LINEの送信取り消しする心理で恋愛感情が分かる?

LINEの送信取り消しする心理で恋愛感情が分かる?

LINEの送信取り消しする心理によって、恋愛感情が分かるケースもありますLINEの送信取り消し機能を使うのは、どのような時なのでしょうか。今回はその心理について、深く見ていきましょう。


誤字脱字が多いと感じた

LINEを送信してからチェックをしたら、誤字脱字が多いと思い慌てて送信取り消しをする人もいます。相手に送る場合に「これでは失礼かもしれない」と、感じる時もあるでしょう。チェックをしてからLINEをしようとしたら、間違えて送信をしてしまう例もあるのです。

特に普段からしっかりチェックをして送るタイプの人なら、自分のミスに対して許せない気持ちになるのでしょう。このため一度は送信をしたけれど、取り消しをしようとするのです。実際に取り消しができたとしたら、ホッとする気持ちに。

でも実際には内容が少し読めてしまったり、削除したのが分かったりするケースは多いのです。これについて、相手から連絡が来る可能性があるかもしれません。

勢いで送ってしまった

自分の思いを伝えたいと思い、つい勢いでLINEをしてしまったけれど冷静になってから自分の送った文面を見て焦ることもあります。

勢いで送ってしまうと、相手にとっては驚くような内容になってしまう場合も。相手への恋愛感情があり、これについてLINEをする時もあるでしょう。

でも落ち着いて告白をするのではなく、勢いで伝えてしまうケースもあるのです。でも後から考えて「もっと落ち着いて気持ちを伝えたい」と思うので、LINEの送信取り消しする心理になるのでしょう。

削除がきちんとできたと思うと、ホッとした気持ちになるのです。そして今後は、勢いで自分の想いを伝えないようにしようと反省をする人も。

駆け引きをしている

削除をすると、メッセージの送信を取り消したとLINEの画面に表示されます。これを見て相手が「何か伝えたいことがあったのかな…」と、想像をするケースもあるでしょう。

この想像をしている間は、相手のことを自然に考えるものです。恋愛の駆け引きとして、わざとそれをする人もいるでしょう。駆け引き上手だと自負をする人は、LINEを使った駆け引きも上手くできると思い込んでいるのです。

でも相手としては、何度も削除をしてくるのを見てイライラしてしまうかもしれません。削除についてはあまり何度もしないように、駆け引きをする際は送信削除の頻度について気を付けるようにしたいですね。

証拠を消したい

取り消しをすれば、相手に届いていないと思い込んでいる人もいます。違う人に送ってしまった場合に、その証拠を消したいと考えて送信取り消し機能を使うのでしょう。

例えば恋人がいるのに、違う異性に間違えてLINEをしてしまう場合も。こういう時には急いで送信の取り消しをしようとするでしょう。

もし読まれたら、トラブルになってしまうので避けたい気持ちがあるのです。個人に送っているつもりが、グループチャットに送ってしまう人もいますよね。

この場合もすぐに気がつけばよいのですが、そうではないとしたら皆に内容を知られてしまい呆れられたり笑われたりしてしまうでしょう。

証拠を消すのは簡単にできると過信をせずに、送るべき相手にちゃんと送るように慎重に行動をする必要があるのです。

LINEに慣れている人は、つい慎重さに欠けてしまうケースが多いでしょう。でもこれが原因となり、相手との関係が悪くなってしまうリスクもあるのです。送る前に再度確認をする習慣をつけたいですね。

質問をしてきてほしい

相手から「なぜ削除をしたの?」と質問をしてきてほしいので、わざとLINEの送信取り消しをする人もいます。

つまり相手からの連絡がほしいと思っているのでしょう。いつもこちらから連絡をするばかりなので、時には相手から連絡がほしいと思う心理も。

でもこのための方法が分からないので、それならと思いあえてLINEの送信取り消しをして連絡を待つようにしているのです。

でも相手が細かいことについて気にしないタイプなら、別に削除履歴があっても連絡をしてこないでしょう。こういう時にはこちらから「間違ってLINEをしてごめんね」と連絡をしてみるのも、ひとつの方法なのです。

すると相手は、なぜ間違えたのかそして何を伝えたかったのかを聞いてくるでしょう。この時に相手に対して「○○さんに伝えたいことがあったので…」と脈ありのような言葉を伝えると、相手との距離がかなり近くなるのです。

まとめ

LINEの送信取り消しする心理については、相手への愛情が強すぎるからでもあるでしょう。相手に対して早く自分の想いを伝えたいと思い、慌ててしまうこともあるのです。でも送信取り消し機能があるので大丈夫と思い、落ち着いて削除をする人もいるかもしれません。

ところが既読がついてしまった場合にはもう読まれてしまったわけですから、その内容についてフォローすること必要になるでしょう。LINEのやりとりが得意だと思っている人でも、送る相手を間違えたり違う内容を送ってしまったりするので、送る前の確認を意識するようにしたいですね。

関連するキーワード


LINE 送信取り消し 心理

関連する投稿


聞き返すと怒る心理になるのはせっかちだから?

