デリバリーで花を贈ろう!フラワーデリバリーの選び方や贈り方のコツ

デリバリーで花を贈ろう!フラワーデリバリーの選び方や贈り方のコツ

デリバリーのお花は、誕生日や特別な日に送る際にとても便利で、外出を控える今の時期はフードデリバリーと同様にフラワーデリバリーも注目されています。心が折れてしまいそうな時は、素敵なお花を贈ってもらうと励まされるもの。そこで今回はフラワーデリバリーの選び方や、送る際のコツについてご解説していきましょう。


デリバリーのお花はこんな時にオススメ!

デリバリーのお花は、特別なイベントがないとあまり利用することがないかもしれません。しかし在宅時間が長くなると、お花のある生活が恋しくなる場合も。

誕生会ができない、就職祝いができないなど、今まで普通にやっていたことも制限されていますよね。大切な人に対する気持ちをなんとかして伝えたい時には、フラワーデリバリーはとても喜ばれるはずです。

お菓子や食べ物だと好みがあるので選びにくいのですが、お花が嫌いな人はきっといないでしょう。しばらく会えない友人、実家の両親、記念日をはじめ、喜ぶ顔が見たい人にはお花のプレゼントはとても素敵なアイデアになります。

配送エリアを確認しよう

フラワーデリバリーを探す方法としては、ネット検索が一番簡単。ほとんどのお店は全国配送に対応していますが、個人のショップなどは配送エリアが限定されている場合もあるのでご注意くださいね。

フラワーデリバリーサービスは各対象エリアのお花屋さんが加盟して、そこから配達する仕組みになっています。送料も送り先に近いお花屋さんなら無料になる場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

予算や用途に合わせて考える

デリバリーでお花を贈る場合は、予算を決めておくことも大切です。イメージだけで考えていると、かなり高額な値段になってしまう場合もあるので、贈る人との関係や用途を考慮してみましょう。

フラワーデリバリーの予算はとても幅が広く、1500円~数万円。事前に予算を考えておけば、オンラインオーダーで好みのお花が価格帯ごとに選べます。もし目安額がわからない場合は、「退職する上司向け」「バレンタイン向け」など、用途から探して大体の予算をイメージすることも可能です。

贈る花のスタイルを決める

フラワーデリバリーを使う際にとても迷ってしまうのが、どういったスタイルにするか。たとえば花束(ブーケ)、もしくは花瓶やバスケットに挿したアレンジメントなど、あらゆるスタイルのお花がありどれも素敵で困ってしまいます。

迷った時に考えておきたいポイントは、もらった人がどのようにお花を扱えるかということ。たとえば独身男性なら、花瓶を持っていないことも想定できますよね。

その場合は切り花を器に挿した状態でセットされているアレンジメントが、手間がかからずオススメです。アレンジメントはお見舞いや引っ越し祝いなどにも便利で、乾燥させないよう水やりするだけ。花束はイベント時に直接手渡す際によく使われますが、お花が好きな女性にデリバリーしてあげると喜ばれるでしょう。

予約オーダーができるか?

デリバリーで花を贈るのはあらゆるシーンが考えられますが、誕生日などの特別な日の贈り物なら、当日までにきちんと配送してくれるかどうかがポイントです。

予約オーダーに対応してくれるお店はたくさんありますので、大切な日のフラワーデリバリーは、数日前~当日に向けて準備をしておきましょう。

また配送日は、できれば相手の都合を確認しておくと安心です。サプライズする場合も、それとなく自宅にいるようにお願いしておくこと。

お店によっては当日オーダーで即配達してくれる場合もあるので、急な場面でも柔軟に対応してくれるサービスがオススメです。もし相手が不在の場合は、不在連絡票が投函されますので、再配達の手配をしてもらうこと。

花は保管期限もあるため、一定期間内に配達できない場合には、再度オーダーしなければならないこともあるのでご注意くださいね。

花のサブスクについて

近年話題になっている、サブスクリプションスタイルのお花のデリバリー。通称花の「サブスク」は、お花屋さんに行かなくても自宅にお花が定期的に届けられるシステムです。

サブスクのお花はギフト用に配送してくれることもありますので、遠方の家族や単身赴任の人に贈ってあげるのもオススメ。花のサブスクは、毎月500~2000円程度のものが主流になっています。

季節のお花が届くことや、どのようなお花が配達されるかワクワクする楽しみも人気の理由。お花によってはポストに投函されるものもあり、不在でも安心です。

花のサブスクを選ぶ場合は、お花屋さんが直接運営しているサービスがオススメ。新鮮で旬の花が届くので、枯れにくいことも特徴。また傷んでいた場合に交換してくれるかどうかも確認しておきましょう。花のサブスクは全国対応していない会社もありますので、コストなどを比較する際に合わせてチェックしてくださいね。

まとめ

デリバリーでお花を贈ることは、癒しをプレゼントすることと同じ。不安な生活が続く今の時期だからこそ、素敵なお花で大切な人の心を癒してあげましょう。

関連するキーワード


デリバリー

関連する投稿


おにぎりもデリバリー?東京都内で人気のおにぎり宅配サービス!

