電話が嫌いな理由と克服するためのステップ

電話が嫌いな理由と克服するためのステップ

電話が嫌いな理由は、なぜだかわかりますか。昔は手紙や電話が唯一の通信手段でしたが、最近はメッセージやSNSなど、相手と話をしなくても充分にコミュニケーションがとれるようになっています。そのためか電話をかけるのがとても負担になり、スマホの通話機能をほとんど使わない人もいるようです。次第と電話離れが進むと、必然的に電話で話すのが苦手になってしまいますよね。でも仕事や急な場面で、電話は欠かせないツール。上手に自分の気持ちを伝えるためにも、電話が嫌いな理由を知って苦手を克服してみませんか。


余計な時間がかかるから

電話が嫌いな理由は、相手とのやりとりで意外と時間がかかってしまうためです。肝心な用件だけを伝えるつもりが、世間話になりなかなか電話が終わらない場合がよくありますよね。

そもそも電話とは音声のみの通信手段なので、メッセージと比較すると時間内で伝える情報量が少ないのが特徴です。メッセージなどの文章は、ペースの早い人ならどんどんこなしていけるものの、電話は相手の話すスピードや内容のまとめ方も影響して、簡単な内容なのに時間がかかり非効率的です。

電話が嫌いな理由は時間の無駄になるためで、相手によってはメッセージのほうが上手く情報のやりとりができます。この場合は電話で簡潔に済ませるように、事前にメッセージで予告しておくのも方法のひとつ。

まただらだら会話が続きそうな場合は、最初に時間がないことを告げてから、会話を始めるとよいかもしれません。

話が続かなくて気まずい

電話が嫌いな理由は、話題が続かずシーンと気まずい沈黙が続くためです。たとえば出会ったばかりの人。恋愛関係になれそうな雰囲気でも、コミュニケーションで失敗したら熱が冷めてしまいそうですね。

メッセージなら言いたいことを事前に考えて送れますし、相手の都合でやりとりができます。しかし電話はその場勝負。緊張する相手だと尚更話題が見つからず、居心地の悪い雰囲気になってしまうでしょう。

今はSkypeなどのビデオ電話もありますが、相手が見えない通話は余計なストレスを抱えやすいシチュエーションです。そのため相手の気を悪くしないように神経を使い、言いたいことが言えない場合もあるでしょう。

内向的な性格の人は電話嫌いが多いといわれていますが、不安な場合は事前に話題を紙に書き出しておくと安心です。

時間を拘束されるのが嫌

電話が嫌いな理由は、相手の都合で時間を拘束されてしまうため。たとえば料理中に電話がかかってくると、すぐに手が離せないのでそのまま鳴らしっぱなしにするケースがありますよね。

メッセージなら手が空いた時に読めるので、迷惑になることはあまりないでしょう。電話に出るというのは、今やっている作業を中断しなければなりません。

話が長い人だと、作業が遅れる原因に。そのため電話が鳴っても出なかったり、いつも留守電にして自分の都合に合わせて対応したりする人もいるでしょう。

電話で時間を拘束されないためには、はっきりと相手に自分のシチュエーションを伝えるのが大切です。わざと忙しい時間を狙って、電話をかけてくるわけではないはずなので、相手を不快にさせないためにも正直に「今料理中だから、後でかけ直すね」と上手く対処してください。

職場での電話応対が嫌いな理由

電話は相手が見えないため、意識して会話をしないとお互いに嫌な気持ちになります。職場の電話応対は、とくに会社にも影響を与えるため、新人にとっては緊張する瞬間ですよね。

また職場が静かだと、応対している電話内容を周囲に聞かれ、後であれこれ言われるリスクもあります。電話が嫌いな理由は、このような構える環境があるからなのです。

仕事の電話対応は慣れが必要。誰からかかってくるかわからない状態は、いつも構えてしまうのは当然です。いつも決まった受け答えのスタイルを確立しておけば、緊張しやすい場面でも不安を取り除けるかもしれません。

わからない問い合わせなら、担当者にすぐ代わること。仕事の電話は件数多く対応するほど経験値も高まり、苦手意識が克服できるようになります。

人と関わるのが嫌

電話が嫌いな理由は、人との関わり自体が負担に感じるためです。とくに人見知りの人に共通する悩みで、会話に慣れていないため電話だと相手の感情がわからず、さらに怖くなってしまいます。

相手の顔やリアクションが見えないと、自分の想像力が頼りですよね。相手がリードしてくれる時は幸いですが、お互いに内向的な性格同士だとなかなか話が進みません。

人と関わるのが苦手な人は、SNSで幅広く交流するとよいでしょう。気になる人にコメントを送るなど、あらゆるタイプの人とコミュニケーションをとると、自信が湧いて電話嫌いが改善できるかもしれません。

