ジムに行きたくない時に出来る5つのこと

ジムに行きたくない時に出来る5つのこと

ジムに行きたくない…。嫌でも行けば楽しいはずなのに、ジムに通いたくないと思う日に、定期的に通っていたジムを休むのは考えてしまいます。ここまで作り上げた筋肉が、落ちてしまいそうで不安になるもの。


ジムに通っている人の中には、気分が乗らなくて休みがちになる人もいれば、無理やりモチベーションを上げて通う人もいて、どうしたらいいのか判断が揺らいでしまいますよね。
今出来ることが見えなくなると、心も体も急に弱くなっていく場合も。今回はジムに行きたくない時に、出来ることを5つお伝えしていきましょう。

目標を立て直そう

ジムに行きたくない時は、目標の立て直しの時期です。目標が明確にあるのに、達成できない時期が長くなってしまうとモチベーションも下がったまま。どうしてジムに通い始めたのかを思い出すと、見失いかけた目標が見えてくるでしょう。
目標に届かず挫折しそうな場合は、現実味のある小さな目標からスタートしませんか。一つ一つを確実に達成していくと、自信がやる気に変わりモチベーションも復活します。
目標は高い方がやりがいもありますが、高すぎるとやる気が続かないことも。自分に合った身近な目標から、再スタートする気分で始めていきましょう。

新しいメニューに挑戦

ジムに行きたくないのは、今のトレーニングが合わない可能性を考えましょう。無理をし過ぎて体が疲れてしまっているのか、ただつまらないメニューの繰り返しだからなのかを、もう一度考えてみる時間も必要に。
トレーニングのメニュー次第で、もっと楽しく取り組めるのがジムの良いところです。困った時はトレーナーに、今のトレーニング内容に自分の意見も取り入れて一緒に見直してもらいましょう。
まだチャレンジしていない器具を使って、違う箇所の筋トレを行うと新鮮味も加わります。いろいろなコースを体験していくと、自分に合ったコースも見つけられて、新たなモチベーションで取り組めるきっかけに繋げていけるでしょう。

後悔している自分を想像しよう

ジムに行きたくない時は、行かない時の自分を想像しましょう。行きたくないからと休んでしまった後の、罪悪感があるようなスッキリしない気分は後悔の表れ。やっぱり行っておけばよかったと、大きなため息ばかりをついてしまいます。
行かなかった代償は、体脂肪の増加や体重の増加に繋がることも。自宅で筋トレをしていても、ジムの器具を使って行うメニューとは違い、体に掛かる負荷も少ないものになってしまうでしょう。
同じ時間を掛けても、自宅とジムでのカロリー消費の量は大きく差がでます。どちらが効率の良いトレーニングが出来るのかを考えた上で、自分の胸の内に問い掛けてみましょう。濃い時間を集中的に過ごせる、ジムに行く方が有意義かもしれません。

ジムでの楽しみを増やす

ジムに行きたくないと思い始めた時は、楽しみ方の視点を変えてみると新鮮です。器具に向き合ってトレーニングをしている日々に疲れてしまうと、向き合うことから目をそむけたくなりますね。トレーニング後の入浴タイムやサウナを楽しみにすると、トレーニングにもやる気が出てきます。
ジムに行きたくないと思うよりも、トレーニング後の入浴やサウナを存分に満喫しようと気持ちを切り替えると、ジムでの過ごし方が変わって楽しみも増えるでしょう。
館内のプールでひと泳ぎして休憩ルームでホッと一息つく幸せも、体を動かした後だから味わえる感覚に。ジムの施設内を堪能すると、リラックスできるところがいくつもあって、毎日通いたい気分になります。
ストイックに自分を追い込み過ぎてしまったという時は、心も体もリフレッシュして次のトレーニングに活かしましょう。

深く考えずに体を動かそう

ジムに行きたくない理由が見つからない時、行く直前まで休んでしまうか悩んでしまいます。面倒だという気持ちが頭の中をよぎってしまうのであれば、とりあえずジムに向かいましょう。
行くとなんとかなるのが、いつもの習慣です。行きたくないと思っていたのに、ジムに行くと体が勝手に動いてしまう自分に気付くでしょう。
体を鍛えることは、楽しいだけではなく嫌だと思う時は誰でもありますよね。モチベーションが上がらなくても、ロッカールームで着替えているうちに、いつもの感覚が蘇ってくるもの。無心になって体を動かすと、帰る頃には元気になっているでしょう。

まとめ

どうしてもジムに行きたくないと心と体が拒否している時は、無理をしないで休む選択も有りでしょう。仕事やプライベートで疲れていると、筋肉を鍛える余裕がなくなってしまうもの。心が行きたくないと叫んでいる時は、休憩を求めている場合もあるでしょう。
しかし、モチベーションを保つことは大変です。栄養バランスの整った食事と体を休ませるための睡眠をしっかりとって、日々のリズムを崩さないように心掛けたいですね。
ジムに行っても体がスッキリしないと感じた時は、いつもより短い時間内で切り上げてしまいましょう。根気がいるジム通いですが、少しでも楽しくモチベーションをあげるように、以上のような工夫をしてみることをお勧めします。

