【書評】『紙1枚!独学法 すべての知識を「20字」でまとめる』

【書評】『紙1枚!独学法 すべての知識を「20字」でまとめる』

「ビジネス書を読んだのに忘れてしまう」「セミナーに参加したが仕事に活かせない」という、努力家ビジネスパーソンの切実な悩みがあります。どうすれば彼らを救うことができるのでしょうか?今日は、そのヒントとなる「まとめかたの本」をお届けします。


著者・あらすじ

浅田すぐる

「1枚」ワークス株式会社代表取締役。愛知県名古屋市出身。トヨタ自動車(株)入社後、海外営業部門に従事。米国勤務などを経験したのち、6年目で同社のグローバル企業ウェブサイト管理業務を担当。その後、(株)グロービスへの転職を経て、独立。

あらすじ

「トヨタで学んだ『紙1枚!』にまとめる技」で有名な著者が、20字にまとめるアウトプット術を公開します。「20字インプット学習法」「アウトプット力を高めるには」「学びを仕事に活かすには」など、ビジネスパーソンに必要な「まとめる力」を伝授します。

1. なぜ「学べない」のか?

そもそも、なぜ人は学んだことを忘れてしまうのでしょうか?その理由として著者は、「学びが学びになっていない」「自分の言葉に咀嚼していない」「長すぎる物事は覚えていられない」の3つをあげます。

「学びが学びになっていない」なぜ、学びが学びにならないのかというと、現在は「学びが消費になっている時代」だからです。ネット上では、さまざまなテーマをすぐに学ぶことができます。これにより、「学び」という価値自体が、お手軽な「消費」行為となっているのです。「消費」では、文字通り、欲を満たしたらすぐに消えてしまいます。

「自分の言葉に咀嚼していない」これは、「思考整理しながら学んでいない」という意味です。著者や講師の言っていることを、そのまま鵜呑みにしているだけなので、記憶に留めることができません。キーワードを噛み砕き、自分なりに再構築し、能動的にインプットすることが重要です。

「長すぎる物事は覚えていられない」これは、学んだ内容を「短く要約していない」という意味です。短く要約すれば、「いつまでも覚えていられるレベル」にすることができるので、簡単には忘れなくなります。「一言」ではなく、「一息」と言えるレベルを目指します。このことから、忘れないための学びは「消費」という概念を払拭し、自分なりに「端的」に「自分の言葉」することでした。

2. 「20字」にまとめるには

著者は、「どんなことでも20字で言い表すことができる」と述べています。どうしたら「20字」に要約することができるのでしょうか?まずは、「制約」です。トヨタ時代では、「紙1枚に収める」「枠内に収める」「テーマから逸脱しない」ことが制約として設けられていました。これら制約によって、要約力が高められたといいます。さらに「制約」があることによって、学習で必要な「思考整理」が促されます。「思考整理」とは、情報を整理し、「考えをまとめる」ことです。

まず、取り組んでいるテーマのベースとなる情報を整理します。これらを題材に、考えをまとめます。この時、制約がないと、思考が散漫になり、いつまでもまとめることができません。「制約」があることで、「端的」にまとめることができるのです。「緑・青・赤の3色カラーペン」と「1枚の紙」を用意します。「B5ノート」を推奨していますが、なければA4コピー用紙でも構いません。

次に、著者が考案した「フレーム」に書き、「テーマ」を決めていきます。とその前に、やるべきことがあります。それが、「目的を明確にすること」です。なぜなら、端的な要約と思考整理の双方において、「目的」は重要な機能を果たすからです。目的が明確になると、それ以外の関係のないものを切り捨てることができます。まずは、目的を明確にし、フレームに書き出すことで、20字にまとめていくことができるのです。

3. 「3Qアウトプット学習法」とは?

前項では、インプットの方法をご紹介していきました。ここからは、アウトプットについてです。著者が紹介するのが「3Qアウトプット学習法」です。これは、3つの疑問に答えることで、「すぐに説明できるようになる」というものです。「3Q」とは、3つの「Q」uestionのことを指します。

これは、テーマの周辺に配置する「3つの質問文」のことで、この「3つの質問文」の各フレームには、「What?」「Why?」「How?」を網羅する問いが入ります。例えば、「セミナー受講」がテーマだったら、「Q1なぜ参加したのか?」「Q2何を学んだのか?」「Q3今後にどう活かすのか?」と3つの疑問を解消するように書くことで、思考が整理されます。この3つの疑問に答えられれば、相手に説明することができるレベルになれます。「あえて3つに絞る」という制約によって、思考整理力が磨かれるのです。

この3Qアウトプットには、ひとつ注意点があります。先ほどは、テーマが確定した状態からスタートしましたが、3つの疑問に答えてから最終的にテーマが見えてくる場合もあります。ポイントは「経緯はどうあれ、最終的に一通り埋められたらOK」ということです。テーマは確定していなくても、フレームを埋めることで、全体像が見えてくるのです。

