【書評】頭をシャキッとさせる方法を学ぶ『1分脳活 脳が10歳若返る!』

【書評】頭をシャキッとさせる方法を学ぶ『1分脳活 脳が10歳若返る!』

規則正しい生活をしているにも関わらず、「物忘れが多い」「頭が冴えない」という人が急増中です。これはもしかしたら、体の疲れというより、脳の疲れが原因かもしれません。そこで今日は、脳をシャキッとさせる技をまとめた本をご紹介します。


著者・あらすじ

白澤卓二

お茶の水健康長寿クリニック院長。医学博士。白澤抗加齢医学研究所所長。

あらすじ

医学博士が、1分でできる「脳を活性化させる方法」をお届けします。「脳の鍛え方」「脳を元気にする食事とは」「脳が活性化する運動」など、1分で効果のある脳活法が網羅されています。

1. 脳を効率的に鍛えるには?

著者は、脳を効率的に鍛える「決め手」を次のように述べます。「朝、目が覚めたらカーテンを開け、朝日を浴びよう」。実のところ、たったこれだけの行動で脳を活発にすることができるのです。その理由は、「朝日」です。最近の研究で「朝日」は、生活のリズムをつくるのに、重要な役割を持っていると言われます。

これは、「体内時計」と呼ばれ、本来、日中は活動モード、夜は睡眠モードに設定されていますが、不規則な生活をすると、このリズムが乱れるのです。この時、「朝日」を浴びることでリセットされ、体内時計が整うのです。なぜ朝日を浴びると、体内時計がリセットされるのでしょうか?それは、太陽の光を浴びると、睡眠に必要なメラトニンというホルモンがストップし、体が活動モードに切り替わるからです。

体内時計が整えば、夜もよく眠れるようになります。著者がすすめるのは、「朝の散歩」です。朝、散歩すると、脳がどんどん活性化され、意欲も向上するのです。たった5分でも効果があるので、是非取り入れたいルーティンです。このことから、脳を効率的に鍛えるには「朝、目覚めたらカーテンを開ける」という簡単な行動でできるのです。

2. 脳が活性化する「食事」とは?

脳は、「食事」にも大きく左右されるといわれます。とりわけ脳にいい栄養成分が、著者の研究で明らかとなりました。その栄養素が「DHA」「レシチン」「ビタミンE」「ポリフェノール」です。「DHA」とは不飽和脂肪酸のオメガ3の一種で、血流を良くし、その結果、脳に栄養素が送られ、脳が活性化すると言われます。「レシチン」とは、脂肪の一種で、睡眠に関わり、素因系伝達物質アセチルコリンの材料となります。記憶力、集中力をアップさせます。

「ビタミンE」とは、高い抗酸化作用で、アルツハイマー型認知症を予防する効果があります。「ポリフェノール」とは、ファイトケミカルのひとつで、抗酸化作用を持っています。認知症予防効果のあるフェルラ酸が含まれています。これら4つの栄養成分を含む食材が、「緑茶」「コーヒー」「青魚」「鮭」「ウコン」「ベリー類」「納豆」「卵」です。

料理のジャンルでいえば、「和食」そして「地中海料理」がおすすめです。和食は、刺身をはじめとした「魚料理」。さらに味噌や醤油などの発酵食品が脳の活性化に有効です。「地中海料理」もまた、魚介類、野菜、豆、穀物、オリーブオイル、チーズ、ヨーグルト、ワインなどが、脳の活性化に有効とされています。このように、意識的に「脳にいい食品」を摂ることで、脳を活性化させることができるのです。

3. 脳が活性化する「運動」とは?

脳を活性化させるには、朝の行動、そして食事が重要でした。しかし、重要なものがひとつ残っています。それが「運動」です。近年の研究によって、運動すると脳を活性化させることができるといいます。とりわけ「足腰を鍛える」ことが効果的と言われ、「ウォーキング」などの有酸素運動がおすすめです。

著者が紹介しているのは、「インターバル速歩」です。これは、「ゆっくり歩き」と「早歩き」を3分ずつ交互に行うウォーキングです。このウォーキングのメリットは、「時間がかからない」ことです。普通のウォーキングでは、「1時間半歩かなければ効果がない」とされています。

しかし、インターバル速歩であれば、たった「20分」で済むのです。方法としては、「3分早く歩く」→「3分ゆっくり歩く」→「3分速く歩く」・・・を繰り返しながら、これを週に2~3回、20分程度行います。すると、骨密度が増えたり、生活習慣病が予防できたりと、さまざまな恩恵が受けられるのです。以上を踏まえながら、「足腰を鍛える」ことで、脳が活性化されるのです。

