【書評】文章下手を克服する『文章の問題地図 「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方』

【書評】文章下手を克服する『文章の問題地図 「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方』

SNSなど、「書く」機会が増えた現代。「文章が書けない」と悩む人も増えています。そもそも書けない理由もわからない人が、文章術を身につけるには、何が必要なのでしょうか?その答えは「問題を俯瞰すること」にあります。そこで今日は、文章で抱える悩みを解消する一冊をご紹介します。


著者・あらすじ

上阪徹

1966年、兵庫県生まれ。早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年にフリーランスとして独立。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに雑誌や書籍、webメディアなどで幅広く執筆やインタビューを手がける。

あらすじ

「書くこと」の専門家が、「文章が書けない問題提起」とその「解決法」をまとめます。「文章が書けない理由」「出戻りしてしまう理由」「スラスラ書くには?」など、文章下手を克服するためのノウハウが学べます。

1. 文章のプロが発見したこと

著者は文章を書く仕事を25年間も行ってきました。そこで発見したことが2つあります。一つが「立派な文章を目指す必要はない」です。私たちは文章を書く時、どうしても「名文」を意識してしまいます。しかし、これが「書けなくなる」一番の原因だったのです。とりわけビジネスシーンにおいて、高尚で文法的にも正しい名分は必要ないのです。

もう一つの発見が、『「素材」に目を向ければ、すぐに書けてしまう』です。文章を書く時、多くの人が陥ってしまうのが「どう書くか」ということです。この「どう書くか」が、文章が書けなくなる原因だったのです。著者は「どう書くか」より「何を書くか」が重要と述べており、この「何を」といった素材を意識することがポイントです。

素材とは、いわば「中身」のことで、例えば、「うちの商品は素晴らしいです」といったコピーがあったとします。しかしこれだけでは、その商品の良さを伝えることはできません。したがって、「世界で30万個売れました」「ランキングで1位を獲得しました」「注文数が年々上昇しています」といった「素材」に目を向けることで、スラスラと書くことができるのです。以上を踏まえ、名分を意識するのではなく、素材を意識することが、文章を書くコツだったのです。

2. 時間がかかってしまう人へ

文章下手な人は、とにかく「書くことに時間がかかってしまう」といいます。著者はその原因を2つ提起します。一つが「書きながら考える」です。書くことに時間がかかってしまう人の特徴として、「いきなり書き始めること」があげられます。なんの準備もしないまま、いきなりパソコンに入力しようとするので、途中で書きたいことを忘れたり、何を書こうか迷ったりしてしまいます。結果、時間ばかりが過ぎてゆくのです。

もう一つの原因が「最初から完璧を目指す」ことです。書いているうちに細かいところが気になり、修正しているうちに時間ばかりが過ぎていきます。さらに「丁寧に書こう」とすると、「この敬語でいいのか?」「お客様に見せるものだから」と、完璧を目指すあまり、時間がかかってしまいます。では、どうすればこの2つの状態に陥らずに済むのでしょうか?まずやるべきことが「素材を整理すること」です。

先にも述べましたが、文章を書きやすくするのが「素材」です。素材は「事実」「数字」「エピソード」の3つに分けられ、それらを集めることを優先します。そして、後で推敲するつもりで「荒々しく」書いていきます。文字数や言葉の使い方などは気にせず、ひたすら書くことで、文章の土台ができあがるのです。文章が書けない原因を踏まえつつ、素材に目を向け、とりあえず書くことが、スラスラ書けるコツだったのです。

3. 「書類直しておいて」が多い人へ

渾身の書類や企画書をつくりあげたのに、上司から「書類直しておいて」と何度も出戻りになる人がいます。こんな時、どうすればいいのでしょうか?原因として考えられるのが、発注者のイメージとの「ズレ」「凡ミス」です。発注者が求めているものと、仕上がった文章の間にギャップがあると、出戻りの原因になります。これは仕事の目的やゴールが、あやふやなまま進めてしまった結果です。また「凡ミス」によって、相手に悪い印象を与え、出戻るケースが多々あります。

「ミスはある」ということを前提として、推敲することが重要になってきます。著者は出戻りを防ぐためのコツとして、『「真の目的」と「読み手」をしっかり確認する』をあげます。「真の目的」とは、書く前からわかっている表面上の目的ではなく、さらに掘り下げた「真の目的」のことを指します。「真の目的」とは、読み手や発注者の「ベネフィットが見える目的」のことです。

例えば「会議の議事録」。議事録の表面上の目的は「議事録を作成すること」ですが、「真の目的」は、「部内で共有するので、会議のポイントだけをまとめたものがほしい」といったものです。このように、表面上の目的のさらに奥にある「真の目的」に目を向けることが重要になってくるのです。以上を踏まえ出戻りを防ぐには、その文章を通じて、読み手や発注者が「どう思うか」を見据えながら、文章を書くことが必要不可欠でした。

