集中力や達成感も減ってしまう、マルチタスクによる悪影響

集中力や達成感も減ってしまう、マルチタスクによる悪影響

勉強や仕事をしながらも、手元のスマホが気になってついSNSやニュースを眺めてしまう事がありますよね。その結果時間ばかりが過ぎて、本来集中するべき作業が全然捗らないという非効率的な状態に陥ってしまいます。同時並行で物事を進めるマルチタスクは、一見効率が良いように見えて、実際は集中力を分散させ生産性を落としてしまうことがわかっています。大切なのはスマホを操作しながら何かをする習慣を断ち切り、目の前の1つ1つの作業にのみ集中する事なのです。


マルチタスクは本当に効率が良いのか?

Getty logo

マルチタスクとは複数のタスクを同時並行で行う事であり、一方で1つの作業を順番に進めることをシングルタスクと呼ばれています。マルチタスクとシングルタスク、両者を比べてみると、一見してマルチタスクをする人の方が効率的な印象があります。

ただ、実際はそのイメージはステレオタイプに過ぎません。マルチタスクというのは集中力を分散させ作業効率を落とすだけでなく、時間が細切れになることで達成感が感じられなくなり、焦りやプレッシャーすら感じるようになってしまうとわかっています。

例えば2005年に行われたロンドン大学精神医学学科のチームによる研究では、メールや電話で気が散らされたビジネスマンのIQはマリファナを吸引した時の2倍ほど低下している、というデータが示されています。

仕事をいくつも抱えてそれらを同時並行で進める人は、単位時間あたりの生産性が高いかといえば決してそうではなく、むしろマイナス効果を被っているのです。

仕事はもちろん、日常生活においてもマルチタスクの弊害は存在しています。テレビをつけながら本を読む、スマホを横に置きながら勉強するという行為も、おそらく時間あたりの作業を増やして無駄を減してくれるように見えますよね。

しかし残念ながら目移りを繰り返す事で効率はむしろ悪くなり、1つずつ作業するよりも生産性を落としてしまうのです。内容も頭に入らないので、「気がついたら1日が終わっていた」という焦りの感覚だけが残ってしまうのです。

シングルタスクに切り替えましょう

Getty logo

マルチタスクというのは結局のところ、タスクの切り替えの回数が多くなる事で脳の負担を増やし、作業効率を落としてしまいます。優先するべき作業に回す分の集中力を、その他の重要度の低い作業にも割く事でいわゆるどっち付かずの状態になるので、極めて非効率的なのです。

解決策としては、仕事や生活の環境から誘惑になりそうなスマホやテレビを排除して、目の前の作業1つにのみ集中するシングルタスクに切り替える事です。

スマホが手元にあるだけで気が散るので、電源を切りバッグの中にしまっておくようにしましょう。複数の作業を並行するのではなく、1つの作業を優先順位ごとに順番に終わらせていく方が、生産性も作業スピードも上がるのです。

また、シングルタスクにより時間を有効に使えるようになるので、時間を無駄にしている焦りやプレッシャーもなくなり、仕事や生活の満足度も高くなりますよ。

マルチタスクをやめましょう

Getty logo

複数の作業を同時並行で進めるマルチタスクは、時間を有効活用している感覚だけは感じる事ができるかもしれません。ただし実際は集中力を落とし気が散っている状態になり、成果も達成感も感じられないなど、デメリットの方が大きくなってしまいます。

優秀な人はマルチタスクという幻想は捨てて、作業に優先順位をつけてそれらを順番にこなしていくシングルタスクに切り替えるようにしましょう。そうすればマルチタスクの人以上に、仕事や生活の質を高めることができますよ。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連する投稿


【書評】“集中力を高める術”を知る『ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45』

【書評】“集中力を高める術”を知る『ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45』

「仕事がたくさんあるのに、先延ばしにしてしまう」「勉強をしようと思ったらスマホゲームに夢中になってしまった」集中力がなくて悩んでいる人は多いです。集中力を高める方法が数多くありますが、なぜかうまくいかない。一体何が原因なのでしょうか?実は、これを解決するには、人間の心の基本的な「メカニズム」を知らなければなりません。そこで今日は、「集中力」の正体を明かした本をご紹介します。


