【書評】未来を予測する“チカラ”を手に入れる『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』

【書評】未来を予測する“チカラ”を手に入れる『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』

みなさんは、「SDGs」という言葉をご存じですか?SDGsとは、「Sustainable Development Goals」の略で、「持続可能な世界の実現」のために定められた世界共通の目標のことを指します。今、世界が抱えるさまざまな問題に対し、解決をしていこうという取り組みです。実は、この大それた目標は、これから先、わたしたちの生活に深く関わってきます。そこで今日は、メディアから注目を集めているあの人物が、SDGsから未来を読み解いた本をご紹介します。


著者・あらすじ

落合陽一

メディアアーティスト。1987年生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)、博士(学際情報学)。筑波大学図書館情報メディア系准教授・デジタルネイチャー推進戦略研究基盤代表・JST CREST x Diversity プロジェクト研究代表。大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授を兼務。

あらすじ

「現代の魔法使い」と称される著者が、未来を語ります。「2030年の未来」「貧困・格差は解決できるのか」「環境問題」など、SDGsの取り組みを中心に、未来への展望を提言します。

1. 未来を考えるために必要なこと

まず、本書が作られた意図について説明します。現代は、人類文明が行き着いた混沌とした時代です。インターネットの普及によって生まれたGAFAM(Google・Amazon・Facebook・Apple・Microsoft)という巨大企業が暗躍し、資本主義が世界全体を覆い尽くす。一方で、貧富の差が拡大し、世界各国で貧困や格差が顕著となっています。

このような時代において、地球規模の新しい枠組み「SDGs」の世界的な動きに伴い、これからの10年先を見据えようと本書は誕生しました。本書はSDGsをはじめとして、2030年を考えるための必要なピースを、「地図帳」で俯瞰しながら、読者自身で考えることを目的としています。

2. 未来を考えるためには「テクノロジー」を知る

実のところ、SDGsで掲げられている17の目標の中には、テクノロジーの進歩によって解決ができる問題がいくつも含まれています。著者が注目したのは、「食料」「健康」「資源」「都市」「労働」の5つです。ここでは「食料」にスポットを当てたいと思います。SDGsでは、「2030年までに、飢餓を撲滅し、すべての人々、特に貧困層及び幼児を含む脆弱な立場にある人が、一年中安全かつ栄養のある食料を十分に得られるようにする」とあります。

現代は「フードロス」の問題が深刻化していますが、2020年にはブロックチェーンによる食品の管理が始まり、IoTデバイスやAIによる予測と最適化を連携しながら、食品の流通量を厳密にコントロールします。これにより、廃棄率を減少できると期待されます。また、「スマート農業」とよばれる、自動化や測位技術によって農業が効率化します。この技術導入によって人件費が縮小され、生産コストが低下し、目標の達成へと向かうのです。

3. 未来を考えるためには「貧困」を知る

SDGsでは、「貧困」を目標の第一に掲げています。そこには、「2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困を、あらゆる場所で終わらせる」を目標としています。

「貧困」とは、金銭的な側面だけでなく、「生活のインフラが整っているか」、さらに未来に対して「自分の能力を発揮できる環境が整っているか」も含まれます。これらを多面的に考慮し、解決していかなければなりません。

この問題を解決するには、途上国で生まれたイノベーションや製品・アイデアを先進国に導入し流通させようとする戦略「リバースイノベーション」と、1個作れば追加コストゼロでいくらでもコピーできる「限界費用のソフトウェア的アプローチ」がカギとなるといいます。まずは、貧困についての認識を一定の水準まで周知させることが優先されます。

4. 未来を考えるためには「環境」を知る

SDGsでは、「気候変動対策を国別の政策、戦略および計画に盛り込む」ことを目標としています。この環境問題に対し、著者は、「今のままの生活を続けるなら、地球は1.7個必要かもしれない」といいます。

これは、人間の活動に必要とされる「土地面積」を逆算した場合、現在の世界全体の人々の生活を支えるには、「地球が1.7個必要という計算になる」ことを意味します。先進国の多くは、自国の面積を軽く上回り、日本は場合、国土の7.1倍の面積が必要という計算になります。

例えば、「トウモロコシ」。1キロのトウモロコシを生産するには、灌漑用水として1800リットルの水が必要とされます。さらにそれを食べて育つ「牛肉」には、1キロあたり1800リットルの2万倍の水が必要とされます。著者は、現代のさまざまな物流や活動のネットワークが複雑に入り込んだ世界では、「影響のつながりの全体性を捕捉しなければ、本質を捉えられない」と警鐘を鳴らします。

