「ジェンダーハラスメント」調査 約半数が勤務先が男女平等だと「感じない」

「ジェンダーハラスメント」調査 約半数が勤務先が男女平等だと「感じない」

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者300人を対象に【ジェンダーハラスメント】についてアンケート調査を行い、その結果を発表しました。


総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者300人を対象に【ジェンダーハラスメント】についてアンケート調査を行い、その結果を発表しました。

毎年3月8日は国際連合によって定められた国際女性デーです。女性の地位向上を目指した様々な働きかけが世界各地で行われますが、2019年12月に世界経済フォーラムが発表した「グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」(世界男女格差指数)で日本は153ヵ国中121位となっており、男女格差の問題が深刻な国だといえます。

また、女性の生きづらさが取り沙汰されることが多い一方で、男性の中にもジェンダーによる差別で苦しんでいる人もいます。今回は全国の転職希望者の男女(20代~40代)を対象に、ジェンダーハラスメントについての実態調査を行っています。

約半数が男女平等だと感じていない

「現在の会社(直近の会社)は男女平等であると感じるか」と聞いたところ、「とても感じる」が14.7%、「やや感じる」が36.7%であわせて51.4%となり、一方の「あまり感じない」が33.0%、「まったく感じない」が15.7%であわせて48.7%となっています。

約半数の人が自身の勤務先を男女平等だと感じている一方で、残りの半数は会社内で何らかの男女格差を感じていることがわかります。そして、男女格差を感じないと回答した人を性別で比較すると、男性では45.3%、女性では53.8%で大幅な偏りはなかったといい、男女ともに一定比率の人が格差を感じているという実態がうかがえます。

約30%が男性・女性の“らしさ”の押し付けを経験

現在の会社(直近の会社)で「男性だからこうするべき」「女性だからこうするべき」といったことを言われたり強制されたりしたことがあるかという質問では、「よくある」が11.3%、「たまにある」が19.0%となっており、約30%が男女のそれぞれの性別“らしさ”を押しつけられた経験があるという結果となっています。

具体的には「来客にお茶を出すのは管理職であっても必ず女性がすべきだと言われた」「飲み会でのお酌は女性にやってほしいと頼まれた」といった声が挙がっており、女性に対していまだに「(家事などの)雑務をする人」といった意識を持っている人が少なからず存在するといえそうです。また、女性に対しては昇給や昇進といったキャリアアップを阻害するような発言をされたという声もあり、暗黙のルールとして女性を差別する雰囲気があるとの意見も挙がっています。

一方で、男性からの回答には「深夜の残業を強制された」「重いものを持つなどの力仕事は男性の仕事だと言われた」など、重労働や残業を課されたという意見が最も多く挙がったとしています。

30%以上が女性に対するジェンダーハラスメントを目撃

女性がジェンダーによるハラスメントを受けているところを見たことがあるかという質問では、「ある」が33.7%となっています。一方で、男性がジェンダーによるハラスメントを受けているところを見たことがあるかという質問では、「ある」が19.0%でした。

女性に対するジェンダーハラスメントの方が、男性に対するジェンダーハラスメントよりも10%以上高い結果となっていますが、男性に対するジェンダーハラスメントを目撃したという人も約20%いることから、男女ともにハラスメントが実態として存在することがわかります。

女性に対するハラスメントでは、女性のキャリアを軽視するような発言をされていたり、女性に対する敬意に欠けた言動がみられたりといった以外にも、「女性が少ない職場なのでプロジェクトに登用されるが、畑違いの分野にも無理強いのように参加しなければならない人がいた」というように、女性活躍推進の取り組みによってむしろ負担を強いられるケースもあるといいます。

適材適所を考慮せず「とりあえず女性を管理職に登用」といった動きは、かえって女性のキャリアアップへのモチベーションを低下させる原因になり得るといえそうです。

職場での女性差別が問題視されるケースは多くありますが、本調査では男女ともに性別によって仕事を強制されたり制限されたりするようなジェンダーハラスメントが存在することがわかりました。

