ショーン・コネリーの映画はどれが好き?カリスマ俳優の思い出を語ろう!

ショーン・コネリーの映画はどれが好き?カリスマ俳優の思い出を語ろう!

ショーン・コネリーが出演した数々の名作。どれも名演技で、何度も観たくなる作品がたくさんありますよね。名優ショーン・コネリーの映画を振り返り、私たちに与えてくれた映画の素晴らしさについて考えていきましょう。


ショーン・コネリーの生い立ちから俳優までの道のり

ショーン・コネリーの出演映画は数えきれないほどあり、世界的に有名な俳優さんとして知られています。ショーン・コネリーは、1930年8月25日スコットランド出身。

2000年にイギリス王室より、ナイト「サー」に叙任しています。ショーン・コネリーが最初に就いた仕事はなんと牛乳配達。イギリス海軍に従軍しますが、健康上の理由により除隊します。

1953年ミスター・ユニバース・コンテストで、重量挙げ部門にて3位に入賞し、その時の参加者の一人に演技の道に進むことを勧められたのがきっかけといわれています。

スコットランドの愛国者で、独立するまで国には帰らないと明言していたことも有名。近年はあまり出演映画がなく、不思議に思っていたファンもたくさんいるはずですが、実は2006年に俳優業を引退していました。

その理由はロード・オブ・ザ・リングのガンダルフ役のオファーがあったものの、キャラクターについて理解できず、それが引退につながったともいわれています。

007 / ロシアより愛をこめて

ショーン・コネリーの映画といえば、ジェームスボンド役を忘れることはできません。合計で7本のボンド役をこなし、「アメリカ映画100年のヒーローと悪役」では3位に選ばれたことも。「ロシアより愛をこめて」は1963年にリリースされ、アクションたっぷりで若き頃のショーン・コネリーが堪能できます。由緒正しいスパイ映画。

とくにこの作品は、ショーン・コネリーの映画の中でもアクションにキレがあり、俳優業の全盛期だったといっても過言ではないくらいです。この作品を見てから、007の映画が好きになったという人はとても多いでしょう。とてもダンディでクールなスパイ。美しい女性のキャラクターが、必ず作品内に登場するのも納得できます。

小説家を見つけたら

ショーン・コネリーの主演、監督制作の映画です。文才を隠し持つ青年と、最初の作品を残したまま消えた天才作家との交流を描いた感動ドラマ。

ショーン・コネリーの役は頑固なお爺さんで、違和感がないほどなりきれているのが特徴的です。年齢や人種を超えて、人としてお互いに足りないところを補う関係。

寄り添って生きていく不器用な人間の素晴らしさが、とても美しく描かれています。2009年の作品、年を重ねてボンド役とは違った魅力でファンを魅了した作品です。演技だけでなく、製作者としての才能も感じられる映画といえるでしょう。

インディ・ジョーンズ / 最後の聖戦

世界的に大ヒットしたインディ・ジョーンズシリーズ。ショーン・コネリーが出演したのは、3部目のこの作品です。キリストの聖杯を探しに出かけて、そのまま行方不明になっていた父親ヘンリーを演じたショーン・コネリーと、主役のハリソン・フォードの掛け合いがとても面白く、微笑ましい親子を演じてくれました。

1989年のアメリカ映画で、アカデミー賞では作曲賞や録音賞にノミネートされています。日本の配給収入は44億円。テレビで何度も放送されていますので、すでにご覧になったことがある人も多い作品かもしれません。シリーズ最初から観ておくと、きっとスリル感もたっぷり味わえるでしょう。

アンタッチャブル

1987年、アメリカ映画のアクションストーリーで、禁酒法時代のシカゴを舞台にした作品。ギャングのボス、アル・カポネを逮捕するアメリカ捜査官チームの戦いを描いた実話。

この作品でショーン・コネリーは、第60回アカデミー賞助演男優賞を受賞しています。007の作品以降、あまりヒット作品に恵まれなかったこともあり、マネージャーを変えたショーン・コネリー。この映画がヒットしたことにより、その後も長く活躍することになったといわれています。

ザ・ロック

映画トランスフォーマーでおなじみの、マイケル・ベイ監督の1996年のアクション映画。アルカトラズという牢屋から一人で脱出した、イギリスのスパイを演じたのがショーン・コネリーです。

最初から最後までハラハラドキドキのアクション映画で、男同士の熱い思いを感じる名作でもあるでしょう。主役ニコラス・ケイジが人気絶頂時の作品になっていて、往年の肉体派の動きはキレがあり、とても見応えのある作品になっています。

