KDDI ポイントサービスを「Pontaポイント」に統合

KDDI ポイントサービスを「Pontaポイント」に統合

KDDIは、ポイントサービスを「au WALLET ポイント」からロイヤリティ マーケティングが運営する共通ポイントサービス「Pontaポイント」へ変更すると発表しました。


KDDIは、ポイントサービスを「au WALLET ポイント」からロイヤリティ マーケティングが運営する共通ポイントサービス「Pontaポイント」へ変更すると発表しました。

この変更によって、様々な提携サービスでの商品購入などによってたまる「Pontaポイント」が、KDDI社の展開するスマホ決済サービス「au PAY」や「au PAY カード」の決済利用分とダブルでたまるようになり、さらには「au PAY アプリ」ひとつでカード提示によるポイント獲得から決済までが可能になるとしています。

ポイントがダブルでたまるPonta提携社かつau PAY加盟店 例

また、Pontaポイントの有効期限は最終利用日(最後にポイントが加算された日または最後にポイントを利用した日)から1年後の同日まで延長される仕組みになっていますが、例えば通信料金の支払いにau PAY カードを設定するなど、au PAY カードを毎月利用するようにしておけば、Pontaポイントが毎月加算され、結果的に有効期限を自動的に延長させることができるようになるとしています。

「au PAY」の会員数は2,300万超を突破しており、今回発表された「Pontaポイント」への統合によって、国内最大級の1億超の会員基盤が誕生するといいます。同社では、現在提供中のアプリとさらに拡大した会員基盤を活用して、さらなる新しい体験価値を提供していくとしています。

auのポイントは5月21日から共通ポイント「Pontaポイント」へ、国内最大級の1億超の会員基盤誕生

https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2020/05/21/4447.html

KDDIのニュースリリース auのポイントは5月21日から共通ポイント「Pontaポイント」へ、国内最大級の1億超の会員基盤誕生

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連する投稿


KDDI 就業時間の2割を他部署で行う「社内副業制度」を発表

KDDI 就業時間の2割を他部署で行う「社内副業制度」を発表

KDDIは、正社員約11,000名を対象に、就業時間の約2割を自部署以外での業務に割り当てることができる「社内副業制度」を導入すると発表した。


DeNAベイスターズとKDDI 「スマートスタジアム」構築に向けた提携強化

DeNAベイスターズとKDDI 「スマートスタジアム」構築に向けた提携強化

株式会社横浜DeNAベイスターズとKDDI株式会社は、「スマートスタジアム」の構築に向けた提携を強化すると発表した。


KDDI オンライン授業支援で50Gまでのデータチャージ料金を無償化

KDDI オンライン授業支援で50Gまでのデータチャージ料金を無償化

KDDI株式会社は、2020年4月1日から2020年4月30日までの間、25歳以下のお客さまを対象に、データ定額サービスにおける月間データ容量超過後のデータチャージ50GB分までの利用料金を無償化すると発表しました。


KDDIとソフトバンクが合弁会社設立 地方の5Gネットワーク整備で連携

KDDIとソフトバンクが合弁会社設立 地方の5Gネットワーク整備で連携

KDDI株式会社とソフトバンク株式会社は、地方における第5世代移動通信システム (以下、5G) のネットワークの早期整備を共同で推進することを目的に、合弁会社「株式会社5G JAPAN」を設立すると発表しました。


JAL KDDI提供の「au 5G」で国内航空会社で初となる5G利用開始

JAL KDDI提供の「au 5G」で国内航空会社で初となる5G利用開始

日本航空株式会社(以下、JAL)は、KDDI株式会社の提供する「au 5G」サービスを「JAL Innovation Lab」において導入し、国内航空会社で初となる5G利用を開始すると発表しました。


最新の投稿


シャープ ロボットを活用してAIを楽しく学べる「AI教育パック」を小学校向けに販売

シャープ ロボットを活用してAIを楽しく学べる「AI教育パック」を小学校向けに販売

シャープは、コミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した「AI教育パック」を販売すると発表しました。


続けたくなるLINEの内容はこの5つ!

続けたくなるLINEの内容はこの5つ!

続けたくなるLINEなら、楽しめそうだと思う人は多いですよね。相手にとって続けたいと思うLINEには、どのような内容があるのでしょうか。今回は相手にとって「もっとやりとりをしたい」と思わせるLINEの内容を、5つご紹介していきましょう。


LINE グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

LINE グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

LINE株式会社は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」のグループ通話の参加上限人数を、最大500名へ拡大すると発表した。


お土産を断る心理は配慮が関係している?

お土産を断る心理は配慮が関係している?

お土産を断る心理には、様々な思いが関係しています。相手に対しての配慮の可能性もありますが、他にも考えられるものがあるでしょう。今回はお土産を断る心理について、その思いを詳しく見ていきましょう。


LINEの名刺管理アプリ「myBridge」提供開始

LINEの名刺管理アプリ「myBridge」提供開始

LINE株式会社は、同社が提供する名刺管理アプリ「myBridge(マイブリッジ)」において、オンライン名刺サービスの提供を開始すると発表した。