RoboMarketer、無料で使える AI マーケティングアシスタントをリリース

RoboMarketer、無料で使える AI マーケティングアシスタントをリリース

RoboMarketer 株式会社は、広告効果を最大化するためのマーケティング・アシスタントサービス「Roboma(ロボマ)」のβ版をリリースした。また同時に、エウレカ創業者の赤坂優氏などの個人投資家を引受先とする総額約4,000 万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。


無料で使えるAIマーケティングアシスタント

RoboMarketer 株式会社は、広告効果を最大化するためのマーケティング・アシスタントサービス「Roboma(ロボマ)」のβ版をリリースした。また同時に、同社はエウレカ創業者の赤坂優氏などの個人投資家を引受先とする総額約4,000 万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

今回発表されたサービスは、同社が開発を行った広告効果を最大化するためのマーケティングアシスタント。独自のAIを使うことにより、広告におけるマーケティング業務の効率化を行うことができるとしている。

「Roboma(ロボマ)」は、マーケティング業務の AI による効率化を目指し、主に集客における広告業務を自動化するクラウドサービス。セキュアな認証方法により、たった 1 分で Google、Facebook、Twitter などの広告アカウントと連携でき、広告レポートの作成・共有、ROI の見える化、分析などを自動的に行う。

これまで、エクセルやGoogle スプレッドシートなどで手作業で行なっていた作業から、マーケターを解放し、より本質的なマーケティング業務に注力できるようにサポートするとしている。

同社によると、デジタルマーケティングの発展により、様々なデータや情報が得られるようになったこと。また、ユーザーの行動特性が多様化する中で、マーケティングにおいてやるべきことが膨大に増え、その結果、データ管理や分析、そして次の打ち手となる施策の準備・実行など、マーケティングの運用全般の業務負荷が高くなっているとしている。

こうした背景のもと、同社では「マーケティングの力で世界を楽しく幸せにする」というミッションのもと、マーケティング業務の自動化をさらに推進して、マーケターが本質的な業務に集中することにより、より良いサービスが世の中に広がることを目指していくとのこと。

「Roboma(ロボマ)」の主なサービス内容

(1)たった1分、広告メディアとの簡単連携

Facebook, Instagram, Google (Adwords), Twitter といった主要メディアの広告アカウントとすぐに連携でき、導入にはエンジニアのリソースは必要なく、マーケターだけで完結できる。

(2)グラフで直感的、広告レポートの一元管理

連携した広告アカウントのレポートを一元管理可能。費用や CPA (獲得コスト) などの指標をグラフで可視化でき、これまで Excel や Google Spreadsheet などで時間をかけて集計していたことも、様々な分析軸や表示機能を使って瞬時にデータ分析することができるので、面倒なレポート作成から解放される。

(3)AI アシスタントによる次の一手

データをもとに、最適なアクションをアドバイス。これまで運用担当者の経験とノウハウに頼ってきましたが、誰でも最適な運用ができるようになることを目指している。

(4)広告代理店やチームメンバーとの共有

管理画面の閲覧権限を付与することで、チームメンバーや代理店などともレポートを簡単に共有できる。同じデータを見られるようになることで、これまで以上に意思疎通がしやすくなる。

料金プラン

■ 料金プラン

(1)フリー
月額利用料: 0 円
広告アカウント数:1 アカウントまで
広告数:100 まで
サポート:メールのみ

(2)ベーシック
月額利用料: 9,800 円 (税別)
広告アカウント数:3 アカウントまで
広告数:500 まで
サポート:メールのみ

(3)プロ
月額利用料: 29,800 円 (税別)
広告アカウント数:10 アカウントまで
広告数:2,000 まで
サポート:メール&チャット

(4)エンタープライズ
さらに多くの広告アカウントや広告を管理・運用している場合には、お問い合わせください。

マーケティングアシスタント Roboma (ロボマ) | 広告レポートを自動化

https://roboma.io

無料で使える、クラウド型広告レポート自動作成・共有サービス Roboma (ロボマ)。広告レポートを自動作成し、見やすいグラフで瞬時に分析。チームや社内でのレポート共有も簡単。スマホに最適化された UI でいつでも状況を把握できます。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連する投稿