まとめ

また一人名優さんがいなくなったと思うと、映画界は寂しくなりますね。ショーン・コネリーが出演している映画なら絶対に外さないと思うほど、どの作品でも100%以上期待に応えてくれるものばかり。昔の作品から今の時代まで、素敵に年齢を重ねていくショーン・コネリーの姿は、人気映画作品の中で堪能できる可能性がとても高いでしょう。今度映画を観たくなった時は、ぜひショーン・コネリーの名作を選んでみてはいかがでしょうか。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連するキーワード


ショーン・コネリー 映画

関連する投稿


映画レビューサービス「Filmarks」運営のつみき NFT領域でクオンと提携

映画レビューサービス「Filmarks」運営のつみき NFT領域でクオンと提携

国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks」を運営する株式会社つみきは、キャラクターやコンテンツの開発・NFT活用支援などを行う株式会社クオンとの提携を発表しました。


大人気バスケット漫画『SLAM DUNK』のアニメーション映画化が決定

大人気バスケット漫画『SLAM DUNK』のアニメーション映画化が決定

漫画『SLAM DUNK』著者・井上雄彦氏が、自身のTwitter(@inouetake)でSLAM DUNKの映画化が決定したことを明らかにしました。


元気が出る映画おすすめ5選・見てよかったと納得の素敵な作品

元気が出る映画おすすめ5選・見てよかったと納得の素敵な作品

元気が出る映画が観たい!と思う時は、気分的に優れない原因があるのかもしれません。外出できず自宅にこもりきりになっていると、普段前向きな性格の人でも弱気になってしまう可能性も。できることに限りがある時は、自宅で過ごす時間を満喫するのが大切です。元気が出る映画は、将来に対する不安を抱く時にもメリットが期待できるでしょう。ではすっきりとしたい日におすすめの、元気が出る映画5選をご紹介していきますね。


今から観るべき!考え方が変わるおすすめ映画5選

今から観るべき!考え方が変わるおすすめ映画5選

これが私の人生のバイブルだ!なんて思える映画はありますか。映画を見るだけで、これまでの自分の視野がぐんと広がって、モノの受け止め方や感じ方が変わることがありますよね。今回は、考え方が変わる映画を5本ご紹介します。


【洋画】純粋な気持ちにさせてくれる恋愛映画4選

【洋画】純粋な気持ちにさせてくれる恋愛映画4選

仕事や人間関係で疲れた時、気持ちがモヤモヤしてネガティブになってしまうことあるかと思います。そんな時、純愛映画を観てうっとり純粋な気持ちになり、疲れた心を洗い流してみませんか?ここでは、映画好きがおすすめする恋愛映画を4つご紹介していきます。


最新の投稿


猫のイラストの描き方は意外と簡単?!知っていて損しない隠れ技!

猫のイラストの描き方は意外と簡単?!知っていて損しない隠れ技!

猫のイラストの描き方は、思っていた以上に難しいですよね。動物のイラストが上手にさっと描けると、手紙やカードも楽しく演出できます。丸くてふんわりした質感のある猫。実際に描く場合は、いくつかおさえたいポイントがあります。そこで今回は、猫好き以外でも楽しめる、猫のイラストの描き方について詳しくご解説していきましょう。


【書評】人間関係を円滑にする方法を知る『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

【書評】人間関係を円滑にする方法を知る『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』

悩みだらけで、今にも潰れそうな人がいます。気分転換をするも、悩みは消えません。一体どうしたらいいのでしょうか?実のところ、あることを「しない」だけで、悩みは消えてしまうのです。そこで今日は、ブッダの教えから「悩みを消す方法」を探ります。


緊張をほぐすために男性から女性にしてほしいこと

緊張をほぐすために男性から女性にしてほしいこと

緊張をほぐすために男性から女性にする行動で、女性が少しでも穏やかになれる可能性があるのです。女性が緊張しているように見えた時には、男性としては少しでも気持ちを楽にしてあげたいと思うものですよね。今回は女性の緊張をほぐすために、男性にしてほしい5つのことについてお伝えしていきましょう。


特別でありたい心理でわかる相手の感情

特別でありたい心理でわかる相手の感情

特別でありたい心理は、相手への愛情がきっかけとなって働く場合が多いのでしょうか。好きな異性にとって、自分だけが特別な存在でありたいと思うことはよくありますよね。今回はそういう時の心理について、考えられる理由をお伝えします。


体験型ストアの「b8ta(ベータ)」 J-Startupにサポーター企業として参画

体験型ストアの「b8ta(ベータ)」 J-Startupにサポーター企業として参画

b8ta Japanは、経済産業省が推進する官民による国内スタートアップ育成支援プログラム「J-Startup」に、サポーター企業として参画すると発表しました。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!