コンビニコーヒーの買い方 〜わからないので買えなかった人に〜

コンビニコーヒーの買い方 〜わからないので買えなかった人に〜

コンビニのコーヒーの買い方は、意外と知らない人も多いようです。午後の一息を入れる時、出勤前のコンビニなどで必ず欲しくなる美味しいコーヒー。ペットボトルや缶ではなく、淹れたてのコーヒーも近年コンビニの目玉商品になっています。そこで今回は、まだ飲んだことがないという人に向けてコンビニコーヒーの買い方についてご解説していきましょう。


コンビニコーヒーとは何か?

コンビニで買うコーヒーといったら缶コーヒー、ペットボトル、レジのところにある保温器の中のコーヒーが思い浮かびますよね。

近年コンビニの新たな旋風として話題になっているのが、レジカウンターで販売するカップ入りコーヒーです。高速道路の休憩所などには、カップがころんと落ちてきて、淹れたてコーヒーが買える自動販売機が置いてあることも。

このようにカップ入りの熱々のコーヒーが購入できるとあり、コーヒー好きにはとても好評です。初めて日本で導入したのはセブンイレブン。

1980年代からカップ入りコーヒー、もしくはカウンターコーヒーとも呼ばれるこのサービスを何度となく導入したり、撤退したりを続けていました。

台湾では2004年にセブンイレブンが導入し、日本でも2010年代から各大手コンビニでカップ入りコーヒーを導入しています。このコーヒーは、その場でコーヒーメーカーを使い抽出するシステムが特徴。多彩なフレーバーがあり、淹れたての風味や香りが気軽に購入できるので、女性層や若年層を中心に定着しています。

セブンイレブンでの買い方

コンビニのレジカウンターのコーヒー。「セルフコーヒー」と呼ばれるように、マシーンを自分で操作してコーヒーを淹れます。そのためコンビニのコーヒーの買い方がわからないという人も多く、需要が高いのに未だに飲んだことがない人もいるでしょう。

まず知っておきたいのは、コンビニごとにコーヒーの買い方が若干異なることです。最初に導入したセブンイレブンの場合ですが、最初にレジに行き、スタッフに欲しいものを伝えます。

たとえば「アイスコーヒーのL」「ホットコーヒーのR」など。コーヒーマシーンは、通常店内に入るとすぐわかる場所に置かれているので、見過ごすことはないはずです。

レジでカップを購入して、フタを開いた状態でコーヒーマシーン抽出口にカップを置きましょう。そして扉を閉め、購入したサイズのボタンを押します。

マシーンの表面には赤く「ホットコーヒー」と、青で「アイスコーヒー」と書かれ、それぞれのサイズボタンを押すだけ。自動的に焙煎されたコーヒーが注がれ、その時間約30秒。完了すると扉のロックが開きますので、カップを取り出して備えつけの砂糖やガムシロップ、クリームなどを入れてくださいね。アイスコーヒーの場合は、冷凍ケースから氷が入ったカップを取り出してレジでお家計してください。

ローソンでの買い方

コンビニコーヒーの買い方は、お店ごとに慣れる必要もあるのですが、どこも一度やればすぐにわかる簡単な手順です。ローソンのコーヒーの買い方ですが、こちらではセルフコーヒーというよりもファストフード店のように、店員さんが作ってくれることが特徴。

店舗によっては、セルフ式と手渡しの両方で提供している場合もあります。出来上がったコーヒーに、お好みで砂糖やミルクを入れて完成です。ローソンのマチカフェメニューはとても豊富で、アイスのバラエティが多いことでも人気。たっぷりコーヒーを飲みたい人向けのメガサイズもあります。

ファミリーマートでの買い方

ファミリーマートのコーヒーの買い方は、他のお店とほとんど同じで、カップをレジで購入してマシーンにセットするだけ。アイスの場合は、専用カップを冷凍ケースから取り出してレジに並びます。

ファミリーマートでは、箱入りのアイスなどが置いてある冷凍ケースの中に、アイスコーヒー用のカップがあります。フラッペもあるので、それぞれのカップを間違えないこと。

コーヒーマシーンはカップを置いて、選んだメニューのボタンを押すだけ。フラッペの場合はカップを購入したら氷をよくほぐし、マシーンにセットしてミルクを注入します。その後、よくかき混ぜて出来上がり。お店によっては、レジで氷をよくほぐして渡してくれるところもあります。

どこが一番美味しい?

