【書評】36万部突破のベストセラーから“伝え方”を知る『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』

【書評】36万部突破のベストセラーから“伝え方”を知る『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』

「プレゼンがうまくいかない」「人前でうまく話せない」と「伝えるのが苦手」な人がいます。話し方のテクニックを学んでも、一向に成果がでない。何かいい方法はないのでしょうか?実のところ、この悩み、「1分」で話せば、すべて解決するのです。


著者・あらすじ

伊藤羊一

ヤフー株式会社 コーポレートエバンジェリスト Yahoo!アカデミア学長。株式会社ウェイウェイ代表取締役。東京大学経済学部卒。グロービス・オリジナル・MBAプログラム(GDBA)修了。

あらすじ

孫社長に認められたプレゼンの達人が、たった1分で相手を動かす「話し方」を伝授します。「なぜ1分で話すのか?」「1分で話すには」「1分で動いてもらうには」など、目からうろこの「伝え方」が網羅されています。

1. 「1分で伝える」重要性

タイトルにもある「1分で話せ」。そもそもなぜ、「1分」で話す必要があるのでしょうか?実のところ、「人は相手の話の80%は聞いていない」という事実があります。例えそれが、会議や朝礼など、「人の話を聞く場面」であったとしても、人は相手の話を聞いていません。「眠い」「退屈」「ちょっと寒い」「早く終わらないか」と、いつの間にか違うことを考えているのです。

だからこそ、「1分」で話します。1分であれば、どんな相手でも聞いてくれる可能性が高くなります。「このサービスは素晴らしいです。自分は何もしなくても自動的に更新してくれるし、言えばいつでも来てくれるし、ポイントも貯まるし、サイトも見やすいし・・・」というプレゼンと、「このサービスはすばらしいです。手間もなくて、コストも低くて、サイトも見やすいです。」というプレゼンでは、後者の方が圧倒的に話を聞いてくれる可能性が高くなるのでしょう。

では、どうしたら1分で伝えることができるのでしょうか?著者が紹介する極意が「右脳と左脳に働きかける」という方法です。ビジネスシーンにおいては、左脳に働きかける「ロジック」は確かに重要です。しかし、人は感情の生き物なのでロジックだけでは、「動いてくれない」のです。「左脳」でわかりやすく理解させ、「右脳」で感じてもらうことで、相手は動いてくれるのです。

2. 伝えるための「キホン」とは?

1分で話す極意を知る前に、押さえておきたい「キホン」があります。それが、「相手は誰」で「ゴールは何か」ということです。そもそも、何のためにプレゼンするのか?という根本原理に立ち返ると、「誰に、何をどうしてもらいたい」という構造に行き着きます。

つまり、「誰に」という相手に対し、動いてもらうことが、プレゼンの目的となるわけです。そこで、考えなければならないのが、「相手のこと」です。相手はどういう立場にいるのか?どんなことに興味があるのか?どんなことをこのプレゼンに求めているのか?など、相手をイメージしながら考えます。

次にやるべきことが「ゴールは何か?」を明確にすることです。これは、プレゼンを通して「聞き手をどういう状態に持っていくか」「どこをプレゼンのゴールとするのか」を明確にします。厳密に言えば、「聞き手が賛成にせよ、反対にせよ、何らかの意見を表明してくれればよい」「聞き手が賛成してくれたらよい」など、どこまでやればいいのかを決めます。

ここで注意しなければならないのが、プレゼンのゴールは「理解してもらう」ことではないことです。「理解してもらう」ことは前提で、理解した上で「どう動いてもらうか」がゴールなのです。プレゼンは「相手を動かしてなんぼ」ということを、心に留めておかなければなりません。

3. 「1分で話す」には?

では、実際にどうしたら「1分で話す」ことができるのでしょうか?それが、「ピラミッドで主張と結論を整理すること」です。ピラミッドとは、ロジカルシンキングで登場する「ピラミッドストラクチャー」のことを指します。ピラミッドの天辺に「主張」という結論があり、その下に複数の「根拠」が支えるという構造です。

やってしまいがちなのは、「結論」がなく、事例やデータなど、「根拠」だけが羅列した話し方です。相手は、根拠ばかり並べ立てられても、そこから何を読み取ればいいのかわかりません。「結論」が天辺にあることで、すぐに伝えることができるのです。

では、この「結論」とは、何でしょうか?著者曰く、「自分の中にあるデータや自分の外にあるデータを加工しながら、結論を導き出すこと」と述べます。知識や情報というのは、データであり、それを知ることに意味はありません。知識や情報というデータを、自分なりに予測したり、加工したりすることで、結論を導き出します。この結論こそが、もっとも言いたいことであり、相手に動いてもらうための力となるのです。「1分で話す」には、「根拠」で「結論」を支えるピラミッドを完成させる必要があったのです。

