WHO 新型肺炎の名前を「COVID-19」と命名

WHO 新型肺炎の名前を「COVID-19」と命名

世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスによる肺炎の名前を「COVID-19」と名付けることを発表した。


WHOが新型コロナウイルス肺炎の名前を「COVID-19」と命名

世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスによる肺炎の名前を「COVID-19」と名付けることを発表した。

今回発表されたのは、WHOが新型コロナウイルスによる肺炎の名前を「COVID-19(コビッド)」と命名したもの。

WHOによって新たに命名された「COVID-19(コビッド)」は、コロナを示す「Corona」ウイルスの「Virus」疾病の「Disease」発生年の「2019」を略したものとしており、今回の名称には発生源である武漢や中国なども文字は入らなかった。

新型コロナウイルスの感染は、中国国家衛生健康委員会の最新の発表では、中国本土の感染者数は4万3,138人、死者数は1,018人と更に拡大を続けている。さらには、感染の疑い例も他に2万1,675人いると発表されており、以前留まるところを見せていない。

感染者数と感染の疑い例を合わせた数字は6万4,813人にも上るが、実際にはその数倍の規模で感染は拡大しているという説もあるだけに、今後も予断を許せない状況だ。一刻も早く、状況が改善することを望みたい。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連する投稿


厚労省専門家「5月前半にも変異株が首都圏で主流に」

厚労省専門家「5月前半にも変異株が首都圏で主流に」

専門家などで構成される厚生労働省アドバイザリーボードは、現在関西で猛威を奮っている新型コロナの変異株「N501Y」について、5月前半にも首都圏でも主流になるとの見解を示した。


読売巨人 丸・ウィーラーなど主力選手の新型コロナ陽性を発表

読売巨人 丸・ウィーラーなど主力選手の新型コロナ陽性を発表

プロ野球 読売巨人軍は、監督や選手、コーチなどに実施したPCR検査で、丸佳浩外野手やゼラス・ウィーラー内野手など、主力4選手から陽性反応が確認されたことを発表した。


コナミスポーツクラブ 11都道府県の16店舗を閉店

コナミスポーツクラブ 11都道府県の16店舗を閉店

全国でスポーツジムを展開するコナミスポーツ株式会社は、11都道府県にある16の店舗を閉店することを発表した。


武田薬品 モデルナ製ワクチンを国内承認申請

武田薬品 モデルナ製ワクチンを国内承認申請

武田薬品は、米モデルナ社が開発した新型コロナウイルスワクチンの承認について、厚生労働省に申請したことを発表した。国内での承認申請は、ファイザー製、アストラゼネカ製に次ぐ3例目。


厚労省 接触確認アプリ「COCOA」の不具合修正を完了

厚労省 接触確認アプリ「COCOA」の不具合修正を完了

厚生労働省は、同省が配布を進めている新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」アップデートを完了し、新バージョンの配布を開始したと発表した。


最新の投稿


サポートしてくれる女性がモテる理由について

サポートしてくれる女性がモテる理由について

サポートしてくれる女性が身近にいる場合は、自然と恋愛対象になることが多いでしょう。同じ職場にサポート上手の女性がいるという例もありますが、その他にも様々なシチュエーションで出会える可能性のある存在。今回はサポートしてくれる女性の特徴と、普段からモテる理由についてお伝えしていきましょう。


パナソニック 高度な自動化を実現した配膳ロボット・システムを展開開始

パナソニック 高度な自動化を実現した配膳ロボット・システムを展開開始

パナソニックは、中国の外食大手「海底撈(かいていろう)」との合弁会社である北京瀛海智能自動化科技有限公司において、安心安全と省人化を両立する新たなおかず配膳システムを開発したと発表しました。


タクシー代をくれる男性の心理は意外と簡単!その5つのもの

タクシー代をくれる男性の心理は意外と簡単!その5つのもの

タクシー代をくれる男性の心理については、そこに愛情が関係しているのかどうかが気になる女性も。実際にはどのような思いから、タクシー代を女性に渡そうと男性は考えるのでしょうか。今回はこの心理について、5つのものをお伝えしていきます。


八芳園 結婚式のためのオンラインプラットフォーム『WE ROOM』をリリース

八芳園 結婚式のためのオンラインプラットフォーム『WE ROOM』をリリース

株式会社八芳園は、結婚式場として初めて結婚式のためのオンラインプラットフォーム『WE ROOM』を開発したと発表しました。


ジェフ・ベゾス率いる宇宙開発企業 15回目のロケット打ち上げ成功

ジェフ・ベゾス率いる宇宙開発企業 15回目のロケット打ち上げ成功

Amazon創業者のジェフ・ベゾス氏が率いる宇宙開発企業「ブルーオリジン」が、通算15回目となる「ニューシェパード・ロケット」の打ち上げ試験を実施。無事に打ち上げを成功させた。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!