【書評】私たちの人生に必要不可欠な“心と時間”について考える『心にとって時間とは何か』

【書評】私たちの人生に必要不可欠な“心と時間”について考える『心にとって時間とは何か』

みなさんは、「時間とは何か?」を考えたことはありますか?時間を表すものとして、「速度」「記憶」などがありますが、今ひとつ答えを出せない人が多いのではないでしょうか?そこで今日は、「時間とは何か?」にヒントを与えてくれる一冊をご紹介いたします。


著者・あらすじ

青山拓央

1975年生まれ。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科准教授。博士(哲学)。県立浦和高校、千葉大学文学部、日本学術振興会特別研究員、山口大学時間学研究所准教授等を経て現職。

あらすじ

哲学者が、「心と時間に関する謎」を解き明かします。「時間の流れとは」「過去を描くには」「タイムトラベル」など、「心にとっての時間とは何か」を、哲学の観点から考察します。

1. 「知覚」を知ることで“何か”がわかる

そもそも本書が作られた意図は、「心と時間に関する謎を描き出すことが目的」と著者は述べています。この大いなる目的のために、「知覚」「自由」「記憶」「自殺」「SF」「責任」「因果」「不死」という8つのサブテーマを設けています。このサブテーマをひとつひとつ解き明かしていくことで、「心にとって時間とは何か」がわかるのです。

まず、最初に取り組むべきテーマとして、「知覚」があります。時間の流れを知る上で「今」がヒントになります。「今」という言葉を発すると、心では、2つの作業を行っています。

1つ目が、「今に注意を引き戻す」ことです。これは、まさに目の前の状況が、今の現実であると自覚することです。今の現実に注意を引くことで、「今」を感じることができるのです。

2つ目が、「“今”というしおりを挟む」ことです。人は、自分の人生をどこまで生きてきたかを、はっきりとさせることはできません。この「ボンヤリ感」をはっきりさせるには、「ここまで生きてきた」という“しるし”で、人生にしおりを挟むことです。すると、どこが足場なのかはっきりすることができ、「今」を認識できるのです。

心にとって「今」を認識させるには、注意を引き戻し、「今」にしおりを挟むことで、時間を知覚することができるのです。

2. 「自由」を知ることで“何か”がわかる

「心にとって時間とは何か?」を知るには、「自由」にフォーカスします。「自由」とは、換言すると、「私はいつ決めたのか?」ということです。これは、神経科学者のベンジャミン・リベットによる実験で説明することができます。

実験の内容は、「被験者の好きなタイミングで手を動かす」というものです。脳波計での計測によると、手を動かそうと意志する0.4秒ほど前に「準備電位」という、脳活動が始まっています。普段、私たちは、自由な意志によって手を動かしていると考えられています。「手を動かすという意志」が原因で、手が動いていると考えるのですが、この実験で明らかとなったのが、手を動かそうとする意志よりも前に、脳は手を動かすための一連の作業を開始しているというのです。

この実験から何が言いたいのかというと、「手を動かそう」という「意志決定の時点」を掴もうとする場合、さまざまな比較考量を経て、「自分がある道を進みつつある」時点で、ようやく確信できるということです。

わたしたちは、喫茶店でメニューを選ぶ時、今日どんな服を着るか選ぶとき、自分が実行し始めているのを「自覚する」ことで、自分がそれを選択したことを確信しています。この「自分がある道を進みつつある」時点が、心にとって「時間」を感じる時だったのです。

3. 「記憶」を知ることで“何か”がわかる

心にとって時間とは何かを知るには、「記憶」を知ることもヒントになります。「記憶」とは、「過去の手がかり」を頼りにしたものですが、厳密に言えば、「記憶」「証拠」「理論」の3つに大別されます。「歴史上の人物」にスポットを当てた場合、その人物について「記憶」している人はいないので、「証拠」「理論」によって過去が推測されます。

一方で自分自身の経験はというと、私たちは豊富な「記憶」をもっており、そこには何の証拠も理論もなく、「記憶」だけで過去が推測されます。例えば、「今朝パンを食べた」という記憶は、「想起」によって示したものであり、そこに証拠も理論もありません。つまり「今朝」とは、過去を指示することにはならないのです。実のところ、記憶というのは、「時続きの記憶」であり、「純粋な記憶」というものは存在しません。

「今朝パンを食べた」という記憶を思い返すと、今朝とは、「今日の朝」であり、現在の時刻が午前11時であれば、「午前8時頃」であり、その後、コーヒーを飲んだ。味や見た目も思い出すこともできる。つまりこれは、その場面と場面との繋がり、つまり「時続き」の記憶によって、想起しているのに過ぎないということで、過去を指示するものではないのです。以上のことから過去を指示するのであれば、証拠と理論を切り離してはならないのです。