一方で、現在の会社(直近の会社)で相手に男女差別と捉えられるようなことを言ってしまったことはあるかと質問すると「ある」と回答した人はわずか7.0%だったといい、ジェンダーハラスメントの多くは、悪気なく無意識に発せられているといえるのかもしれません。

採用難の時代に男女の型にはまった体制では人材の定着は難しくなっていくと予想され、企業側はジェンダーに関わらず個人の能力や適正に応じて評価する体制をつくることが重要になります。そして、企業と働き手の双方がジェンダーによる差別をなくしていこうとする意識を持てるかが課題となってくるのではないかとまとめています。

調査概要

調査内容 :ジェンダーハラスメントについて
調査対象者:ワークポート利用している全国の転職希望者(20代~40代の男女)
有効回答 :300人
調査期間 :2020年2月10日~2月17日

MinSuku
WORKPORT
U29JOB
Recruit2021



関連する投稿


働くみんなのホンネ調査「働き手のお財布事情」約20%が貯金額ゼロ

働くみんなのホンネ調査「働き手のお財布事情」約20%が貯金額ゼロ

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者525人を対象に、【働き手のお財布事情】についてアンケート調査を行いその結果を発表しました。


ワークポート 新型コロナウイルスが働き手にもたらした影響に関する調査を実施

ワークポート 新型コロナウイルスが働き手にもたらした影響に関する調査を実施

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者407人を対象に【新型コロナウイルスの影響】についてアンケート調査を行い、その結果を発表しました。


「職場の感染症対策」アンケート 約50%が対策を実施

「職場の感染症対策」アンケート 約50%が対策を実施

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者243人を対象に【職場の感染症対策】についてアンケート調査を行い、その結果を発表しました。


働くみんなのホンネ調査 「リカレント教育」の実態とは

働くみんなのホンネ調査 「リカレント教育」の実態とは

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者307人を対象に、【リカレント教育】についてアンケート調査を行いその結果を発表しました。


働くみんなのホンネ調査 日本で働きたい韓国人材を70%以上が「歓迎」

働くみんなのホンネ調査 日本で働きたい韓国人材を70%以上が「歓迎」

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者336人を対象に、【日本人の働き手からみた韓国人材】についてアンケート調査を行い、その結果を発表しました。


最新の投稿


LINE 出前館に300億円を出資して実質子会社化

LINE 出前館に300億円を出資して実質子会社化

LINE株式会社は、日本最大級のデリバリーサービスである『出前館』を運営する株式会社出前館と資本業務提携を締結すると発表しました。


アメリカの世界遺産・人生に一度は行っておきたい名所

アメリカの世界遺産・人生に一度は行っておきたい名所

アメリカには世界遺産がいくつもあり、壮大な風景の自然遺産や文化遺産などが有名です。アメリカといえば、西海岸や東海岸の人気観光スポットがまず思い出されますが、もし行くなら世界遺産に登録されている絶景を見る旅もよいのではないでしょうか。そこでぜひ訪れたい、おすすめのアメリカの世界遺産をご紹介していきますね。日本にはないワイルドな自然や歴史を、たっぷりと満喫してきましょう。


嫉妬させる方法で男性に対して効果的なもの

嫉妬させる方法で男性に対して効果的なもの

嫉妬させる方法で男性に効果があるのは、どのようなものなのでしょうか。嫉妬させたいと思う男性に対しては、できれば上手に活用したいと思うもの。今回は男性を嫉妬させたい時に、使いたい方法についてお伝えしていきましょう。


米国の新型コロナウイルス感染者数が中国抜き最多に

米国の新型コロナウイルス感染者数が中国抜き最多に

米ホプキンス大学は、米国の新型コロナウイルスの感染者数が、中国を抜き世界最多となったことを発表した。


インドア花見が最高!神奈川で人気のオススメスポット

インドア花見が最高!神奈川で人気のオススメスポット

インドア花見ができる神奈川県の、人気スポットをご紹介します。お花見の時期は外に出るより、インドア花見で快適に春を楽しんでみようと思う人もいるはずです。春になると気分がうきうきして、混雑する可能性があったとしても花見は年間行事のひとつ。毎年同じ場所で飽きたという人にオススメの、インドア花見ができる神奈川県のスポットをご紹介しましょう。