告白のセリフで男性に気持ちが伝わりやすいものは?

告白のセリフで男性に気持ちが伝わりやすいものは?

告白のセリフを考えるなら、出来るだけ男性に気持ちが伝わるセリフを考えて告白をしたいですよね。 告白で自分の好感度を上げることが出来れば、告白の成功率が上がっていきますし、男心をくすぐるセリフを考えられれば尚の事良いでしょう。


今回は告白のセリフで男性に気持ちが伝わりやすいものについて、5つのセリフをご紹介していきます。
今告白を考えているという人は、これから紹介していく告白のセリフを参考にして告白への準備を整えていきましょう。

「好きです」

告白のセリフで王道なものと言えば、ストレートなセリフですね。告白はシンプルなほうが成功率は高いとも言われているので、告白のセリフで悩んだら「好きです、付き合ってください」というありきたりなセリフでも問題ありません。
告白のセリフを考えると凝っているものを考えがちになってしまいますが、最も避けたいのは長いセリフを考えて告白の緊張感で言えなくなることや、遠回し過ぎて相手が告白だと気づかないパターンです。特に男性は鈍感な人も多いので、ストレートに気持ちを伝える告白のほうが効果的なのです。

「あなたじゃなきゃダメなの」

告白のセリフで男性が一度は言われてみたいと思っている人が多いのが、「あなたじゃなきゃダメなの」というセリフです。
確かに逆の立場になって考えてみても、あなたじゃなきゃダメ、と言われると自分を求められている感じがして、ドキっとしますよね。
特に男性は庇護欲が駆られる女性に惹かれる傾向にあるため、求められたり頼られたりするとその女性を意識してしまうものなのです。
中には自信がなさすぎるあまり、告白をしても信用できない男性がいます。そういった男性にはあなたじゃなきゃダメ、と告白をしたほうが気持ちは伝わるので、男性の性格を踏まえた上で考えると良いでしょう。

「ずっと好きでした」

告白のセリフで思わず男性がドキっとしてしまうのが「ずっと好きでした」というような、長い片思いを感じさせるセリフです。男性の多くは健気で一途な女性が好きなのが、ずっとというようなセリフを告白に取り入れてみると効果的です。
実際片思いが長い場合は、告白のセリフにずっと取り入れてみたほうが、告白の雰囲気やその時の表情から、告白の真剣さが相手に伝わりやすいのでオススメでもあります。
もちろん男性をドキっとさせるために片思い期間関係なく使っても効果的なセリフではありますが、実際に長い片思いをしている場合はセリフも重みを醸し出せるので、必ず告白のセリフに取り入れたいと言えるでしょう。

「好きになっちゃダメかな…?」

告白のセリフの中には、男性が思わず妄想してしまうセリフもあります。そんな憧れのセリフで告白をすれば、確実に告白の成功率を上げることが出来るので、取り入れていきましょう。
そこでオススメしたいのが、「好きになっちゃダメかな…?」というような、まるでドラマや漫画でありそうな告白のセリフです。
ベタだなと思うかもしれませんが、こういったベタなシチュエーションや告白のセリフが男心をくすぐるもの。またこの告白のセリフは、「好きになられたらどうなるのだろう」「自分のことが本当に好きなのかな…」と男性を翻弄していくセリフになります。
困った感じで言えば、悩むほど好きになってしまったという気持ちも伝えられるのが、この告白のセリフのポイントですね。

「○○なところに惹かれちゃいました」

告白のセリフで、より相手に自分の気持ちを伝えたいのであれば「○○なところに惹かれちゃいました」というような、好きになった理由を感じさせるセリフがオススメです。
男性は褒められたい傾向があるので、好きになった理由や相手の良いところを取り入れたセリフで告白をすれば、男性のテンションを上げると同時に「この女性は自分のことをよくわかってくれる」という考えを刺激されるでしょう。
そして彼女にしたいという気持ちをくすぐることが出来るのです。また、この告白のセリフは恋愛経験が少ない男性に効果的なセリフでもあるでしょう。
自信がない男性は、褒めてくれる相手や自分を見てくれる相手に惹かれる傾向にあるので、告白相手がそういったタイプの男性の場合には、具体的な理由をあげて告白をしましょう。

まとめ

告白のセリフについて紹介をしてきました。告白のセリフで大切なのは、自分の気持ちを相手に伝えることと、相手に自分を必要とさせることなのです。
男性は自分よりも弱い、と思える相手に庇護欲がくすぐられ、守ってあげたいという気持ちになっていきます。告白のセリフは、自分の気持ちを伝えること、「この女性の側にいてあげたい」という気持ちを刺激することが出来れば、告白の成功率を上げられるでしょう。
今回紹介した告白のセリフを参考にして、告白を間近に控えている人は男心をくすぐるような魅力的な告白をして、成功させるようにしたいですね。

MinSuku
WORKPORT
U29JOB
Recruit2021



関連するキーワード


告白 セリフ

関連する投稿


LINEで告白する心理になるのはどんな時?