MinSuku
Partner Agent
U29JOB



関連するキーワード


ジム 行きたくない

関連する投稿


個別入会せずに様々なフィットネス施設を利用できる「GYYM」が正式ローンチ

個別入会せずに様々なフィットネス施設を利用できる「GYYM」が正式ローンチ

個別の入会金や月会費等の固定費用を支払うことなく、様々なフィットネス施設の予約・利用が可能な「1 TICKET FITNESS(ワン・チケット・フィットネス」を展開するGYYM株式会社は、WEBサービス「GYYM」を正式ローンチすると発表しました。


デートに行きたくない心理になる時の気持ちについて

デートに行きたくない心理になる時の気持ちについて

デートに行きたくない心理になるのは、様々な気持ちが関係していることが多いです。デートに行きたい思いが少しあっても、行きたくない思いの方が勝ってしまう時も。今回はデートに行きたくない心理になる時の気持ちを、5つお伝えしていきましょう。


ジムを趣味にするために知っておきたい大切なこと

ジムを趣味にするために知っておきたい大切なこと

ジム通いを趣味にしている人はいますか。今までこれといって趣味と呼べるものがなく、仕方ないのでジム通いを始めたら、意外と楽しくて夢中になっている人も多いでしょう。健康維持は、趣味として楽しみながら続けるのが理想的です。ジム通いはダイエットなどの目的意識を持ち、強制的に始めるケースも多いですよね。そのため気づくと嫌々通うようになり、月額料金が無駄になっているということも。そこでジムを趣味にするために知っておきたい、大切なポイントについてご説明していきましょう。ジム通いが楽しくなるのは、心構えが必要なのです。


ジムを解約するときの理由と注意したいトラブル

ジムを解約するときの理由と注意したいトラブル

ジムの解約をしなければならない時、まずは会員規約を読んで失敗しないように準備が必要です。ジムは入会した時はやる気があっても、時間が経過すると共に通えない理由が色々と出てくるもの。健康ブームで、ジムに通う人が増えている今の時代、解約に関するトラブルも増えているようです。嫌な気持ちにならずに手続きができるよう、ジムの解約で注意したいポイントについてご紹介しましょう。


ボクシングジム選び!初心者が続けやすいのはこんなところ!

ボクシングジム選び!初心者が続けやすいのはこんなところ!

ボクシングジムは、初心者には高いハードルに感じるかもしれませんが、最近はダイエットとしてボクシングを気軽に始める人も増えています。激しい過酷なトレーニングで、筋肉質なボディに。そんなイメージを抱くボクシングですが、ビギナーが楽しく続けるためには、ボクシングジムの選び方が重要なポイントになります。普段運動不足で何をすればよいかわからない人や、体型をすっきりと改造したい人など、ボクシングを始めるきっかけは色々です。そこで早速ですが、ボクシングジムの初心者向けの選び方ポイントについて、詳しくご説明していきましょう。


最新の投稿


略奪したくなる女性に共通する特徴

略奪したくなる女性に共通する特徴

略奪したくなる女性には、男性から見て共通する特徴がある可能性があります。「この女性なら略奪できるかもしれない」と思わせる女性は、どのようなタイプなのでしょうか。今回は男性にとって略奪したくなる女性の特徴について、共通するものを5つお伝えしていきましょう。


待ち合わせ場所で分かる心理について

待ち合わせ場所で分かる心理について

待ち合わせ場所で分かる心理については、どのようなものがあるのでしょうか。どこを待ち合わせ場所として選ぶのかにより、その人の心理が分かることが多いのです。今回は待ち合わせ場所で分かる心理について、5つのものをお伝えしていきましょう。


NASA 月の表面で水を発見したと発表

NASA 月の表面で水を発見したと発表

米航空宇宙局(NASA)は、太陽光のあたる月面で水を確認したと発表した。太陽光のあたる場所での水の確認は初のこと。


初対面でも直ぐに打ち解けられる人がやっていること

初対面でも直ぐに打ち解けられる人がやっていること

初対面から直ぐに打ち解けられればビジネスなど色んな場面で活躍することができます。どうしたら誰とでも直ぐに打ち解けられるようになるのでしょうか。今回は初対面で直ぐに打ち解けられる人がやっている秘訣をご紹介します。


KDDIとソフトバンク 携帯電話の新料金プランを発表

KDDIとソフトバンク 携帯電話の新料金プランを発表

KDDIとソフトバンクは、両社ともに月額5,000円を切る、携帯電話の新料金プランを発表した。