まとめ

『1分で話せ』について要約しました。著者は、最初からプレゼンの達人だったわけではありません。以前は、「君の言っていることは理解できない」と言われ、「急に説明を求められても答えられない」と散々でした。しかし、グロービスの授業で「何が大事なのか?」「どうしたら相手に伝わるのか?」を学んだことで、孫正義氏にお墨付きをもらうまでになったのです。このことから「伝え方」を知り、数をこなすことで、「伝えるのが苦手」を克服できるのです。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連するキーワード


書評 伝え方

関連する投稿


【書評】コロナ時代を生き抜く「術」を知る『これからのテレワーク 新しい時代の働き方の教科書』

【書評】コロナ時代を生き抜く「術」を知る『これからのテレワーク 新しい時代の働き方の教科書』

新型コロナウイルスの影響によって「テレワーク」を余儀なくされている人が増えています。急な対応に、唖然としている人が多いのではないでしょうか?そこで今日は、「テレワークってどうやればいいの?」と悩むビジネスパーソンに解決の糸口を提供します。


【書評】新時代の「マーケティングツール」を知る『会社のSNS担当になったらはじめに読む本』

【書評】新時代の「マーケティングツール」を知る『会社のSNS担当になったらはじめに読む本』

「SNSを導入したのに、今ひとつ成果に繋がらない」マーケティングの一環としてSNSを活用する企業が増えているといいます。しかし、成果に繋がるのはごく一部というのが現状です。どうしたら、成果に繋がるのでしょうか?そこで今日は、Webメディアの専門家からSNSマーケティング成功のコツを学びましょう。


【書評】科学的に裏付けされた目標達成術を知る『やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学』

【書評】科学的に裏付けされた目標達成術を知る『やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学』

みなさんは、「成功者」はどうやって成功したのかわかりますか?「努力に努力を重ねた」「根性で乗り切った」「運がよかった」。実のところ、これらは建前であり、成功者は緻密な戦略と戦術を練って、成功を手にしていました。そこで今日は、成功者に共通する「習慣」をまとめた一冊をご紹介します。


【書評】頭をシャキッとさせる方法を学ぶ『1分脳活 脳が10歳若返る!』

【書評】頭をシャキッとさせる方法を学ぶ『1分脳活 脳が10歳若返る!』

規則正しい生活をしているにも関わらず、「物忘れが多い」「頭が冴えない」という人が急増中です。これはもしかしたら、体の疲れというより、脳の疲れが原因かもしれません。そこで今日は、脳をシャキッとさせる技をまとめた本をご紹介します。


【書評】これからの時代に必要な「知識」を手に入れる『10年後、ニッポンの職場はどう変わる!? 同僚は外国人。』

【書評】これからの時代に必要な「知識」を手に入れる『10年後、ニッポンの職場はどう変わる!? 同僚は外国人。』

労働力不足が懸念されている日本。少子高齢化によって、今後、日本の働き手がいなくなることが明らかとなっています。労働力がなくなれば文字通り、税収もなくなり、国そのものが破綻する可能性があります。実のところ、この深刻な問題を解決するキーマンがいます。それが「外国人」です。そこで今日は、今後、労働の主力となるかもしれない、外国人との働き方について、まとめられた本をご紹介します。


最新の投稿


浮気を許す女性の思いについて

浮気を許す女性の思いについて

浮気を許す女性のことを、周りは愚かだと思うかもしれません。それでも浮気を許すのは、なぜなのでしょうか。男性に対してどのような気持ちがあるのかが、気になるところです。今回は浮気を許す女性の思いについて、詳しくお伝えしていきましょう。


マネーフォワード DX人材特化のキャリア支援サービス『マネーフォワード キャリア』を開始

マネーフォワード DX人材特化のキャリア支援サービス『マネーフォワード キャリア』を開始

株式会社マネーフォワードは、DX(デジタル・トランスフォーメーション)人材に特化したキャリア支援サービス『マネーフォワード キャリア』の提供を開始すると発表しました。


電話好きな人の心理に隠れた思い

電話好きな人の心理に隠れた思い

電話好きな人の心理に対して、あまり電話が好きではない人から見ると理解しにくい…と思う場合も。長電話を当然のようにする人もいますよね。もしくは1日のうちに、多くの人と電話をしてみたいと思う人もいます。どちらにしても電話好きな人の心理には、何らかの隠れた思いがあるのです。この思いについて、今回はお伝えしていきましょう。


レゴとマリオのコラボレーション 「レゴ® スーパーマリオ™」3セットが先行発売

レゴとマリオのコラボレーション 「レゴ® スーパーマリオ™」3セットが先行発売

レゴジャパン株式会社は、レゴと任天堂株式会社の人気キャラクター・スーパーマリオとのコラボ商品「レゴ スーパーマリオ」のスターターセットを含む3セットを日本にて先行発売すると発表しました。


ソニー 「FORTNITE」運営のEpic Gamesへ2.5億ドル出資

ソニー 「FORTNITE」運営のEpic Gamesへ2.5億ドル出資

ソニー株式会社は、同社の完全子会社を通じてEpic Games, Inc.に対して2.5億ドル(約268億円)の戦略的な出資を行うと発表しました。