自分を過大評価する認知バイアス、ダニングクルーガー効果とは?

自分を過大評価する認知バイアス、ダニングクルーガー効果とは?

仕事ができないにも関わらず自信だけは何故か満々な残念な人というのはどこにでもいるものです。ただし、決して他人事と笑っている場合ではなく、能力が低い人ほど自分の実力を過大に見積もる傾向があり、自分自身も同じ状況に陥っていないか反省する必要があります。今回は実力と自己評価の関係を示した、ダニングクルーガー効果と呼ばれる心理現象について紹介します。


ダニングクルーガー効果とは?

Getty logo

ダニングクルーガー効果とは「能力が不足している人ほど過大な自己評価を抱いてしまう」という認知バイアスの一つです。

口は達者だが仕事を与えてみたらイマイチな人、分かったつもりになり人の話を全く聞かない人など、会社や家庭でこのような人間に遭遇する機会も少なくないと思いますが、実は彼らもこの心理現象に陥っている可能性があります。

この心理現象は1999年にデビッド・ダニング氏、ジャスティン・クルーガー氏の両名の心理学者の研究により定義されました。

彼らは学生を対象に研究を行い、テストを受けてもらった後に、彼らに自分の点数はどのくらいか予想してもらうという内容です。その結果、実際のテストの点数が低い学生ほど過大に点数を見積もり、一方で好成績を出した学生は点数を過小に見積もる傾向があったのです。

つまり成績が低い学生ほど、実際よりも自分の能力を高く評価していたということが分かったのです。

ダニングクルーガー効果がもたらすデメリット

Getty logo

ダニングクルーガー効果という名前自体知らなくても、実体験として腑に落ちる部分は多いのではないでしょうか。例えば職場でも能力がイマイチな人ほど自慢話が多い一方で、本当に優秀な人ほど周囲に実力を誇示しない謙虚さを持っているはずです。

なぜこのように現実の能力と自己評価に溝が生じてしまうのかというと、能力がない人ほど正しく自分の能力や立ち位置、得意不得意を認識することができず、極めて主観的な評価をしてしまうからだとされています。

そしてダニングクルーガー効果にはまってしまうと、より能力不足に拍車がかかってしまうので注意が必要です。というのも自信過剰さゆえ失敗から学ぶ姿勢が失われてしまったり、周囲からの助言にも耳をかさなくなってしまうからです。

自分は大丈夫という根拠のない自信によって、能力の不足から抜け出し成長する努力を怠ってしまうのです。そうして自信と能力が噛み合わない、いわゆる残念な人として周りから評価されるようになってしまいます。

自信過剰な困った人にならないようにしましょう

Getty logo

能力が低い人ほど自信過剰になるのは、自分を客観視して評価を下すことができないため、現実とズレた自己評価を抱きやすいからです。

加えて、分かったつもりになることで積極的に学ぶ姿勢も無くなってしまいます。最終的には自信過剰な困った人として、周囲から煙たがられてしまうかもしれません。

もちろん、自信を持つことは大切です。重要なのは自信を持ちながらも、同時に自分の至らなさも認める謙虚さを持つことです。他人からのアドバイスにもきちんと耳を傾けるようにすれば、自己評価の一人歩きを防ぐことができますよ。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



最新の投稿


育ちの良い男性だな…と感じた5つの理由

育ちの良い男性だな…と感じた5つの理由

育ちの良い男性だなと、女性が男性に思う時があります。一緒にいてそう思うと、安心感を持つケースが多いでしょう。「こういう人なら、これからも一緒にいられそう」と思う女性は多いかもしれません。今回は育ちの良い男性だと女性が思う理由について、5つのものをお伝えしていきます。


セガ 設立60周年を記念して「ゲームギアミクロ」を発表

セガ 設立60周年を記念して「ゲームギアミクロ」を発表

セガは、設立60周年を記念して、30年前に同社が発売した携帯ゲーム機「ゲームギア」を小型化した「ゲームギアミクロ」を発表しました。


優しくなる心理は好きな人だから?

優しくなる心理は好きな人だから?

優しくなる心理になるのは、相手を好きなケースが多いですよね。でも相手に対して様々な思いがあるので、優しくなることもあるでしょう。どのような理由から優しくなる心理になるのか、その思いについて見ていきましょう。


日比谷線虎ノ門ヒルズ駅 6月6日に開業へ

日比谷線虎ノ門ヒルズ駅 6月6日に開業へ

UR都市機構と東京メトロは、東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」を、2020年6月6日(土)に開業すると発表しました。


横浜市 スタートアップ企業支援の一時金を交付

横浜市 スタートアップ企業支援の一時金を交付

神奈川県横浜市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、資金繰りなどに大きな影響を受ける創業間もない、IT、ライフサイエンス分野のスタートアップ企業に対して、事業継続を支えるための一時金を交付すると発表した。