【書評】わたしたちの身近に忍び寄る「格差」について知る『格差は心を壊す 比較という呪縛』

【書評】わたしたちの身近に忍び寄る「格差」について知る『格差は心を壊す 比較という呪縛』

「中流階級がなくなり、格差が拡大する」と言われ久しいですが、みなさんはこの「格差」を、実感できているでしょうか?多くの人の答えは「ノー」かもしれません。しかし実際、格差は確実に、私たちの身近なところまでやってきているのです。そこで今日は、格差がもたらす弊害と対策についてまとめられた一冊をご紹介します。


著者・あらすじ

リチャード・ウィルキンソン

経済学者、公衆衛生学者。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで経済史を学び、後に疫学を学ぶ。ノッティンガム大学メディカルスクール名誉教授、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン名誉教授。

ケイト・ピケット

疫学者。ヨーク大学健康科学学部教授、同大学未来の健康センター副所長。リチャード・ウィルキンソンとともに、イギリスの不平等を解決するための組織イクオリティ・トラストを設立する。

あらすじ

経済学者と疫学者が、格差について語ります。「格差がもたらす弊害」「格差に関する誤解」「新しい社会の創出」など、格差が進む時代における新しい考え方を提示します。

1. 「格差」がもたらす弊害

著者は「格差」が、私たち考え方、感じ方、さらには、人間関係にどのような影響を与えるのかを分析しました。世界中の研究者たちの膨大な研究を参考に調査した結果、次のような事実が判明します。格差が大きくなると、個人では「平均寿命が短くなる」「幼児死亡」「精神疾患」「違法な薬物使用」「肥満」などが増えるといいます。社会全体では「殺人率が高まる」「暴力犯罪が増える」「地域の連携が弱まる」「子どもの将来性が損なわれる」などが増えるといいます。

富裕層と貧困層の所得格差が最も大きい「米国」は、殺人率、刑務所の収監者数の割合、精神疾患の割合、未成年出産率が高く、子どもの福利、算数や読み書きの能力が低いというデータがあります。一方、格差の小さな国であるスカンジナビア諸国、日本は、先にあげたパフォーマンスは上々であるといいます。これらのデータが示すように、所得格差によって健康社会問題が悪化することが明らかとなったのです。

なぜ所得格差が健康社会問題を悪化させるのかというと、社会地位格差から生じる「ストレス」が原因です。所得の格差が拡大するにつれ、ストレスの格差も拡大し、このストレスは社会層が低くなるほど大きくなるといいます。このように格差がもたらす弊害は甚大で、それは国の問題にとどまらず、世界中に発展していく問題であり、早急に手を打つべきなのです。

2. 「格差」が大きくなると「ストレス」も大きくなる

では格差がなぜここまで、わたしたちの心を蝕んでしまうのでしょうか?その理由のひとつとして「社会評価の脅威」があげられます。格差による弊害はストレスが原因と述べましたが、実のところ「社会評価の脅威」によって、ストレスが増大するのです。カリフォルニア大学の心理学者である、サリー・ディッカーソンとマーガレット・ケメニーによると、ストレス・ホルモンを急激に高めるのは「社会的評価の脅威」を含む行動と結論づけています。

「社会的評価の脅威」とは、自尊心や社会的地位への脅威のことで、他人が自分の行動に対してマイナス評価を下すことです。社会的評価の脅威が含まれる行動は、そうでない行動に比べ、ストレス・ホルモンである「コルチゾール」の増加が3倍高くなったといいます。

つまり、社会的な価値、名声、地位などが低いと、社会的評価の脅威が働き、大きなストレスを感じてしまうのです。この原因はやはり「格差」にあります。格差によって生まれた「社会的評価の脅威」によって、社会底辺層の人たちはストレスを感じ、それが社会問題に発展するのです。

3. 「格差」を埋めるには?

著者は、全員が幸せになれる社会を目指すために、「生活の質の改善」のポイントを4つあげています。ここでは誌面の都合上、「生産性を上昇させ、余暇を拡大する」「民主的な組織を作る」の2つを紹介します。

「生産性を上昇させ、余暇を拡大する」

これは消費の拡大、地位を追求するだけの社会から、生産性を上昇させ、労働時間を削減し、「余暇を拡大する社会へ移行すること」を意味します。なぜなら多くの時間を家族、子ども、隣人、友人、高齢者、地域社会のために充てることで、ストレスを軽減させることができるからです。生産性を利益に向けるのではなく、労働時間の短縮のために向けます。技術革新で労働をコンピューター化、自動化することで、労働時間の短縮が実現できます。

「民主的な組織を作る」

これは雇用の分野で「民主制」を取り入れ、労働生活の質を改善します。現在の制度は、労働者が利益のために働いているため、意見を述べることができません。しかし、民主的な組織となれば、経営者は企業の社会的責任を全うしなければならないので、結果、所得格差は縮小し、身分による分断も解消されます。民主主義を職場に広げることで、仕事を通じて、自尊心の育成や貢献度が増し、ストレスが軽減されるのです。

