【書評】『外国人にも話したくなるビジネスエリートが知っておきたい教養としての日本食』

【書評】『外国人にも話したくなるビジネスエリートが知っておきたい教養としての日本食』

外国人と接する機会の増えた現代。もし、外国の方から「食文化」について聞かれた時、あなたは即答できるでしょうか?自国の「食文化」について説明できなければ、教養のない人というレッテルを貼られてしまうかもしれません。そこで今日は、ビジネスパーソンだからこそ知っておきたい「日本の食文化」についてまとめられた一冊をご紹介します。


著者・あらすじ

永山久夫

1932年、福島県生まれ。食文化史研究家、長寿食研究所所長。平成30年度文化庁長官表彰受賞。古代以来の和食を中心に長寿食を研究し、各地の長寿村を訪ねて長寿者の食事やライフスタイルを取材。講演やテレビ、雑誌など多方面で活躍している。日本の古代から明治時代までの食事の研究に長年携わる各時代の食事復元研究の第一人者でもある。

あらすじ

食文化研究家が「日本食」の教養を一冊の本にまとめます。「日本食の作法」「匠の技」「日本料理のルーツ」など、知的教養を身につけるための知識が網羅されています。

1. 食事をするときに必要不可欠なもの

食前のあいさつとして「いただきます」がありますが、実のところ、この「いただきます」は「食事をもらいます」といった意味ではないのです。どんな意味かというと、命を与えてくれる自然に対する「感謝の意を表す言葉」です。米や野菜、魚や肉など、すべての食材は命があります。その命をいただくことで、自分が生かされていることに感謝するのです。

さらに、目の前の料理は、食材を育ててくれた人、それを運ぶ人、作ってくれた人、配膳してくれた人への感謝の意を表す言葉でもあります。つまるところ、「いただきます」は、命を分け与えてくれたすべての人への「感謝の言葉」だったのです。そもそも「いただきます」の「いただく」は、山の頂に宿る「稲作の神様」への感謝の心を表す言葉が起源です。

神様が宿るとされる山の頂上や山のてっぺんを「頂」と言うため、「いただく」は大切なものを頭の上に、恭しく(うやうやしく)捧げ持つ言葉として使われました。中世以降では、位の高い人から物をもらった時、または神仏にお供えしたものを食べる時には、頭上に捧げ持つ「押し戴く」動作をしてから食べたため、「食べる」の謙譲語として「いただく」が使われるようになったのです。これらが次第に食事前のあいさつとして定着しました。

2. 「炊飯」を研究してきた日本人

日本人であれば誰もが毎日、口にするものと言えば「お米」です。このお米をおいしくするためには、「炊き方」がカギを握ります。実のところ、日本には独自の炊飯方法があったのです。それが「炊き干し」といった炊飯方法です。よく「始めちょろちょろ、なかぱっぱ、親が死んでも蓋取るな」と言われますが、これが「炊き干し」です。炊飯器が登場する前は、お米は羽釜で炊いていました。

はじめは、釜全体を温めるために弱火にし、温まってきたら強火にします。そして沸騰したら火を弱め、火を止めた後には、蓋を取らずに余熱で蒸すといった方法です。「親が死んでも蓋取るな」というのは、蒸す段階で蓋を開けてしまうと、温度が下がり、蒸らしが失敗してしまうことから、このような過激な表現を用いたのです。他国では、「炊き干し」ではなく「湯取り」という方法で炊飯します。「湯取り」とは、大量の水で米を軽く茹でた後、水洗いし、その後蒸すといった方法です。

しかし、この方法では、せっかくのお米のうまみがすべて失われてしまい、おいしいご飯にはなりません。かつての日本もこの「湯取り」という方法で炊飯していましたが、「もっとおいしいご飯が食べたい」という思いから、この「炊き干し」という方法が生まれたのです。

3. 「会席料理」を知る

ビジネスパーソンであれば、接待などで「会席料理」を食べる機会があると思います。海外のビジネスパーソンから、この「会席料理」について聞かれても恥をかかないために、「会席料理」について知りましょう。そもそも、「会席料理」とは、本膳料理や懐石料理を略した形式の料理のことです。

そのルーツは、江戸時代中期と言われ、庶民の間に流行した俳諧(はいかい)の席で出されたことがきっかけです。当時、町民が通う高級料理店、茶屋が増える中、本膳料理や懐石料理はあまり好まれませんでした。なぜなら厳格な善組みや食事作法があり、敷居が高かったからです。そこで生まれたのが、くつろぎながら食事ができるスタイル「会席料理」だったのです。