スマートロックのビットキー 32億円の資金調達を実施

スマートロックのビットキー 32億円の資金調達を実施

スマートロック「bitlockシリーズ」などを展開する株式会社ビットキーは、第三者割当増資により32億円の資金調達を実施。これまでの累計調達額が90億円となったことを発表した。


音声SNSアプリ「パラレル」 総額12億円の資金調達を実施

音声SNSアプリ「パラレル」 総額12億円の資金調達を実施

音声SNSアプリの「パラレル」を運営するパラレル株式会社は、第三者割当増資により総額12億円の資金調達を実施したことを発表した。


クラウド人事労務ソフトのSmartHR 総額156億円の資金調達実施

クラウド人事労務ソフトのSmartHR 総額156億円の資金調達実施

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」を展開する株式会社SmartHRは、第三者割当増資および新株予約権付社債により、総額約156億円の資金調達を実施したことを発表した。


出世払いのプログラミング教育のLABOTが3億円の資金調達実施

出世払いのプログラミング教育のLABOTが3億円の資金調達実施

国内初のISAを採用したエンジニア養成学校/プログラミング教育サービスを提供する「CODEGYM」を運営する株式会社LABOTは、総額約3.1億円の資金調達を実施したことを発表した。


自走型ロープウェイ開発のZip Infrastructure 増資による資金調達を実施

自走型ロープウェイ開発のZip Infrastructure 増資による資金調達を実施

⾃⾛型ロープウェイ「Zippar」の設計・開発を行っているZip Infrastructure株式会社は、独立系ベンチャーキャピタルANRIを引受先とする第三者割当増資により、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表した。


最新の投稿


WILLER 月額5000円の定額制で乗り放題となるシェアサービス開始

WILLER 月額5000円の定額制で乗り放題となるシェアサービス開始

WILLER株式会社は、月額定額料金で家族みんな乗り放題になるAIシェアリングモビリティサービス「mobi」を開始すると発表した。


任天堂 「ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説」を発売

任天堂 「ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説」を発売

任天堂は、往年の人気ゲーム機「ゲーム&ウォッチ」を復刻。「初代ゼルダの伝説」などのゲームを収録し、11月12日に発売すると発表した。


ひとりでも楽しめるインドア趣味のメリット

ひとりでも楽しめるインドア趣味のメリット

インドアってなんかパッとしない…。そんなイメージを持つ人は多いですが、インドアの趣味にはアウトドアにはないメリットがいくつかあります。趣味を探している人は、ここで紹介するインドアの趣味のメリットを参考にしてみてください。


仕事がきついと感じる原因5つ

仕事がきついと感じる原因5つ

仕事がきついと感じながら生活のために仕事を続けている人は多くいます。でも、きついと感じたまま放置しても良いのでしょうか?そもそもきついと感じる原因が分からない人も少なくありません。そこで今回は、仕事がきついと感じる原因を5つご紹介します。


クリスタルパズルは難しい?究極パズルの攻略方法や楽しみ方について

クリスタルパズルは難しい?究極パズルの攻略方法や楽しみ方について

クリスタルパズルは難しいという声がよく聞かれますが、パズルが好きな人なら一度はトライしたい作品になるでしょう。パズルは集中力を養い、ストレス発散や気分転換にもメリットが期待できる楽しい趣味のひとつ。最近は3Dパズルが人気で、平面世界からさらに奥が深くなり、手ごたえのある作品が作れます。そこで今回は、人気のクリスタルパズルが難しいと感じた時の対策や楽しみ方について、詳しくお伝えしましょう。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!