おにぎりもデリバリー?東京都内で人気のおにぎり宅配サービス!

おにぎりのデリバリーは果たしてできるのか、そんな疑問をふと抱いた人にとても嬉しい情報があります。おにぎりといえばコンビニ。しかし外出を控える時期は、できるだけ家にあるもので食事を用意したいこともありますよね。小腹が空いた時に食べたくなるおにぎりですが、都内で便利な宅配サービスのオススメをご紹介しますので、機会があったらぜひトライしてくださいね。


ラクスル コロナ禍でニーズの高まる広範囲ポスティングに対応した「市区町村配布」開始

ラクスル コロナ禍でニーズの高まる広範囲ポスティングに対応した「市区町村配布」開始

ラクスル株式会社は、同社が展開する印刷・集客のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」において、従来の「町丁目」指定よりも広範囲な「市区町村」を対象に安価に配布することができる「市区町村配布」サービスを開始すると発表しました。


スイーツ食べたい!デリバリーや配送してくれる人気店をご紹介

スイーツ食べたい!デリバリーや配送してくれる人気店をご紹介

スイーツのデリバリーをしてくれるお店の情報をご紹介します。午後の休憩や小腹が空いた時に、ケーキなどのデザートが無性に食べたくなることがありませんか。なるべく出かけないようにしたい今の時期、とくに外食は控えたほうがよいもの。窮屈な生活の中でも、テイクアウトやデリバリーがサポートしてくれているので、自宅にいながら美味しいものがなんでも食べられるのは感謝したいところです。ピザやお寿司など、お弁当のデリバリーはよく見かけるけれどスイーツがない、そんな人にオススメのデリバリーをご紹介していきましょう。


出前館 配達機能を備えたクラウドキッチンをオープン

出前館 配達機能を備えたクラウドキッチンをオープン

日本最大級の出前サービス「出前館」を運営する株式会社 出前館は、イートインスペースを持たず、キッチン1つで開業できるデリバリー専門店「クラウドキッチン」の運営を開始すると発表した。


出前館 クラウドキッチン併設のデリバリー旗艦拠点を開設

出前館 クラウドキッチン併設のデリバリー旗艦拠点を開設

株式会社出前館は、複数のクラウドキッチンを併設した『出前館』のシェアリングデリバリー旗艦拠点を東京都江東区大島にオープンすると発表しました。


最新の投稿


山カフェ関東でオススメのスポットはここ!最強の癒しで気分転換しよう

山カフェ関東でオススメのスポットはここ!最強の癒しで気分転換しよう

山カフェは関東にも素敵な場所がたくさんありますので、混雑を避けてゆっくりお茶したい時や気分転換したい時にぜひ行ってみませんか。旅行するのも気が引ける今の時期、ずっと自宅に閉じこもっている生活ではストレスも溜まりますよね。そんな時、自然に囲まれて美味しいコーヒーを飲む時間は、とてもよい癒し効果が期待できるでしょう。では早速ですが、山カフェ関東でオススメのスポットをご紹介します。


聞き耳を立てる心理には愛情が関係していないケースも

聞き耳を立てる心理には愛情が関係していないケースも

聞き耳を立てる心理については、愛情からの行動のように思う人もいるでしょう。でも実際にはそれだけではない可能性があるのです。今回は聞き耳を立てる心理について、詳しく見ていきましょう。


Honda 車載向けシステムでGoogleとの協力を発表

Honda 車載向けシステムでGoogleとの協力を発表

本田技研工業株式会社(Honda)とGoogleは、Google社の車載向けコネクテッドサービスで協力し、2022年後半に北米で発売予定の新型車から搭載を開始すると発表しました。


ゲームのアバターに表れる心理はどんなもの?

ゲームのアバターに表れる心理はどんなもの?

ゲームのアバターに表れる心理では、意外なことがわかるといわれています。友人と一緒にゲームをしていて、相手が使用するアバターのデザインがあまりにも想定外だと、どういう理由があるのか知りたくなりますよね。今回はゲームのアバターでわかる心理について、タイプごとに詳しく見ていきましょう。


EU スマホなどの充電器をUSB-Cに共通化

EU スマホなどの充電器をUSB-Cに共通化

EU欧州委員会は、スマートフォンを含む電子機器の充電器規格をUSB-Cに共通化するように加盟国に提案した。不要な充電器が廃棄されて生じる「電子ゴミ」の削減が目的。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!