ドコモ・エムスリー・ソニー3社 新型コロナ対策で協業検討

ドコモ・エムスリー・ソニー3社 新型コロナ対策で協業検討

エムスリー株式会社と株式会社NTTドコモ、ソニー株式会社の3社は、新型コロナウイルス対策をはじめとする医療機関・患者向けのICTやIoTの活用において協業検討を開始すると発表した。


エムスリーとドコモ、ソニーの3社が新型コロナ対策で協業検討

エムスリー株式会社と株式会社NTTドコモ、ソニー株式会社の3社は、新型コロナウイルス対策をはじめとする医療機関・患者向けのICTやIoTの活用において協業検討を開始すると発表した。

今回発表されたのは、エムスリー、ドコモ、ソニーの3社が、医療機関や患者向けに新型コロナウイルス対策として、ICTやIoTの活用について協業検討を開始したというもの。

発表によると、現在新型コロナウイルス感染拡大の影響で、約9割の医療機関が入院患者との面会を制限しているとされており、患者は家族や友人と直接会うことが困難な状況にあるという。

また、医療現場においても、患者との接触回数の軽減を行いながらも、健康状態のモニタリングや必要な医療の提供を行う必要があり、ICTやIoTを活用した遠隔技術の導入がより一層求められているとしている。

これらを解決するため、通信事業を展開するドコモと、医療領域でのIT活用を推進してきたエムスリー、IoTやVR・ARに関する技術を有するソニーが共同で、医療領域における課題に対して、ICTやIoTを活用した協業に向け検討することに合意。

本業務検討の第一弾として、VRやARなどを活用した入院患者のバーチャル外出支援のトライアルが開始されるとのこと。

病室でVRゴーグルをかけると、周囲に360度の旅行映像が浮かび上がり、外出しているような感覚を味わえるプログラムや、ARで仮想のキャラクターとインタラクティブなコミュニケーションが取れるレクリエーションプログラムの検討を行うとしている。

さらに、感染防止のため直接家族と会うことできない状況でも、撮影した家族の映像をリアルタイムでVRゴーグルに映し出すことにより、家族と一緒にいるような感覚を味わえるバーチャル面会システムの検討も行って行くとのことだ。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、確かに入院患者との面会は実質的にできない状態になっているため、長い期間入院を余儀なくされている患者にとっては、非常に辛い時間となっているかもしれない。

これらが3社の技術によって、少しでも緩和されるのであれば、それは患者にとっては素晴らしいことで、今後も新型コロナウイルスでの面会自粛は続くと思われるだけに、是非とも展開を広げていって欲しいものだ。

ドコモ、エムスリー、ソニーの3社で、新型コロナウイルス対策をはじめとする 医療機関・患者向けのICT・IoT活用における協業検討を開始

https://corporate.m3.com/press_release/2020/20200522_001603.html

エムスリー株式会社の「ドコモ、エムスリー、ソニーの3社で、新型コロナウイルス対策をはじめとする 医療機関・患者向けのICT・IoT活用における協業検討を開始 ~第1弾としてVR・ARなどを活用した入院患者のバーチャル外出支援のトライアルを開始~」について。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連する投稿


タケショウ 新型コロナウイルス抗体検査キット発売

タケショウ 新型コロナウイルス抗体検査キット発売

タケショウ株式会社は、新型コロナウイルス抗体検査キットを1キット単位で発売すると発表した。


東京都 新規感染者107人を発表 5月2日以来の100人超

東京都 新規感染者107人を発表 5月2日以来の100人超

東京都の小池百合子知事は、7月2日の新型コロナウイルスの新規感染者数が107人となったことを発表した。新規感染者数が100人を超えるのは5月2日以来のこと。


カリフォルニア州やニューヨーク州 レストランの店内飲食を禁止

カリフォルニア州やニューヨーク州 レストランの店内飲食を禁止

米国カリフォルニア州のニューソム知事は、ロサンゼルス郡を含む19の郡に対して、レストランの店内飲食を中止するよう命じた。また、ニューヨーク州のクオモ知事も、ニューヨーク市のレストラン飲食の再開延期を発表した。


米百貨店大手のMacy’sが巨額赤字を発表

米百貨店大手のMacy’sが巨額赤字を発表

米百貨店大手のMacy'sは、同社の2020年第一四半期の決算内容を発表。これによると同社の第一四半期は、純損益が-35億8100万ドル(日本円で約3,830億円)の赤字となることが発表された。


東京ディズニーランド・ディズニシー 新しい運営方法を発表

東京ディズニーランド・ディズニシー 新しい運営方法を発表

オリエンタルランドは、同社が運営する東京ディズニーランド・ディズニーシーの新しい運営方法を発表した。


最新の投稿


シャープ ロボットを活用してAIを楽しく学べる「AI教育パック」を小学校向けに販売

シャープ ロボットを活用してAIを楽しく学べる「AI教育パック」を小学校向けに販売

シャープは、コミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した「AI教育パック」を販売すると発表しました。


続けたくなるLINEの内容はこの5つ!

続けたくなるLINEの内容はこの5つ!

続けたくなるLINEなら、楽しめそうだと思う人は多いですよね。相手にとって続けたいと思うLINEには、どのような内容があるのでしょうか。今回は相手にとって「もっとやりとりをしたい」と思わせるLINEの内容を、5つご紹介していきましょう。


LINE グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

LINE グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

LINE株式会社は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」のグループ通話の参加上限人数を、最大500名へ拡大すると発表した。


お土産を断る心理は配慮が関係している?

お土産を断る心理は配慮が関係している?

お土産を断る心理には、様々な思いが関係しています。相手に対しての配慮の可能性もありますが、他にも考えられるものがあるでしょう。今回はお土産を断る心理について、その思いを詳しく見ていきましょう。


LINEの名刺管理アプリ「myBridge」提供開始

LINEの名刺管理アプリ「myBridge」提供開始

LINE株式会社は、同社が提供する名刺管理アプリ「myBridge(マイブリッジ)」において、オンライン名刺サービスの提供を開始すると発表した。