まとめ

『2030年の世界地図帳』について要約しました。著者は最後にSDGsという世界規模の目標について、「個人ができること」について触れています。この大きなプロジェクトは、一見、自分には「できない」ことばかりのように見えますが、実は「できること」はあります。それが、「主体的に捉えてみる」ことです。傍観者ではなく、主体者という意識を持つことが何より重要なのです。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連するキーワード


書評 落合陽一 2030年

関連する投稿


【書評】学びの本質を知る『なんのために学ぶのか』

【書評】学びの本質を知る『なんのために学ぶのか』

誰しも一度は、「なぜ勉強しなきゃいけないの?」と、疑問を抱いたことがあると思います。社会に出て、「勉強しておけばよかった」と後悔するも、その意味まで理解できている人は、それほど多くないでしょう。そこで今日は、勉強の重要性と勉強をする意味についてまとめられた一冊をご紹介します。


【書評】文章下手を克服する『文章の問題地図 「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方』

【書評】文章下手を克服する『文章の問題地図 「で、どこから変える?」伝わらない、時間ばかりかかる書き方』

SNSなど、「書く」機会が増えた現代。「文章が書けない」と悩む人も増えています。そもそも書けない理由もわからない人が、文章術を身につけるには、何が必要なのでしょうか?その答えは「問題を俯瞰すること」にあります。そこで今日は、文章で抱える悩みを解消する一冊をご紹介します。


【書評】一歩先行く思考を手に入れる『対比思考 最もシンプルで万能な頭の使い方』

【書評】一歩先行く思考を手に入れる『対比思考 最もシンプルで万能な頭の使い方』

「考え方に幅がない」「物事を柔軟に考えられない」と悩む人がいます。たくさん本を読んでも、一向に改善されません。それはもしかしたら、思考力が低いことが原因かもしれません。そこで今日は、思考力を高めるための知識を学びましょう。


【書評】知識武装を手に入れる『叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」』

【書評】知識武装を手に入れる『叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」』

「この日本、今のままで大丈夫」と疑問を持つ人が増えています。「年金問題」「高齢化社会」「医療制度」など、問題は様々。しかしメディアを見ても、それら問題に警鐘をならす人はいません。今日はそんな隠された真実を、一刀両断する本をご紹介します。


【書評】今を知ることで見えてくる『2040年の未来予測』

【書評】今を知ることで見えてくる『2040年の未来予測』

「日本の将来が不安だ」と感じている人が増えています。だからといって、何をどうすればいいのかわかりません。この答えの最適解は「知ること」です。そこで今日は、今を見据え、将来を見通すための一冊をご紹介します。


最新の投稿


同棲のタイミングで理想的なのはこの5つ

同棲のタイミングで理想的なのはこの5つ

同棲のタイミングとしては、どの時期がベストなのでしょうか。いくつかのタイミングがある中で、できれば理想的なものを選ぶようにしたいですよね。相手とよく話し合ったうえで、二人にとっての新しい生活をスタートさせるのがベストでしょう。今回は同棲のタイミングで、理想的なものを5つお伝えしていきますね。


Zoff 接客業向けのメガネ専用立体透明マスク「Zoff 3DC MASK」を発表

Zoff 接客業向けのメガネ専用立体透明マスク「Zoff 3DC MASK」を発表

メガネブランド「Zoff(ゾフ)」を運営する株式会社インターメスティックは、透明で表情が見やすく、飛沫も防ぐメガネ専用立体透明マスク「Zoff 3DC MASK(ゾフ・スリーディーシーマスク)」を発表しました。


頻繁に模様替えする心理で人柄がわかることも!

頻繁に模様替えする心理で人柄がわかることも!

頻繁に模様替えする心理により、性格や人柄が見えてくることがあります。自分自身がこのような心理になるケースもあるでしょう。その時に自分の性格や状態について、気が付く場合もあるのです。今回は頻繁に模様替えをする心理について、詳しくお伝えしていきますね。


ソフトバンク 新料金プラン「LINEMO」を500円値下げ

ソフトバンク 新料金プラン「LINEMO」を500円値下げ

ソフトバンクは、オンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」の新キャンペーンとして、通話オプションが1年間月額500円割引になる「通話オプション割引キャンペーン」を実施すると発表した。


ホンダ 世界初の自動運転レベル3を搭載した新型車発売

ホンダ 世界初の自動運転レベル3を搭載した新型車発売

本田技研工業株式会社(ホンダ)は、市販車としては世界初となる自動運転レベル3を搭載した新型車「LEGEND(レジェンド)」を発売すると発表した。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!