コーヒー好きなら、どのコンビニの商品も味比べをしてみたいところですよね。各店ともコーヒーのサービスは特徴があり、味もまちまち。好みがあるので、絶対にここが美味しいとは決められませんが、プロも絶賛するコーヒーならファミリーマートのモカブレンドが人気です。

エチオピアのフルーティーな豆を使い、淹れたての香りはカフェ並みともいえるでしょう。濃いコーヒーが好きな人ならローソンがオススメ。ローソンではエスプレッソマシーンを使っていますので、しっかり味わいたい時によいでしょう。味わいとして深みを感じる商品は人それぞれなので、好みに合うかどうかチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

コンビニコーヒーの買い方がわからない時は、恥ずかしがらず店員さんに聞いてしまうのが一番。一度飲んだら、近くのコンビニで買うことが習慣になってしまうこともあるコーヒー。24時間飲めるのも、とてもありがたいですね。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連するキーワード


コンビニ コーヒー 買い方

関連する投稿


ファミリーマート 消費者金融事業に参入

ファミリーマート 消費者金融事業に参入

コンビニエンスストア大手のファミリーマートが、子会社を通じて消費者金融事業に参入することが明らかになった。報道各紙が報じたもの。


好きな食べ物から味覚を分析 オーダーメイドブレンドコーヒー『Omame』が登場

好きな食べ物から味覚を分析 オーダーメイドブレンドコーヒー『Omame』が登場

株式会社my tasteは、新感覚のコーヒーサブスクリプションサービス『Omame』をクラウドファンディングの仕組みを活用して先行発売すると発表しました。


コンビニコスメが意外と使える!手軽でオススメのアイテムをご紹介!

コンビニコスメが意外と使える!手軽でオススメのアイテムをご紹介!

コンビニのコスメはランチ休憩やデート前など、急なシーンでとても活躍してくれます。デパートのコスメ売り場のような行きにくい雰囲気もなく、コンビニはコストパフォーマンスが何よりもよいでしょう。お手頃価格でしかも種類が豊富。欲しいアイテムがあるかどうか不安になりながらお店に行くと、期待以上のセレクションで待ち構えていてくれます。そこで最近人気がある、数あるコンビニのコスメの中でもオススメのものをご紹介していきましょう。


デロンギ コーヒー豆のサブスクリプション『ミーオ!デロンギ』を開始

デロンギ コーヒー豆のサブスクリプション『ミーオ!デロンギ』を開始

デロンギ・ジャパン株式会社は、同社初となるサブスクリプションサービス「ミーオ!デロンギ(MIO! De’Longhi)」を、11月25日より開始すると発表しました。


ファミリーマート 無人決済店舗の実用化に向けてTOUCH TO GOと業務提携

ファミリーマート 無人決済店舗の実用化に向けてTOUCH TO GOと業務提携

株式会社ファミリーマートと無人決済店舗の開発を進める株式会社TOUCH TO GOは、無人決済コンビニエンスストアの実用化に向けて業務提携を行うと発表しました。


最新の投稿


ソフトバンク 新料金プラン「LINEMO」を500円値下げ

ソフトバンク 新料金プラン「LINEMO」を500円値下げ

ソフトバンクは、オンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」の新キャンペーンとして、通話オプションが1年間月額500円割引になる「通話オプション割引キャンペーン」を実施すると発表した。


ホンダ 世界初の自動運転レベル3を搭載した新型車発売

ホンダ 世界初の自動運転レベル3を搭載した新型車発売

本田技研工業株式会社(ホンダ)は、市販車としては世界初となる自動運転レベル3を搭載した新型車「LEGEND(レジェンド)」を発売すると発表した。


桜盆栽の育て方と注意点・自宅で花見したい人必見情報!

桜盆栽の育て方と注意点・自宅で花見したい人必見情報!

桜盆栽の育て方をマスターして、自宅でのお花見を始めてみませんか。お花見は人との距離を維持するのが難しく、たとえ屋外でも抵抗を感じる人は多いでしょう。春先は花粉も心配になり、お花見をしたくても遠慮している人もいるはず。そんな時に春を自宅で感じられる、桜盆栽の育て方について詳しくご解説します。


マネーフォワード 『マネーフォワード クラウド契約』で電子契約サービスに参入

マネーフォワード 『マネーフォワード クラウド契約』で電子契約サービスに参入

株式会社マネーフォワードは、2021年5月より電子契約サービス『マネーフォワード クラウド契約』の提供を開始すると発表しました。


ウェイ系とは?ウェイ系の特徴と上手く付き合うコツ

ウェイ系とは?ウェイ系の特徴と上手く付き合うコツ

明るくハイテンションなウェイ系の人達は、どんな特徴を持っているのでしょうか。また、ウェイ系が苦手な人はどう関わればいいのでしょうか。ここでは、ウェイ系の特徴やうまく付き合うコツをご紹介します。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!