まとめ

『心にとって時間とは何か』について要約しました。本書は、様々なサブテーマによって成り立っています。これを踏まえると「心にとっての時間の概念」とは、「相対的」でなければ、証明、確認できないと言えます。何かと比べ、「時間」というものが顕在化されるのであれば、私たちの心もまた、何かと比べることで理解できるのではないのでしょうか。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連するキーワード


書評 時間とは

関連する投稿


【書評】今を生き抜く“力”を手に入れる『中田式ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41』

【書評】今を生き抜く“力”を手に入れる『中田式ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41』

「もっと前向きになりたい」「ネガティブな自分を脱したい」と悩む人がいます。どうしたら、ポジティブに生きることができるのでしょうか?その答えは、「メンタルを強くすること」です。そこで今日は、あの有名芸人がメンタルを強くするための「教え」を届けてくれます。


【書評】SNS時代に強くなる『伝え方が9割』

【書評】SNS時代に強くなる『伝え方が9割』

「言いたいことを伝えたい」「相手が感動する文章をつくりたい」SNSが浸透し、誰もが発言の機会を与えられた“今だからこそ”の悩み。この悩みを解消するには、「技術」です。そこで今日は、有名コピーライターが「伝える技術」についてまとめた本をご紹介します。


【書評】“リーダー”なら是が非でも知っておきたい『モチベーションを劇的に引き出す究極のメンタルコーチ術』

【書評】“リーダー”なら是が非でも知っておきたい『モチベーションを劇的に引き出す究極のメンタルコーチ術』

「部下のモチベーションを上げたい」組織を束ねるリーダーであれば、誰もが望むものです。そこで今日は、ツイッターフォロワー15万人を超える、メンタルコーチが「モチベーションを引き出す方法」についてまとめた本を紹介します。


【書評】『紙1枚!独学法 すべての知識を「20字」でまとめる』

【書評】『紙1枚!独学法 すべての知識を「20字」でまとめる』

「ビジネス書を読んだのに忘れてしまう」「セミナーに参加したが仕事に活かせない」という、努力家ビジネスパーソンの切実な悩みがあります。どうすれば彼らを救うことができるのでしょうか?今日は、そのヒントとなる「まとめかたの本」をお届けします。


【書評】『やりたいことを全部やってみる ストレスフリーな生き方を叶える方法』

【書評】『やりたいことを全部やってみる ストレスフリーな生き方を叶える方法』

「会社に行くのがツラい」「もっと自由に生きたい」そんな人生の岐路に立たされているビジネスパーソンがいます。どうしたら、現状を打開することができるのでしょうか?そのヒントとなるのが、「やりたいこと」です。今日は、やりたいことを全部やってしまった著者が、人生を楽しくする方法を伝授します。


最新の投稿


ボランティア活動は趣味になる?メリットや始める際の心構えについて

ボランティア活動は趣味になる?メリットや始める際の心構えについて

ボランティア活動をするメリットは、困っている人を助けるというだけでなく、自分の成長にも大きく関わっています。ボランティア活動に興味があるけれど、どのようにして始めればよいのか、また自分が人助けに役立てるのか、あらゆる不安や疑問を感じるでしょう。興味本位だけでボランティアを始めると、あまりにも負担が多くて途中で挫折したくなる場合もあるはずです。世界中で広がる人助けの輪。 環境保護や災害関連のボランティアなど、種類は色々とあります。そこで今回はボランティア活動をするメリットについて、詳しくご解説しましょう。趣味として続ける人がいるように、一度始めるとやりがいを感じる可能性が高いのです。


動画配信サービス『Disney+』 2020年内に日本でのサービス開始を発表

動画配信サービス『Disney+』 2020年内に日本でのサービス開始を発表

ディズニーは、動画配信サービス『Disney+』に関する情報を公開、その中で2020年内に日本でもサービス展開を開始すると発表しました。


東京都 緊急事態宣言を受けた休業要請の対象業種を発表

東京都 緊急事態宣言を受けた休業要請の対象業種を発表

東京都は、4月7日に発出された緊急事態宣言を受けて、東京都において休業を要請する対象業種を発表しました。


ドキドキする心理には恋愛が関係しているの?

ドキドキする心理には恋愛が関係しているの?

ドキドキする心理については、恋愛が関係しているケースもあります。でもそうではなくても、ドキドキする心理になりやすい場合も。今回はこの心理になる時の思いについて、詳しくお伝えしていきましょう。


VAIO ドローン事業を推進する子会社「VFR株式会社」を設立

VAIO ドローン事業を推進する子会社「VFR株式会社」を設立

VAIO株式会社は、ドローン事業を行う子会社として、VFR株式会社を設立したと発表しました。