まとめ

『1分脳活』について要約しました。近年、脳科学ブームのあおりもあって、脳へのアプローチ方法がいたるところで見られます。しかし、小難しい理論ばかりで、現実的ではありません。本書は1分でできて、それも科学的根拠も付随されているので、すぐに役に立つことは間違いないでしょう。

MinSuku
Partner Agent
U29JOB



関連するキーワード


書評 脳活

関連する投稿


【書評】人間関係を良好にする術を知る『人は、なぜ他人を許せないのか?』

【書評】人間関係を良好にする術を知る『人は、なぜ他人を許せないのか?』

「あの人ばかりズルい」「どうしても許せない」時代、場所を問わず、人間関係の悩みというものは、尽きることがありません。そもそも、なぜ人は相手を許すことができないのでしょうか?実のところ、原因は「脳」にありました。そこで今日は、脳科学の観点から「なぜ人は。他人を許せないのか?」を解説します。


【書評】AI時代を迎える前に知っておきたい『10年後に食える仕事 食えない仕事 AI、ロボット化で変わる職のカタチ』

【書評】AI時代を迎える前に知っておきたい『10年後に食える仕事 食えない仕事 AI、ロボット化で変わる職のカタチ』

「AIに仕事を奪われる」と叫ばれて久しいですが、実際、どんな仕事が奪われるかご存知ですか?これから迎えるAI時代で生き残るためには、やはり「知識」が重要となります。そこで今日は、AI化によって職場がどう変わるのかが理解できる一冊をご紹介します。


【書評】「コロナ」に負けない仕事術を手に入れる『テレワーク大全 アフターコロナ時代の働き方』

【書評】「コロナ」に負けない仕事術を手に入れる『テレワーク大全 アフターコロナ時代の働き方』

コロナの影響で「テレワーク」を余儀なくされている人が増えています。突然の業務変革に戸惑う人は多いのではないでしょうか?そこで今日は、「テレワークが今ひとつ…」という人に向け、テレワークの基本をまとめた本をご紹介します。


【書評】人生に迷っている人必見!『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』 

【書評】人生に迷っている人必見!『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』 

みなさんは、自分の「やりたい」ことをして生きていますか?ほとんどの方が「NO」と答えるでしょう。そもそもですが、「やりたいこと」を自分自身で理解できているでしょうか?その答えも「NO」かもしません。実をいうと、「やりたいこと」は論理的に説明できなければ、それは「やりたいこと」ではなかったのです。そこで今日は、「やりたいこと」を論理的に導く方法について説かれた本をご紹介します。


【書評】『FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド』

【書評】『FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド』

「早期リタイアして、優雅な人生を送れたらなぁ…」と誰だって一度くらいは、考えたことがあるのではないでしょうか?「そんな夢のようなこと…」と諦めるのはまだ早いです。そこで今日は、早期リタイア実現者から、その術を学びましょう。


最新の投稿


男性に好かれる性格の女性とはどんな人?

男性に好かれる性格の女性とはどんな人?

男性に好かれる性格の女性には、いくつかの共通点があります。性格が魅力的な女性は、モテることが多いでしょう。このように考えると、男性に好かれる性格について女性としては理解しておきたいところです。今回はどのような性格の女性が、男性から好かれやすいのかについて詳しくお伝えしていきましょう。


Twitter 「返信できる相手を限定できる機能」を正式リリース

Twitter 「返信できる相手を限定できる機能」を正式リリース

Twitterは、これまで一部ユーザを対象にテストを進めていた「ツイートへ返信できる人を限定できる機能」について、正式にリリースすると発表しました。


働くみんなのホンネ調査 コロナ禍の夏季休暇は「休まない」「付与されない」が約3割

働くみんなのホンネ調査 コロナ禍の夏季休暇は「休まない」「付与されない」が約3割

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者753人を対象に【夏季休暇】についてのアンケート調査を行い、その結果を発表しました。


袖で手を隠す心理はどんな気持ちが関係する?

袖で手を隠す心理はどんな気持ちが関係する?

袖で手を隠す心理には、どんな気持ちが関係しているものなのでしょうか。袖で手を隠す仕草は女性によくありますが、男性でもしている人がいますよね。今回は袖で手隠す心理について、その思いを詳しく見ていきましょう。


プーチン大統領 世界初の新型コロナワクチン承認を発表

プーチン大統領 世界初の新型コロナワクチン承認を発表

ロシアのプーチン大統領は、世界初となる新型コロナワクチンを正式承認したことを発表した。