「新型コロナウイルスによる転職活動への影響」調査 約90%が「影響ある」

「新型コロナウイルスによる転職活動への影響」調査 約90%が「影響ある」

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者937人を対象に、【新型コロナウイルスによる転職活動への影響】についてアンケート調査を行い、その結果を発表しました。


総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者937人を対象に、【新型コロナウイルスによる転職活動への影響】についてアンケート調査を行い、その結果を発表しました。

政府による緊急事態宣言が延長されるなど、依然として猛威をふるう新型コロナウイルスですが、それに伴う外出自粛やテレワークの広がりなどによって日常は大きく変化し、その影響は転職市場にも少なからず見られているといいます。今回は、いま転職希望者はどんな問題に直面し、どのように転職活動を行っているのかについて、全国の転職希望者(20代~40代の男女)を対象に調査を行っています。

新型コロナウイルス不況が原因で転職活動を開始した人は約15%

「今回の転職活動は‟新型コロナウイルス不況”がきっかけとなっているか」という質問では、「はい」が15.2%、「いいえ」が84.8%となっています。「はい」という回答は全体の割合で見ると少ないものの、「会社の業績悪化に伴い解雇された」など、一部では新型コロナウイルスの影響で退職せざるを得ない状況に直面したというケースがあることもわかったといいます。また「会社の存続が危ういと感じる」など、新型コロナウイルスの影響で経済的に大きな損失を被っている業界や企業に勤める人が不安を抱き、転職活動を始める動きも見受けられたとしています。

新型コロナウイルスの影響で「内定取消」や「選考中止」も発生

「新型コロナウイルス感染拡大が自身の転職活動に影響を与えていると感じるか」と聞いたところ、「はい」と回答したのは90.8%にも上りました。2020年3月上旬に行った調査での同様の質問では「はい」と回答したのは45.5%だったことから、1ヵ月半ほどで転職市場の状況がさらに大きく変わっていることがわかる結果になっています。

転職活動への影響として具体的に挙がったのは「選考の中止・延期」「選考スピードの遅延」「面接のオンライン化」などが多く、なかには「内定が取り消されたり、入社時期が見送られたりしている」「最終面接に合格し条件面談まで済んでいたが、最終的に採用凍結のため見送りと言われた」など、入社目前まで選考を進めていながら入社に至っていないケースもあったといいます。

また「面接のオンライン化」に関しては、「テレワークの合間を縫って参加しやすくなったので良かった」「自宅で面接できるため多くの企業と出会うことができた」といった肯定的な意見が挙がる一方で、「WEBカメラを持っていないため面接ができない」「タイムラグが生じスムーズに会話が成り立たない」「家の中が見えてしまうことに抵抗がある」など、個人のインターネット環境や生活環境によって格差が生じてしまうという側面も見受けられたといいます。

コロナ禍の転職活動、意欲の変化は様々

「新型コロナウイルス感染拡大が始まってから転職活動への意欲はどうなったか」と聞いたところ、「とても高くなった」(20.6%)と「やや高くなった」(27.2%)をあわせると47.8%になり、一方「やや低くなった」(38.8%)と「とても低くなった」(13.3%)をあわせると52.1%となっています。低くなったとの回答が若干多いものの意見としては割れており、新型コロナウイルスの感染拡大により不安定になりつつある雇用や景気を憂慮する人が多いことがうかがえるとしています。

外出自粛中、転職活動の準備は自己研鑽

「外出自粛中、転職活動に関わることでやっておきたいことや進めておきたいことはあるか」と質問したところ、70.0%が「ある」と回答し、多くの人が外出自粛中にも転職活動の準備を始めていることようすがみてとれる結果になっています。

具体的にどんなことするか聞いたところ、「スキルアップための学び直し」「資格取得」など外出自粛によってできた時間を自己研鑽に費やしたいとの意見や、「新型コロナウイルスの影響が続くと想定して、それでもできる仕事を探す」など、変化する環境にあった働き方や仕事を考えたいとする声も挙がっているといいます。

転職希望者は外出自粛中に「学び直し」

外出自粛中の転職希望者を対象に「転職活動を除いて自宅で主に何をしているか」聞いたところ、複数回答可で最も多かったのは「動画サイト視聴」で57.6%、そして「学び直し」が50.9%、「SNSの閲覧」が43.8%と続いています。

転職活動に関わることにおいても「学び直し」という回答は多くありましたが、転職活動に関わることでなくても外出を自粛している約半数が空いた時間を使って改めて学習を行おうと考えており、転職希望者の学習意欲の高さがうかがえる結果となっています。

