女性にする行動で、女性が少しでも穏やかになれる可能性があるのです。女性が緊張しているように見えた時には、男性としては少しでも気持ちを楽にしてあげたいと思うものですよね。今回は女性の緊張をほぐすために、男性にしてほしい5つのことについてお伝えしていきましょう。


特別でありたい心理でわかる相手の感情

特別でありたい心理でわかる相手の感情

特別でありたい心理は、相手への愛情がきっかけとなって働く場合が多いのでしょうか。好きな異性にとって、自分だけが特別な存在でありたいと思うことはよくありますよね。今回はそういう時の心理について、考えられる理由をお伝えします。


体験型ストアの「b8ta(ベータ)」 J-Startupにサポーター企業として参画

体験型ストアの「b8ta(ベータ)」 J-Startupにサポーター企業として参画

b8ta Japanは、経済産業省が推進する官民による国内スタートアップ育成支援プログラム「J-Startup」に、サポーター企業として参画すると発表しました。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!