まとめ

電話が嫌いな理由はさまざまですが、大切な人の声を聴くのは人間関係を維持するために重要です。電話の着信音が鳴るとドキッとするのは、誰でもあること。タイミングや話題などはそのたびに違うので、どのような場面でも自分を上手く表現するよう普段から意識するとよいですね。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連するキーワード


電話 嫌い 理由

関連する投稿


かけるのも取るのも苦手…電話への苦手意識を克服するには

かけるのも取るのも苦手…電話への苦手意識を克服するには

仕事で電話を取る時にいつも緊張してしまう…。日常生活で欠かせない電話ですが電話を取るのが嫌いだという人は多くいます。さらには、美容院の予約など自分から電話をかけるのが苦手だという人も多いのではないでしょうか。 ここでは、苦手な電話を克服する方法をご紹介します。


釣れない理由はなに?同じ釣り具でも釣れる人と釣れない人がいるワケ

釣れない理由はなに?同じ釣り具でも釣れる人と釣れない人がいるワケ

釣れない理由は釣り具か、それとも釣り場が悪いのか。そんな疑問を抱きながら、毎回釣りにチャレンジしている人も多いでしょう。釣りは必ず釣れるとは限りませんので、のんびりと水面を見ているだけでも癒しになるのでよいという人もいるかもしれません。でもどうせなら、釣りはたくさん釣れたほうが嬉しいですよね。釣りの不思議は、すぐ隣にいる人がどんどん釣っているのに、自分は全く成果がないこと。なぜそのような違いがあるのか、釣りの趣味を極めるために知っておきたい、釣れない理由について考えられるポイントをご説明していきましょう。


彼女が素っ気ないのはどうして?原因と対処法

彼女が素っ気ないのはどうして?原因と対処法

彼女が突然素っ気なくなった…。こう感じれば彼氏は当然不安になりますよね。 しかし、こんな状況こそきちんと乗り越えられれば、2人の関係はより深く親密になります。そこで今回は、彼女の態度が素っ気なくなる原因と対処法をご紹介します。


「イヤ」だと素直に言えるメリット!好印象な自己中になる

「イヤ」だと素直に言えるメリット!好印象な自己中になる

「嫌だ」とか「嫌い」という言葉はネガティブな言葉のうちのひとつですか。人間関係において素直に嫌なものは「嫌だ」と言える能力は時にメリットをもたらします。ここでは、嫌だと言えることでどんな良いことがあるのかをご紹介します。


電話で沈黙になる心理に隠れた思いとは

電話で沈黙になる心理に隠れた思いとは

電話で沈黙になる心理には、どのような思いが表れているのでしょうか。好きな人と通話している時、相手が突然沈黙になると、何か怒らせるようなことをしてしまったのかと不安になりますよね。緊張感が漂うこのような場面では、電話の相手の気持ちが気になるもの。今回は電話で沈黙になる心理にはどういった内容があるのか、詳しくお伝えしましょう。


最新の投稿


育ちの良い男性だな…と感じた5つの理由

育ちの良い男性だな…と感じた5つの理由

育ちの良い男性だなと、女性が男性に思う時があります。一緒にいてそう思うと、安心感を持つケースが多いでしょう。「こういう人なら、これからも一緒にいられそう」と思う女性は多いかもしれません。今回は育ちの良い男性だと女性が思う理由について、5つのものをお伝えしていきます。


セガ 設立60周年を記念して「ゲームギアミクロ」を発表

セガ 設立60周年を記念して「ゲームギアミクロ」を発表

セガは、設立60周年を記念して、30年前に同社が発売した携帯ゲーム機「ゲームギア」を小型化した「ゲームギアミクロ」を発表しました。


優しくなる心理は好きな人だから?

優しくなる心理は好きな人だから?

優しくなる心理になるのは、相手を好きなケースが多いですよね。でも相手に対して様々な思いがあるので、優しくなることもあるでしょう。どのような理由から優しくなる心理になるのか、その思いについて見ていきましょう。


日比谷線虎ノ門ヒルズ駅 6月6日に開業へ

日比谷線虎ノ門ヒルズ駅 6月6日に開業へ

UR都市機構と東京メトロは、東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」を、2020年6月6日(土)に開業すると発表しました。


横浜市 スタートアップ企業支援の一時金を交付

横浜市 スタートアップ企業支援の一時金を交付

神奈川県横浜市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、資金繰りなどに大きな影響を受ける創業間もない、IT、ライフサイエンス分野のスタートアップ企業に対して、事業継続を支えるための一時金を交付すると発表した。