まとめ

『文章の問題地図』をご紹介しました。わたしたちは文章を書くとき、「よく見られたい」と思ってしまいます。その理由は、文章は「残ってしまうもの」だからです。これにより、「文章が書けない」といった状態に陥ります。まずは、他人の目を気にせず、思ったことから書き出すことで、文章アレルギーを克服することができるのです。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連するキーワード


書評 文章術

関連する投稿


【書評】人間関係を円滑にする方法を知る『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

【書評】人間関係を円滑にする方法を知る『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

悩みだらけで、今にも潰れそうな人がいます。気分転換をするも、悩みは消えません。一体どうしたらいいのでしょうか?実のところ、あることを「しない」だけで、悩みは消えてしまうのです。そこで今日は、ブッダの教えから「悩みを消す方法」を探ります。


【書評】ウソのメカニズムを知る『あなたはこうしてウソをつく』

【書評】ウソのメカニズムを知る『あなたはこうしてウソをつく』

どんな人でも、ウソをついたことがあると思います。「ウソつきは泥棒の始まり」と言いますが、もし本当にそうだとしたら、人間はみんな「泥棒」ということになります。本当にウソはいけないものなのでしょうか?そこで今日は「ウソ」についてまとめた一冊をご紹介します。


【書評】著名人から仕事のコツを学ぶ『1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書』

【書評】著名人から仕事のコツを学ぶ『1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書』

仕事や人生で躓いている人がいます。一体どうしたら、活路を見いだすことができるのでしょうか?その答えは、やはり成功した先達から教わるのがベストでしょう。そこで今日は、第一線で活躍した人たちから、仕事のコツを学びましょう。


【書評】物事の考え方をアップデートせよ『これからの哲学入門 未来を捨てて生きよ』

【書評】物事の考え方をアップデートせよ『これからの哲学入門 未来を捨てて生きよ』

「コロナで先行き不安だ」という人が増えています。ネットで答えを探すも、暗い話題しか目に入ってこない。一体どうしたらいいのでしょうか?実のところ、この不安を払拭するには、「未来を捨てる」ことにありました。今日は、哲学からコロナ時代に必要な考え方を学びます。


【書評】時代を変えた男の「哲学」を知る『超約版 論語と算盤』

【書評】時代を変えた男の「哲学」を知る『超約版 論語と算盤』

「コロナで先行きが見えない」と嘆く人がいます。これは個人に限った話ではなく、組織も同じでしょう。こんな時、何を頼りに生きればいいのでしょうか?実のところ、激変の時代は、今に始まったことではありません。歴史をたどれば、そこにヒントが必ずあります。ということで今日は、激変の時代を生き抜いた男の哲学について学びを深めましょう。


最新の投稿


猫のイラストの描き方は意外と簡単?!知っていて損しない隠れ技!

猫のイラストの描き方は意外と簡単?!知っていて損しない隠れ技!

猫のイラストの描き方は、思っていた以上に難しいですよね。動物のイラストが上手にさっと描けると、手紙やカードも楽しく演出できます。丸くてふんわりした質感のある猫。実際に描く場合は、いくつかおさえたいポイントがあります。そこで今回は、猫好き以外でも楽しめる、猫のイラストの描き方について詳しくご解説していきましょう。


【書評】人間関係を円滑にする方法を知る『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

【書評】人間関係を円滑にする方法を知る『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

悩みだらけで、今にも潰れそうな人がいます。気分転換をするも、悩みは消えません。一体どうしたらいいのでしょうか?実のところ、あることを「しない」だけで、悩みは消えてしまうのです。そこで今日は、ブッダの教えから「悩みを消す方法」を探ります。


緊張をほぐすために男性から女性にしてほしいこと

緊張をほぐすために男性から女性にしてほしいこと

緊張をほぐすために男性から女性にする行動で、女性が少しでも穏やかになれる可能性があるのです。女性が緊張しているように見えた時には、男性としては少しでも気持ちを楽にしてあげたいと思うものですよね。今回は女性の緊張をほぐすために、男性にしてほしい5つのことについてお伝えしていきましょう。


特別でありたい心理でわかる相手の感情

特別でありたい心理でわかる相手の感情

特別でありたい心理は、相手への愛情がきっかけとなって働く場合が多いのでしょうか。好きな異性にとって、自分だけが特別な存在でありたいと思うことはよくありますよね。今回はそういう時の心理について、考えられる理由をお伝えします。


体験型ストアの「b8ta(ベータ)」 J-Startupにサポーター企業として参画

体験型ストアの「b8ta(ベータ)」 J-Startupにサポーター企業として参画

b8ta Japanは、経済産業省が推進する官民による国内スタートアップ育成支援プログラム「J-Startup」に、サポーター企業として参画すると発表しました。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!