LINEで告白する心理になるのはどんな時?

LINEで告白する心理になるのは、どんな時が多いのでしょうか。以前から「告白をLINEでしよう」と決めていた人もいれば、突然LINEでの告白を思いつくケースも。今回はLINEで告白する心理になる時について、詳しく見ていきましょう。


ラインで告白は失敗する?成功率を上げる方法

ラインで告白は失敗する?成功率を上げる方法

好きな人の告白と言えば、どういった手段を選びますか?直接気持ちを伝える人もいれば、今では恋愛に役立つラインを活用する人も多くいます。でも、ラインで告白すると成功率が下がりそうで不安ですよね。ここでは、おすすめの告白の仕方からラインでの告白の成功率を上げる方法をご紹介します。


バレンタインデーに告白!上手に告白する方法はコレ!

バレンタインデーに告白!上手に告白する方法はコレ!

バレンタインデーに告白をしたい!と思うからには、成功をしたい気持ちが強いですよね。今回は、バレンタインデーに上手に告白をする方法についてお伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。


告白・プロポーズしたい!されたい!「じゃらんイルミネーションスポット人気ランキング」発表

告白・プロポーズしたい!されたい!「じゃらんイルミネーションスポット人気ランキング」発表

株式会社リクルートライフスタイルが企画・編集する旅行情報誌「じゃらん」は、関東在住の20代30代の男女約1,000人を対象に「イルミネーション」についてアンケートを実施。「じゃらんイルミネーションスポット人気ランキング」として発表した。


告白の仕方でサプライズのものとは

告白の仕方でサプライズのものとは

好きな人に告白をサプライズしたい時、どんなシチュエーションがいいのか悩みますよね。最高のタイミングで気持ちを伝えて、相手をドキドキさせたいもの。好きな人の心に想いを届けるには、幸せな瞬間になる演出を慎重に選びたいところです。いろいろな告白の仕方がありますが、今回はサプライズで喜ばれるものを考えていきましょう。


最新の投稿


社交的になる方法とは?付き合いが面倒な人必見の改善技について

社交的になる方法とは?付き合いが面倒な人必見の改善技について

社交的になる方法で、もっと人間関係を豊かに変えてみませんか。友人を増やしたいけれど切り出し方がわからない、初対面の人と上手く話せないといった悩みは、多くの人が抱いているでしょう。社交的になると周囲に与える印象がよくなり、相手から近づいてきてくれるのでとても効率的な人付き合いができるかもしれません。では社交的になる方法をマスターして、人との付き合い方を改善するコツをご紹介しますね。


2020年2月28日「占い師 あいら」の星座占い

2020年2月28日「占い師 あいら」の星座占い

毎日のあなたの占いを占い師歴30年の「占い師 あいら」が西洋占星術にて診断。今日のあなたの運勢を占います。


頭皮マッサージはブラシで!頭からリフレッシュする方法

頭皮マッサージはブラシで!頭からリフレッシュする方法

頭皮マッサージは、サロンや専門店に行かないとできないこと。自分でやってもあまり快適でなく、なんとなく気分がすっきりとしないという人もいるでしょう。髪のことは気になるけれど、頭部まできちんとケアしない人も多いはず。しかし頭皮にはリンパが流れている可能性があるため、マッサージするとあらゆるメリットが期待できる部分です。リフレッシュのためにも、今日から頭皮マッサージをブラシで始めてみませんか。


シチリア島観光のオススメ絶景スポット・絶対に外せないところ

シチリア島観光のオススメ絶景スポット・絶対に外せないところ

シチリア島の観光は、新婚旅行や学生旅行などで人気があります。地中海最大の島であるシチリア島は、3000年も昔から海を渡り、色々な国からたくさんの人がやってきました。そのためシチリア島には豊かな伝統や文化があり、魅力が各地で反映されています。ヨーロッパ旅行といえば、フランスやイギリスなどが定番ですが、映画の撮影場所としても選ばれる美しいシチリア島。観光のオススメ絶景スポットを、詳しくご紹介していきましょう。


「ジェンダーハラスメント」調査 約半数が勤務先が男女平等だと「感じない」

「ジェンダーハラスメント」調査 約半数が勤務先が男女平等だと「感じない」

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国の転職希望者300人を対象に【ジェンダーハラスメント】についてアンケート調査を行い、その結果を発表しました。