まとめ

『格差は心を壊す』について要約しました。格差が生み出す「比較」は私たちの心を蝕むものです。しかし、この比較は一体、どこから来ているのでしょうか?もちろん、わたしたちの心の中です。そう考えると私たち人間は、自分の心の中で生まれたものが、自分の心を蝕むという、矛盾を抱えた生き物だとわかります。これを踏まえながら、格差を今一度考えることで、直面する問題を解決することができるのです。

MinSuku
Partner Agent
U29JOB



関連するキーワード


書評 格差

関連する投稿


【書評】人間関係を良好にする術を知る『人は、なぜ他人を許せないのか?』

【書評】人間関係を良好にする術を知る『人は、なぜ他人を許せないのか?』

「あの人ばかりズルい」「どうしても許せない」時代、場所を問わず、人間関係の悩みというものは、尽きることがありません。そもそも、なぜ人は相手を許すことができないのでしょうか?実のところ、原因は「脳」にありました。そこで今日は、脳科学の観点から「なぜ人は。他人を許せないのか?」を解説します。


【書評】AI時代を迎える前に知っておきたい『10年後に食える仕事 食えない仕事 AI、ロボット化で変わる職のカタチ』

【書評】AI時代を迎える前に知っておきたい『10年後に食える仕事 食えない仕事 AI、ロボット化で変わる職のカタチ』

「AIに仕事を奪われる」と叫ばれて久しいですが、実際、どんな仕事が奪われるかご存知ですか?これから迎えるAI時代で生き残るためには、やはり「知識」が重要となります。そこで今日は、AI化によって職場がどう変わるのかが理解できる一冊をご紹介します。


【書評】「コロナ」に負けない仕事術を手に入れる『テレワーク大全 アフターコロナ時代の働き方』

【書評】「コロナ」に負けない仕事術を手に入れる『テレワーク大全 アフターコロナ時代の働き方』

コロナの影響で「テレワーク」を余儀なくされている人が増えています。突然の業務変革に戸惑う人は多いのではないでしょうか?そこで今日は、「テレワークが今ひとつ…」という人に向け、テレワークの基本をまとめた本をご紹介します。


【書評】人生に迷っている人必見!『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』 

【書評】人生に迷っている人必見!『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』 

みなさんは、自分の「やりたい」ことをして生きていますか?ほとんどの方が「NO」と答えるでしょう。そもそもですが、「やりたいこと」を自分自身で理解できているでしょうか?その答えも「NO」かもしません。実をいうと、「やりたいこと」は論理的に説明できなければ、それは「やりたいこと」ではなかったのです。そこで今日は、「やりたいこと」を論理的に導く方法について説かれた本をご紹介します。


【書評】『FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド』

【書評】『FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド』

「早期リタイアして、優雅な人生を送れたらなぁ…」と誰だって一度くらいは、考えたことがあるのではないでしょうか?「そんな夢のようなこと…」と諦めるのはまだ早いです。そこで今日は、早期リタイア実現者から、その術を学びましょう。


最新の投稿


男性に好かれる性格の女性とはどんな人?

男性に好かれる性格の女性とはどんな人?

男性に好かれる性格の女性には、いくつかの共通点があります。性格が魅力的な女性は、モテることが多いでしょう。このように考えると、男性に好かれる性格について女性としては理解しておきたいところです。今回はどのような性格の女性が、男性から好かれやすいのかについて詳しくお伝えしていきましょう。


Twitter 「返信できる相手を限定できる機能」を正式リリース

Twitter 「返信できる相手を限定できる機能」を正式リリース

Twitterは、これまで一部ユーザを対象にテストを進めていた「ツイートへ返信できる人を限定できる機能」について、正式にリリースすると発表しました。


働くみんなのホンネ調査 コロナ禍の夏季休暇は「休まない」「付与されない」が約3割

働くみんなのホンネ調査 コロナ禍の夏季休暇は「休まない」「付与されない」が約3割

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者753人を対象に【夏季休暇】についてのアンケート調査を行い、その結果を発表しました。


袖で手を隠す心理はどんな気持ちが関係する?

袖で手を隠す心理はどんな気持ちが関係する?

袖で手を隠す心理には、どんな気持ちが関係しているものなのでしょうか。袖で手を隠す仕草は女性によくありますが、男性でもしている人がいますよね。今回は袖で手隠す心理について、その思いを詳しく見ていきましょう。


プーチン大統領 世界初の新型コロナワクチン承認を発表

プーチン大統領 世界初の新型コロナワクチン承認を発表

ロシアのプーチン大統領は、世界初となる新型コロナワクチンを正式承認したことを発表した。