この会席料理にはこれといった「形式」はありません。ベースは本膳料理や懐石料理なのですが、その形式はさまざまです。料理をすべて並べたり、一品一品出したり、温かい料理だけ後から出したりと、自由な形式で料理が提供されます。ちなみに、同じ呼び名で「懐石料理」がありますが、この懐石料理とは茶屋で、一品ずつ提供される軽い食事のことです。「修行僧が温めた石を懐にしのばせて空腹を紛らわせた」という逸話から「懐石」と名付けられました。したがって「会席」「懐石」は、形式の違いだと認識してよいでしょう。

まとめ

『外国人にも話したくなるビジネスエリートが知っておきたい教養としての日本食』をご紹介しました。「灯台下暗し」と言いますが、私たちは、意外にも自国や地元について多くを知りません。その理由は「当たり前」過ぎて、意識が向かないからです。しかし、自国や地元を知るといったことは「自分」を知ることに繋がるので、本来は一番に知るべきものなのです。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連するキーワード


書評 日本食

関連する投稿


【書評】学びの本質を知る『なんのために学ぶのか』

【書評】学びの本質を知る『なんのために学ぶのか』

誰しも一度は、「なぜ勉強しなきゃいけないの?」と、疑問を抱いたことがあると思います。社会に出て、「勉強しておけばよかった」と後悔するも、その意味まで理解できている人は、それほど多くないでしょう。そこで今日は、勉強の重要性と勉強をする意味についてまとめられた一冊をご紹介します。


【書評】文章下手を克服する『文章の問題地図 「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方』

【書評】文章下手を克服する『文章の問題地図 「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方』

SNSなど、「書く」機会が増えた現代。「文章が書けない」と悩む人も増えています。そもそも書けない理由もわからない人が、文章術を身につけるには、何が必要なのでしょうか?その答えは「問題を俯瞰すること」にあります。そこで今日は、文章で抱える悩みを解消する一冊をご紹介します。


【書評】一歩先行く思考を手に入れる『対比思考 最もシンプルで万能な頭の使い方』

【書評】一歩先行く思考を手に入れる『対比思考 最もシンプルで万能な頭の使い方』

「考え方に幅がない」「物事を柔軟に考えられない」と悩む人がいます。たくさん本を読んでも、一向に改善されません。それはもしかしたら、思考力が低いことが原因かもしれません。そこで今日は、思考力を高めるための知識を学びましょう。


【書評】知識武装を手に入れる『叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」』

【書評】知識武装を手に入れる『叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」』

「この日本、今のままで大丈夫」と疑問を持つ人が増えています。「年金問題」「高齢化社会」「医療制度」など、問題は様々。しかしメディアを見ても、それら問題に警鐘をならす人はいません。今日はそんな隠された真実を、一刀両断する本をご紹介します。


【書評】今を知ることで見えてくる『2040年の未来予測』

【書評】今を知ることで見えてくる『2040年の未来予測』

「日本の将来が不安だ」と感じている人が増えています。だからといって、何をどうすればいいのかわかりません。この答えの最適解は「知ること」です。そこで今日は、今を見据え、将来を見通すための一冊をご紹介します。


最新の投稿


同棲のタイミングで理想的なのはこの5つ

同棲のタイミングで理想的なのはこの5つ

同棲のタイミングとしては、どの時期がベストなのでしょうか。いくつかのタイミングがある中で、できれば理想的なものを選ぶようにしたいですよね。相手とよく話し合ったうえで、二人にとっての新しい生活をスタートさせるのがベストでしょう。今回は同棲のタイミングで、理想的なものを5つお伝えしていきますね。


Zoff 接客業向けのメガネ専用立体透明マスク「Zoff 3DC MASK」を発表

Zoff 接客業向けのメガネ専用立体透明マスク「Zoff 3DC MASK」を発表

メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営する株式会社インターメスティックは、透明で表情が見やすく、飛沫も防ぐメガネ専用立体透明マスク「Zoff 3DC MASK(ゾフ・スリーディーシーマスク)」を発表しました。


頻繁に模様替えする心理で人柄がわかることも!

頻繁に模様替えする心理で人柄がわかることも!

頻繁に模様替えする心理により、性格や人柄が見えてくることがあります。自分自身がこのような心理になるケースもあるでしょう。その時に自分の性格や状態について、気が付く場合もあるのです。今回は頻繁に模様替えをする心理について、詳しくお伝えしていきますね。


ソフトバンク 新料金プラン「LINEMO」を500円値下げ

ソフトバンク 新料金プラン「LINEMO」を500円値下げ

ソフトバンクは、オンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」の新キャンペーンとして、通話オプションが1年間月額500円割引になる「通話オプション割引キャンペーン」を実施すると発表した。


ホンダ 世界初の自動運転レベル3を搭載した新型車発売

ホンダ 世界初の自動運転レベル3を搭載した新型車発売

本田技研工業株式会社(ホンダ)は、市販車としては世界初となる自動運転レベル3を搭載した新型車「LEGEND(レジェンド)」を発売すると発表した。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!