話し方の癖に気づいていない人が多い?自覚する方法と改善ポイント

話し方の癖に気づいていない人が多い?自覚する方法と改善ポイント

話し方の癖に気づいていない人は意外と多いようです。他人の仕草や話し方はとても気になるものの、自分のこととなると意識しづらい部分ですよね。話し方の癖とはかなり気になるレベルから、誰も気づかないところまでさまざま。周囲に気づかれてしまう話し方の癖はどうすればわかるか、今回は自覚する方法や改善のコツについてご解説していきましょう。


よくある話し方の癖について

話に夢中になっていると、あまり気づくことがない他人の話し方の癖。それが自分となると、さらにわかりにくくなるでしょう。

まずはよくある話し方の癖からご説明しますが、言われてみると気になる部分があるという人もいるかもしれません。たとえば話し始める時に必ず「あのさ」と言う人、「です」などの語尾を伸ばしてしまう人、または「なんで?」が口癖など。

話し方の癖は幅広く、繰り返し使う単語から声のトーン、文章の長さなどあらゆるパターンがあります。相手が友人なら多少の癖は許されるかもしれませんが、目上の人と話す時に普段の癖が出てしまったら、なれなれしいと思われてしまう可能性も。話し方の癖は誰でも多少はあるといわれていますので、改善すべきレベルなのかを客観的に考えることも大切かもしれません。

言葉以外の癖が出やすい部分について

近年スマホを使ってコミュニケーションをとる機会が多くなり、人と会話をすることが減っているといわれています。そのためいざ話をすると上手く言葉が出なかったり、緊張してしまったりする人もいるでしょう。

話し方は、癖が出やすいポイントがいくつかあります。まずは口の開き方で、LINEなどに慣れてしまうとはっきり発音することを忘れてしまい、相手が聞き取りにくくなります。

そして声のトーン。癖も気になる部分ですが、声のトーンは他人に与える印象にも影響を与えるので、単調で暗くならないよう高音と低音のメリハリをつけるとよいでしょう。

また声のボリュームも個性があり、普段から大声の人や聞き取りにくいほど小さい声の人、語尾が急に弱くなるなど、知らない間に自分でコントロールしている場合があります。話し方の癖は性格的なことも関係していますので、せっかちな人は早口で話したり、スローペースな人はゆっくり話したりすることも癖になり得るのです。

話し方の癖を確認する方法について

人前で話をすることが多い人は、普段から自分の話し方を気にしているはずですが、そういう機会がほとんどない人も多いですよね。

普段の会話程度ではあまり気づかない話し方の癖。心配な場合は、まず次のことを確認してみましょう。手っ取り早い手段としては、自分の声を録音して聞く方法です。

たとえば留守番電話にメッセージを録音してチェックしてみましょう。留守番電話は一方的に話すチャンスなので、話し方がよくわかるはず。

スマホの録音機能を使って、家族との会話を録音するのもひとつの方法です。または身近な人に直接質問して、話し方で気になるところがないか、素直なフィードバックをしてもらってくださいね。

フィラーの頻度を意識して会話しよう

話し方の癖でとても多いのが、「えー」「うーん」などの言葉を多用するタイプ。このフィラー自体にはとくに意味はなく、次に発言する言葉を探っている時や話す内容が決まらない時、話し始める際につい連発してしまうことがあります。

あまりにも続くと聞き手が違和感を覚えてしまうため、フィラーが多いと自覚している人は、話すことを頭の中である程度固めてから話し始めてみましょう。

慣れてしまうと、フィラー自体に抵抗を感じるようになるかもしれません。フィラーは助詞が必要以上に伸びてしまうことも、癖のひとつになるケースがあります。

たとえば「○○はー」「なのでー」など、言葉が伸びてしまう場合は、助詞を発音する際に発声を少し低くしてください。無理に伸ばさないように発音するよりも、声のトーンで調整できる可能性があります。

聞き取りやすい話し方をする人の真似をしてみる

話し方がとても爽やかで、はっきりと聞き取りやすい人はとても素敵ですよね。話し方の癖があったとしてもとくに気にならない例もありますので、話しやすい人の話し方のテクニックを真似することも方法です。

好感を持たれる話し方とは、相手への思いやりや心遣いがわかること。楽しい話題なら明るく聞こえる声のトーンを意識する、誰かの悩みごとを聞いてあげる時はゆっくりと返事をして、相手の言葉を繰り返すなどの協調性が窺えます。

話し方は人柄や性格を映し出すものなので、お互いに快適な状態で心が通じ合うように、聞き取りやすさを意識してみましょう。

まとめ

話し方の癖が気になると、その部分だけがやたらと耳についてしまいますよね。会話をする時、無意識にしていることは誰しもいくつかあるはず。まずは話し方の癖があるかどうか、自分の声、言葉遣い、トーンなどをセルフチェックしてみましょう。少しだけ意識して改善すると、もっと話し方に自信が持てるようになります。そして表情も合わせて、相手との心の距離をなくしながら、楽しく良質なコミュニケーションをとってくださいね。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連するキーワード


