ランチ後に途切れた集中力を取り戻す、効果的な仮眠方法

ランチ後に途切れた集中力を取り戻す、効果的な仮眠方法

仕事を進めていく上で高い集中力をどれだけ維持できるかは、成果に大きく直結します。終業時間まで働き続けるためには、集中力が落ちやすい状況を把握した上で、休息や気分転換といった適切なケアをする必要があります。中でも集中力が途切れることが多い時間帯としてあげられる事が多いのが、ランチ後なのではないでしょうか。今回は集中力を取り戻せる、ランチ後のおすすめの過ごし方を紹介します。


ランチ後に眠くなるのはなぜ

Getty logo

ランチ後に眠気に襲われ仕事が捗らない、という経験をした人は多いでしょう。食後に眠くなるのは消化のために優先的に血液が消化器官に集まり、脳への血流が鈍くなるからだと言われています。

また人間の生体リズムの観点から見ても、深夜2時〜4時、そして午後の2時から4時の時間帯は眠気が最も強くなる時間帯です。午後2時といえばちょうどランチを終えて仕事に再び取り掛かる時間帯ですね。

加えて午前の仕事の疲れも重なりますから、このように複数の要因によって、どうしてもランチ後の時間帯は眠気が強くなってしまうのです。

この時間帯をいかに乗り切るかが、午後以降の仕事のパフォーマンスに大きく影響します。もし眠気を感じたのなら、集中力が途切れたままダラダラと作業をするのではなく、いったん休息を挟んで脳や体に溜まった疲労を解消したほうが効率よく働く事ができます。

普及しつつある昼寝の重要性

Getty logo

ランチ後など疲労や眠気を感じた時には一度作業を中断し、仮眠をとることをおすすめします。午後に短時間の昼寝を挟むことで蓄積した疲労が解消され、心身をリフレッシュさせる事ができます。

例えばスペインといった国々では“シエスタ”と呼ばれる長い昼休憩が習慣となっています。シエスタは正確には昼寝という意味ではなく、ランチや昼寝を含めた2〜3時間ほどの昼休みを指しています。

また、実は日本でも「健康づくりのための睡眠指針2014」という、厚生労働省による睡眠の推奨も2014年から行われています。このようにランチ後の昼寝の重要性は広く認知されてきているのです。

日本ではまだまだ休息をとることに罪悪感を覚える人も少なくありませんが、集中力や判断力が低下した状態で仕事を進めても、低い生産性のまま時間ばかり過ぎてしまい、非常に非効率です。

眠気を感じたのなら、睡魔と無理に戦うのではなく、オフィスや公園のベンチでも構いません、積極的に昼寝をするようにしましょう。

睡眠時間は20分〜30分がベスト

Getty logo

ランチ後に昼寝を挟む際に注意してほしいのが、睡眠時間です。必ずしも長時間眠るほど良いという訳ではなく、適切な時間としては20分〜30分の短時間が効果的とされています。20分ほどの昼寝でも十分脳は活性化され、集中力の回復が期待できます。

反対に長時間睡眠になってしまうと、体が熟睡モードに入ってしまいます。その結果、中途半端に起きることで倦怠感が出てしまい、昼寝の効果が半減してしまうのです。他にも生活リズムが崩れて夜に眠れなくなってしまう危険性もあります。

このようにランチ後でも効率的に働くためには決して長時間の昼寝は必要なく、20分という短時間にとどめておきましょう。スマホのタイマー機能を目覚ましがわりに使用する事で時間の調節もできますよ。

テクニックとして昼寝を取り入れましょう

Getty logo

昼寝といえばどこか怠けているような、ネガティブなイメージがあるかもしれません。しかし仕事の合間に効果的に昼寝を挟むことは、怠惰どころか重要なテクニックなのです。

集中力が落ちてきたと判断したら無理せずに、場所や時間を選んで昼寝をするようにしましょう。そうして脳をリフレッシュする事で、午後でも高い集中力を保ったまま働き続ける事ができますよ。

MinSuku
Partner Agent
U29JOB
WORKPORT



関連する投稿


【書評】“集中力を高める術”を知る『ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45』

【書評】“集中力を高める術”を知る『ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45』

「仕事がたくさんあるのに、先延ばしにしてしまう」「勉強をしようと思ったらスマホゲームに夢中になってしまった」集中力がなくて悩んでいる人は多いです。集中力を高める方法が数多くありますが、なぜかうまくいかない。一体何が原因なのでしょうか?実は、これを解決するには、人間の心の基本的な「メカニズム」を知らなければなりません。そこで今日は、「集中力」の正体を明かした本をご紹介します。