今回の調査では、新型コロナウイルスの感染拡大が転職活動にも大きな影響や変化をもたらしていることがわかります。転職市場に関しては、有効求人倍率が3月には1.39倍(全国平均)の2016年9月以来の低水準となっており、全体的には以前より厳しい状況ではありますが、業界や職種によってその影響はさまざまで、現在も積極採用している企業はあるといいます。

転職希望者にとっては時間のとりやすい今だからこそコツコツと準備を進めることが重要になるとし、企業側にとっては優秀な人材を見逃さないよう、現況にあった採用方法を模索し柔軟に対応する姿勢が求められているのではないかとしています。今回の調査でも見られたように内定取消や選考中止などの事例が起きていることも事実ですが、大きく変化している転職市場において、コロナ禍に最も効率的な転職活動はどのようなものか検討していくことが重要になってくるだろうとまとめています。

調査概要

調査内容 :新型コロナウイルスによる転職活動への影響について
調査対象者:ワークポート利用者(20代~40代の男女)
有効回答 :937人
調査期間 :2020年4月21日~4月28日

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連する投稿


ハワイ 8月から観光業を再開 日本からも入国が可能に

ハワイ 8月から観光業を再開 日本からも入国が可能に

ハワイ州観光局は、8月1日から実質的に観光業を再開することを決定した。これにより、これまで入国が困難であった日本からの入国も再開することとなる。


タケショウ 新型コロナウイルス抗体検査キット発売

タケショウ 新型コロナウイルス抗体検査キット発売

タケショウ株式会社は、新型コロナウイルス抗体検査キットを1キット単位で発売すると発表した。


東京都 新規感染者107人を発表 5月2日以来の100人超

東京都 新規感染者107人を発表 5月2日以来の100人超

東京都の小池百合子知事は、7月2日の新型コロナウイルスの新規感染者数が107人となったことを発表した。新規感染者数が100人を超えるのは5月2日以来のこと。


カリフォルニア州やニューヨーク州 レストランの店内飲食を禁止

カリフォルニア州やニューヨーク州 レストランの店内飲食を禁止

米国カリフォルニア州のニューソム知事は、ロサンゼルス郡を含む19の郡に対して、レストランの店内飲食を中止するよう命じた。また、ニューヨーク州のクオモ知事も、ニューヨーク市のレストラン飲食の再開延期を発表した。


米百貨店大手のMacy’sが巨額赤字を発表

米百貨店大手のMacy’sが巨額赤字を発表

米百貨店大手のMacy'sは、同社の2020年第一四半期の決算内容を発表。これによると同社の第一四半期は、純損益が-35億8100万ドル(日本円で約3,830億円)の赤字となることが発表された。


最新の投稿


浮気を許す女性の思いについて

浮気を許す女性の思いについて

浮気を許す女性のことを、周りは愚かだと思うかもしれません。それでも浮気を許すのは、なぜなのでしょうか。男性に対してどのような気持ちがあるのかが、気になるところです。今回は浮気を許す女性の思いについて、詳しくお伝えしていきましょう。


マネーフォワード DX人材特化のキャリア支援サービス『マネーフォワード キャリア』を開始

マネーフォワード DX人材特化のキャリア支援サービス『マネーフォワード キャリア』を開始

株式会社マネーフォワードは、DX(デジタル・トランスフォーメーション)人材に特化したキャリア支援サービス『マネーフォワード キャリア』の提供を開始すると発表しました。


電話好きな人の心理に隠れた思い

電話好きな人の心理に隠れた思い

電話好きな人の心理に対して、あまり電話が好きではない人から見ると理解しにくい…と思う場合も。長電話を当然のようにする人もいますよね。もしくは1日のうちに、多くの人と電話をしてみたいと思う人もいます。どちらにしても電話好きな人の心理には、何らかの隠れた思いがあるのです。この思いについて、今回はお伝えしていきましょう。


レゴとマリオのコラボレーション 「レゴ® スーパーマリオ™」3セットが先行発売

レゴとマリオのコラボレーション 「レゴ® スーパーマリオ™」3セットが先行発売

レゴジャパン株式会社は、レゴと任天堂株式会社の人気キャラクター・スーパーマリオとのコラボ商品「レゴ スーパーマリオ」のスターターセットを含む3セットを日本にて先行発売すると発表しました。


ソニー 「FORTNITE」運営のEpic Gamesへ2.5億ドル出資

ソニー 「FORTNITE」運営のEpic Gamesへ2.5億ドル出資

ソニー株式会社は、同社の完全子会社を通じてEpic Games, Inc.に対して2.5億ドル(約268億円)の戦略的な出資を行うと発表しました。