まとめ

『紙1枚!独学法 すべての知識を「20字」でまとめる』について要約しました。著者は最後に、「チャンスを授けてくれるのは自分以外の他者」と述べています。チャンスは「人が運んでくるもの」です。いくら自己満足で学んでいても、「誰かにとって有益」とならなければ、チャンスはやってきません。学んだことを仕事に活かすのであれば、「他者貢献」で考えなければならないのです。楽しく学び、人の役に立つことが、成功に繋がるのです。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連するキーワード


書評 独学法

関連する投稿


【書評】成功に必要不可欠な「要素」を知る『「自分の名前」で勝負する方法を教えよう。効率的に成功をつかむためのヒント40』

【書評】成功に必要不可欠な「要素」を知る『「自分の名前」で勝負する方法を教えよう。効率的に成功をつかむためのヒント40』

「努力しているのに成功できない」と悩むビジネスパーソンがいます。なぜ彼らは成功できないのでしょうか?その答えはもしかしたら「チャンスを掴めていない」ことが原因かもしれません。そこで今日は、成功するために必要な「掴む力がつく本」をご紹介します。


【書評】ビジネスの根本原理を学ぶ『トレードオフ 上質をとるか、手軽をとるか』

【書評】ビジネスの根本原理を学ぶ『トレードオフ 上質をとるか、手軽をとるか』

「商品が売れない」「顧客を獲得できない」ビジネスパーソンであれば、誰もが抱える悩みです。世の中にはたくさんの方法やテクニックが語り継がれていますが、実は「本質」を知らない限り、それらは無意味なものとなります。そこで今日は、ビジネスの本質となる考え方についてまとめられた本をご紹介します。


【書評】お金持ちの実態を知り「成功法則」を手に入れる『となりの億万長者 成功を生む7つの法則』

【書評】お金持ちの実態を知り「成功法則」を手に入れる『となりの億万長者 成功を生む7つの法則』

「お金持ちになりたい」とビジネス書を読み漁るも、なぜかお金持ちにはなれません。世に存在する億万長者は一体、どうやってお金持ちになったのでしょうか?今日は、そのヒントとなる「成功者の実態」をまとめた一冊をご紹介いたします。


【書評】倍速で進化する「自分」になる『鬼速PDCA』

【書評】倍速で進化する「自分」になる『鬼速PDCA』

「努力しても結果に結びつかない」多くのビジネスパーソンが挫折してしまう原因の一つですが、これを解消するのが「PDCA」です。しかし、PDCAも使い方次第で結果は大きくことなります。そんな「PDCA」で成果の出せない人に向けてご紹介するのが「鬼速PDCA」です。「鬼速PDCA」であれば努力を100%結果に変えてしまう力があるのです。


【書評】最強のフレームワークを手に入れる『シンプルに結果を出す人の5W1H思考』

【書評】最強のフレームワークを手に入れる『シンプルに結果を出す人の5W1H思考』

「仕事を効率化したい」と願うビジネスパーソンがいます。フレームワークを駆使するも、今ひとつ成果に繋がらない。何かいい方法はないものでしょうか?実をいいますと、すでに皆さんが知っている方法で、ビジネスの生産性を上げる方法があったのです。今日は、皆さんご存知の5W1Hで生産性を上げる方法についてお届けします。


最新の投稿


距離を縮めたいけれど方法がわからない!近づくためのポイント

距離を縮めたいけれど方法がわからない!近づくためのポイント

距離を縮めたいと思った時、どのような行動に出るべきなのでしょうか。慎重にしなければならないと思い、なかなか話しかけられないことも多いもの。ですがこのままでは意中の人と近づけず、今まで以上に絆が深まることもないかもしれません。距離を縮めたいと感じた時にはいくつかのポイントを意識して、たくさんやりとりをするようにしてみましょう。


SlackとAWS ソフトウェア開発で戦略的提携を発表

SlackとAWS ソフトウェア開発で戦略的提携を発表

Slack TechnologiesとAmazon傘下のAWSは、ソフトウェア開発において戦略的提携を行うと発表しました。


ALSOK 非接触での入室制限を実現するAI体温測定顔認証端末を販売

ALSOK 非接触での入室制限を実現するAI体温測定顔認証端末を販売

ALSOKは、新型コロナウイルス感染症対策を目的としたAI体温測定顔認証端末「FACE FOUR」の販売を開始すると発表しました。


距離を感じる心理になる理由について

距離を感じる心理になる理由について

距離を感じる心理になるのは、理由があることがほとんどです。できれば距離を感じたくない相手とも「なんだか遠いな…」と寂しくなる時がありますよね。今回は距離を感じる心理になる理由について、一緒に見ていきましょう。


FUJI ROCK 今夏開催を断念し来年8月への延期を発表

FUJI ROCK 今夏開催を断念し来年8月への延期を発表

フジロック・フェスティバル事務局が、公式サイト上で、2020年8月21〜23日に予定していたFUJI ROCK FESTIVAL’20の開催を断念し、来年の8月へ延期すると発表しました。