マルチタスクよりも生産性を上げる シングルタスクの身につけ方

マルチタスクよりも生産性を上げる シングルタスクの身につけ方

マルチタスクというのは効率の視点から見ると常に気が散っている状態であり、IQや仕事の質を余計に落としてしまうことがわかっています。大切なのは人間の脳のリソースを分散させずに1つの作業にのみ費やす、シングルタスクを実行することです。シングルタスクを行うことでストレスや集中力の欠如を防ぎ、作業のスピードと質共に高めることができます。今回はシングルタスクの身につけ方を紹介します。


ランチ後に途切れた集中力を取り戻す、効果的な仮眠方法

ランチ後に途切れた集中力を取り戻す、効果的な仮眠方法

仕事を進めていく上で高い集中力をどれだけ維持できるかは、成果に大きく直結します。終業時間まで働き続けるためには、集中力が落ちやすい状況を把握した上で、休息や気分転換といった適切なケアをする必要があります。中でも集中力が途切れることが多い時間帯としてあげられる事が多いのが、ランチ後なのではないでしょうか。今回は集中力を取り戻せる、ランチ後のおすすめの過ごし方を紹介します。


勉強や仕事に応用できる、ツァイガルニク効果とは?

勉強や仕事に応用できる、ツァイガルニク効果とは?

やるべき勉強や仕事になかなか取りかかることができない、という場面は誰にでもあるはずです。そのような場合に利用できるテクニックとして、「ツァイガルニク効果」という心理効果があります。これは中途半端に終わらせた事柄ほど記憶に残りやすいという心理のことです。勉強や仕事においても一度に完遂しようとするのではなく、未完成の段階で休憩を挟むことで、その後の作業に戻るハードルが下がり、集中力も維持できるようになるのです。


集中力を鍛える生活習慣を身につけ効率的な仕事をしよう

集中力を鍛える生活習慣を身につけ効率的な仕事をしよう

集中力を鍛えるために、意識してやっていることはありますか。仕事や勉強が捗らない時は、脳の回転が鈍いサインかもしれません。そんな時は集中力を高めて、気分の入れ替えが必要です。毎日の生活の中で、私たちは幾度となく集中力が求められることがありますよね。とくに仕事中はミスをしないよう気を遣いながら、しかも与えられた量をこなすというタスクがあります。このようなストレスが多い仕事場。集中力を鍛えて効率的にこなしていくために、オススメの生活習慣をご紹介しましょう。


最新の投稿


告白しやすい女性だと男性から思われるタイプとは

告白しやすい女性だと男性から思われるタイプとは

告白しやすい女性だと男性から思われる女性には、いくつかの特徴があります。告白しにくい…と思われるよりも、告白しやすいと思われた方が女性としてはよい場合もありますよね。今回は告白しやすい女性だと男性から思われる女性のタイプについて、5つのものをお伝えしていきましょう。


喧嘩で黙る心理になるのはなぜ?

喧嘩で黙る心理になるのはなぜ?

喧嘩で黙る心理になる人に対して「もっと思うことを言ってほしいのに」と歯痒い気持ちになる時がありますよね。でも普段から喧嘩をすると黙るタイプの人は、男女共に案外多いもの。今回はこの心理について、詳しくお伝えしていきましょう。


トラノコ 歩くだけで投資資金が毎日もらえる歩数計アプリをリリース

トラノコ 歩くだけで投資資金が毎日もらえる歩数計アプリをリリース

TORANOTEC株式会社は、歩くだけで投資資金が毎日コツコツ貯まる歩数計アプリ「マネーステップ」の提供を開始すると発表した。


Preferred Networks プログラミング教材「Playgram」で教育事業に参入

Preferred Networks プログラミング教材「Playgram」で教育事業に参入

株式会社Preferred Networksは、深層学習などのAI技術の実用化が進むこれからの時代に世界レベルで活躍できる人材を育成する目的で、コンピュータサイエンス教育事業を立ち上げると発表しました。


GVA法律事務所 月額1.2万円のスタートアップ向けAIリーガルテックサービス開始

GVA法律事務所 月額1.2万円のスタートアップ向けAIリーガルテックサービス開始

弁護士法人GVA法律事務所と、社会保険労務士法人みらいコンサルティングは、スタートアップ企業向けに月額1.2万円の士業専門家サービス「スタートアップパック」の提供を開始すると発表した。