聞き返すと怒る心理になるのはせっかちだから?

聞き返すと怒る心理になるのは、性格が関係している場合があります。短気な人だから怒りやすいというケースもありますよね。相手と仲良くやりとりをしていくためには、聞き返すと怒る心理について把握をしておきたいところ。今回はこの心理について、深く見ていきましょう。


LINE 新しい働き方「LINE Hybrid Working Style」を開始

LINE 新しい働き方「LINE Hybrid Working Style」を開始

LINE株式会社は、同社グループにおける新しい働き方を定めた「LINE Hybrid Working Style」の運用を開始すると発表しました。


相手に合わせる心理になりやすいのはどんなタイプ?

相手に合わせる心理になりやすいのはどんなタイプ?

相手に合わせる心理になりやすいのは、どのようなタイプの人が多いのでしょうか。自分の意見や考えがあっても、相手の希望を聞いてからはそちらを優先する人がいますよね。付き合いやすいと思われる場合も多いでしょう。でも本音はどうなのか、不安を感じさせるケースもあるのです。今回は相手に合わせる心理について、詳しくお伝えしていきますので参考にしてみてくださいね。


相手にしない心理になるのはこんな理由がある!

相手にしない心理になるのはこんな理由がある!

相手にしない心理になるのは、理由がある場合が多いです。相手としては親しくなろうとして、話しかけてくる時があるかもしれません。でもこれに対して反応をしたくないという思いを持つことも。今回は相手にしない心理について、詳しくお伝えしていきましょう。


メモを捨てない心理は几帳面だから?心理によりわかること

メモを捨てない心理は几帳面だから?心理によりわかること

メモを捨てない心理については、性格が関係している場合が多いです。自分でメモをして、それを捨てられない人もいますよね。もしくは人から受け取り、これに対して持っておこうとする場合もあるでしょう。今回はメモを捨てない心理について、詳しくお伝えしていきます。


最新の投稿


人との関わり方を見直すのは今!おうち時間が増えて見える本当に大切な人の選び方

人との関わり方を見直すのは今!おうち時間が増えて見える本当に大切な人の選び方

人との関わり方を改めて考えたことはありますか。なんとなくすれ違っていく周囲の人たち。人間関係のスタイルを考え直してみると、本当に大切な人の存在が浮かび上がってくるはずです。最近はSNSだけのつながりの知り合いも多く、昔のように電話や会って会話するコミュニケーションは減っていますよね。そしておうち時間が増え、周囲の人と距離を置く時期は、今まで見えなかったことがわかってくるでしょう。そこで今回は、人との関わり方を見直す方法についてご説明していきます。


聞き返すと怒る心理になるのはせっかちだから?

聞き返すと怒る心理になるのはせっかちだから?

聞き返すと怒る心理になるのは、性格が関係している場合があります。短気な人だから怒りやすいというケースもありますよね。相手と仲良くやりとりをしていくためには、聞き返すと怒る心理について把握をしておきたいところ。今回はこの心理について、深く見ていきましょう。


DeNA ヘルスケア事業で法研と業務提携

DeNA ヘルスケア事業で法研と業務提携

株式会社ディー・エヌ・エーの子会社であるDeSCヘルスケア株式会社は、株式会社法研とデータヘルス推進に向けて業務提携を締結したと発表しました。


女性が敬遠する!女性からモテない男の趣味5つ

女性が敬遠する!女性からモテない男の趣味5つ

女性からのモテを意識して趣味を始める男性は多いですが、実際に女性からモテにくい男の趣味はいくつかあります。では、女性からウケが悪い趣味とは何でしょうか。今回は女性からモテない趣味を5つご紹介します。


コントロールしようとする人の特徴と関わり方

コントロールしようとする人の特徴と関わり方

あれこれ言葉で言いくるめて他人をコントロールしようとする人いますよね。なかには他人にコントロールされやすい人もいます。今回は、コントロールする人の特徴とコントロールする人との関わり方をご紹介します。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!