集中力や達成感も減ってしまう、マルチタスクによる悪影響

集中力や達成感も減ってしまう、マルチタスクによる悪影響

勉強や仕事をしながらも、手元のスマホが気になってついSNSやニュースを眺めてしまう事がありますよね。その結果時間ばかりが過ぎて、本来集中するべき作業が全然捗らないという非効率的な状態に陥ってしまいます。同時並行で物事を進めるマルチタスクは、一見効率が良いように見えて、実際は集中力を分散させ生産性を落としてしまうことがわかっています。大切なのはスマホを操作しながら何かをする習慣を断ち切り、目の前の1つ1つの作業にのみ集中する事なのです。


勉強や仕事に応用できる、ツァイガルニク効果とは?

勉強や仕事に応用できる、ツァイガルニク効果とは?

やるべき勉強や仕事になかなか取りかかることができない、という場面は誰にでもあるはずです。そのような場合に利用できるテクニックとして、「ツァイガルニク効果」という心理効果があります。これは中途半端に終わらせた事柄ほど記憶に残りやすいという心理のことです。勉強や仕事においても一度に完遂しようとするのではなく、未完成の段階で休憩を挟むことで、その後の作業に戻るハードルが下がり、集中力も維持できるようになるのです。


集中力を鍛える生活習慣を身につけ効率的な仕事をしよう

集中力を鍛える生活習慣を身につけ効率的な仕事をしよう

集中力を鍛えるために、意識してやっていることはありますか。仕事や勉強が捗らない時は、脳の回転が鈍いサインかもしれません。そんな時は集中力を高めて、気分の入れ替えが必要です。毎日の生活の中で、私たちは幾度となく集中力が求められることがありますよね。とくに仕事中はミスをしないよう気を遣いながら、しかも与えられた量をこなすというタスクがあります。このようなストレスが多い仕事場。集中力を鍛えて効率的にこなしていくために、オススメの生活習慣をご紹介しましょう。


集中力を持続させるための5つのワザ

集中力を持続させるための5つのワザ

集中力を持続させたいのに、続かなくて悩んでしまいます。仕事や勉強など、プレッシャーをかけても集中力が持続しない時は、どのような対策をとっているでしょうか。


最新の投稿


JR東日本スタートアップ Suicaでビルの入退館を管理する実証実験を開始

JR東日本スタートアップ Suicaでビルの入退館を管理する実証実験を開始

JR東日本スタートアップ株式会社と、「Akerun」などクラウド型IoTサービスを手がける株式会社Photosynthは、Suicaを活用した新たなスマートビル入退館システムの実証実験を開始すると発表しました。


おうち時間でもアウトドア精神を忘れない!人気のアウトドアチェアのオススメ

おうち時間でもアウトドア精神を忘れない!人気のアウトドアチェアのオススメ

おうち時間がいつまでも続くと、アウトドアライフが恋しくなりませんか。刺激的なレジャーの人気が高まる中、手軽に自宅で気分転換したいという人も増えているようです。アウトドア関連の商品の売り上げはどんどん増加し、キャンプアイテム市場は拡大傾向にあります。ソーシャルディスタンスを確保しやすいアウトドアですが、今密かにブームになっているのが、おうち時間のアウトドア。そこで今回は、人気沸騰中のアウトドアチェアのオススメをご紹介していきましょう。


モゲチェック「住宅ローンの審査に通る確率」を判定する機能を追加

モゲチェック「住宅ローンの審査に通る確率」を判定する機能を追加

オンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」を運営する株式会社MFSは、同社が運営する「モゲチェック」に各金融機関の住宅ローン審査に通る確率を推定する機能を追加すると発表した。


苦手な上司とうまく付き合っていくには

苦手な上司とうまく付き合っていくには

上司の事が苦手…。どうやって付き合っていけばいいか分からない。このような職場の悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、苦手な上司と上手く付き合うためのコツを4つご紹介します。


左側パラダイスの法則ってなに?深層心理に隠された面白い人間の行動!

左側パラダイスの法則ってなに?深層心理に隠された面白い人間の行動!

左側パラダイスの法則という言葉を聞いたことはありますか。普段私たちが無意識に行う行動には法則があるといわれ、「左側」にはとても興味深い意味が隠されているようです。右手や左手、右側や左側など、あらゆる場面に左右の違いがありますよね。左と右という二つの選択肢。そこから左側を選ぶのは人間の本能や心理が関係しているという、気になるお話をご紹介していきましょう。