話し方

関連する投稿


【書評】話し上手になる『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』

【書評】話し上手になる『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』

「人前で話すのが苦手」という人がいます。こんな時、「当たって砕けろ!」もいいのですが、あるちょっとしたコツを知っているだけで、スマートに話すことができます。そこで今日は、世界でも通用する「話し方のルール」について学びを深めましょう。


マスク着用時の話し方・相手に聞き返されないようにするポイント

マスク着用時の話し方・相手に聞き返されないようにするポイント

マスク着用時は話し方を意識しないと、相手がよく聞き取れないという場面があります。マスクをつける時期もいつもの調子で話してしまい、声のトーンや音量が違うことを自覚できない場合もあるでしょう。マスク着用が定着している今の時期、友人やお店のスタッフに聞き返された経験は、誰しもあるかもしれません。そこで今回はきちんとコミュニケーションがとれるよう、マスク時の話し方のコツや注意したいポイントをご解説していきます。


ペーシングを話し方に取り入れて効果的な会話をはじめよう!

ペーシングを話し方に取り入れて効果的な会話をはじめよう!

ペーシングは話し方を変え、相手とよりよいコミュニケーションをとるスキルのひとつです。初対面やよく知らない人との会話で、あまりよい経験をしたことがない人もいるでしょう。人間関係を円滑にするためには、話の内容よりも「話し方」が重視される場合もあります。そこで今回は、上手く人とコミュニケーションがとれない人にオススメの、ペーシングを使った話し方のコツについてご解説していきましょう。


「明日から」が癖になっている人の特徴と先延ばし癖を改善する方法

「明日から」が癖になっている人の特徴と先延ばし癖を改善する方法

やらなきゃいけないことがあるのに後回しにしてしまう…。このように物事を後回しにして後悔する羽目になるという人は多いのではないでしょうか。では、どうすれば物事を先延ばしにする癖がなくなるのでしょうか。ここでは、「明日から」が癖になっている人の特徴と改善方法をご紹介します。


【書評】「コミュニケーションの達人」になる知識を習得する『人は話し方が9割』

【書評】「コミュニケーションの達人」になる知識を習得する『人は話し方が9割』

「なぜか人から嫌われてしまう」と悩む人は多い。自分なりにがんばるも、いつも空回り。原因は一体どこにあるのでしょうか?そこで今日は、コミュニケーションの達人から、「人から好かれる話し方」について学びましょう。


最新の投稿


結婚を視野に入れる付き合い方とは

結婚を視野に入れる付き合い方とは

結婚を視野に入れる付き合い方については、人により感覚の違いは多少あるものです。でも実際に付き合っていく中で、結婚について意識をし始めたのなら、結婚を視野に入れた状態での付き合い方に変わるケースもあるでしょう。今回は結婚を視野に入れる付き合い方について詳しくお伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。


言い方きつい女性の心理には驚くものもある!

言い方きつい女性の心理には驚くものもある!

言い方きつい女性の心理は、これからも付き合っていく相手だとしたら知っておきたくなることも。優しさに近いものも潜んでいるなど、意外なポイントもいくつか見つかるかもしれません。今回は言い方きつい女性の心理について、考えられるものをお伝えしていきましょう。


メルカリ アリババグループと連携した越境販売を開始

メルカリ アリババグループと連携した越境販売を開始

株式会社メルカリは、中国最大ECプラットフォームを運営するアリババグループのCtoCマーケットプレイス「淘宝(タオバオ)」・フリマアプリ「閑魚(シェンユー)」と連携して中国における越境販売を開始すると発表しました。


寒いと手を触る心理に愛情は関係している?

寒いと手を触る心理に愛情は関係している?

寒いと手を触る心理になるのは、愛情が関係している可能性があるのです。寒さを感じた時に、隣に大切な人がいるのなら「寒いね」と伝えながら手を触る場面もあるでしょう。すでに付き合っている関係性であれば、ごく自然なことかもしれません。でもまだ付き合っていない二人の場合は、相手を戸惑わせてしまうケースもあるのです。今回は寒いと手を触る心理について、詳しくお伝えしていきましょう。


百貨店大手の大丸松坂屋 衣料品のサブスクに参入

百貨店大手の大丸松坂屋 衣料品のサブスクに参入

百貨店大手の大丸松坂屋が、衣料品の定額制サービス(サブスクリプション)に参入することが明らかになった。報道各紙が報じたもので、3月中にもサービスを開始するとのこと。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!