テスラ、電気トラックの価格を公表

テスラ、電気トラックの価格を公表

米国テスラは、同社が開発をした完全電気セミトラック「Tesla Semi」の発売予定価格を発表。同社のWEBサイトを通じて予約申し込みを開始した。


発売予定価格は15万ドル〜

米国テスラは、同社が開発をした完全電気セミトラック「Tesla Semi」の発売予定価格を発表。同社のWEBサイトを通じて予約申し込みを開始した。

今回発表されたのは、同社が開発を行っている完全電気セミトラック「Tesla Semi」について。2つのバージョンが用意され、一回の充電で走れる走行距離に違いがあり、走行距離が約480kmのモデルで15万ドル(日本円で約1,700万円)、走行距離がより長い約800kmのモデルで18万ドル(日本円で約2,050万円)。

発売予定価格の発表とともに、公式ウェブサイト上で予約申込みが開始されており、通常のテスラのシリーズと同様に予約金が必要となり、同モデルの場合2万ドルの申込金が要求される。

完全電気トラックに自動運転技術も搭載

同トラックは、同社のCEOイーロン・マスク氏が「大きな夢の一つ」と語っていたもので、これまで2019年までに製造を開始すると断言してきた。

完全に電気での走行を可能とし、かつ走行距離を800km以上も走ることができる。従来トラックは環境問題で常に問題視されてきたが、こうした問題を解決するものとして注目されている。

運転席には15インチのモニターが2台設置され、それぞれに走行状態や使用時間、トラックのボディに取り付けられたカメラ映像などを確認することができる。

さらには、テスラならではの安全運転技術「エンハンスト オートパイロット」が搭載されており、同一車線上の自動運転を、数々のセンサーやカメラなどの組み合わせにより実現されている。

同社では、従来のディーゼルトラックに比べて、燃料や維持費などが大幅に削減することができるとしており、従来のトラックよりも経費が確実に削減できると自信のコメントをしている。

日本国内では、まだ発表されているわけではないが、イーロン・マスクの夢であった完全電気トラックが世界中で走り出すのは、そんなに遠いことでは無さそうだ。

Semi | Tesla

https://www.tesla.com/semi/

Tesla designs and manufactures the Model S electric sedan and the Model X electric SUV, and is taking reservations for Model 3, a premium EV starting at $35,000. Tesla also produces a line of commercial and residential battery products.

MinSuku
WORKPORT
U29JOB



関連する投稿


米テスラの時価総額がVWを抜き自動車業界の第2位に躍進

米テスラの時価総額がVWを抜き自動車業界の第2位に躍進

米電気自動車メーカー大手のテスラの時価総額が1050億ドル(日本円で約11兆5100億円)となり、独フォルクスワーゲンを抜き、自動車メーカーとして第2に躍進をした。


テスラ、エントリーモデルのEVセダン「モデル3」を日本で発売

テスラ、エントリーモデルのEVセダン「モデル3」を日本で発売

テスラジャパンは、同社のエントリーモデルのEVセダン「モデル3」を日本で発売することを発表した。


テスラ、8四半期ぶりに最終黒字に転換

テスラ、8四半期ぶりに最終黒字に転換

米電気自動車メーカーのテスラは、2018年7月〜9月期決算を発表し、同社の最終利益が3億1,151万ドル(日本円で約358億円)の黒字となったことを発表した。


テスラ、株式非公開化について特別委員会を設置

テスラ、株式非公開化について特別委員会を設置

米電気自動車メーカーのテスラは、同社の最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏が先週表明した株式非公開化を検討するため、3人の独立取締役で構成する特別委員会を設置したことを明らかにした。


イーロン・マスク氏、テスラ非公開化についてサウジファンドとの関係を公表

イーロン・マスク氏、テスラ非公開化についてサウジファンドとの関係を公表

米電気自動車メーカーであるテスラのイーロン・マスクCEOは、先週公表した同社の株式非公開化について、サウジアラビアの政府系ファンドとの関わりがきっかけであることを公表した。


最新の投稿


シャープ ロボットを活用してAIを楽しく学べる「AI教育パック」を小学校向けに販売

シャープ ロボットを活用してAIを楽しく学べる「AI教育パック」を小学校向けに販売

シャープは、コミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した「AI教育パック」を販売すると発表しました。


続けたくなるLINEの内容はこの5つ!

続けたくなるLINEの内容はこの5つ!

続けたくなるLINEなら、楽しめそうだと思う人は多いですよね。相手にとって続けたいと思うLINEには、どのような内容があるのでしょうか。今回は相手にとって「もっとやりとりをしたい」と思わせるLINEの内容を、5つご紹介していきましょう。


LINE グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

LINE グループ通話の参加上限人数を500名へ拡大

LINE株式会社は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」のグループ通話の参加上限人数を、最大500名へ拡大すると発表した。


お土産を断る心理は配慮が関係している?

お土産を断る心理は配慮が関係している?

お土産を断る心理には、様々な思いが関係しています。相手に対しての配慮の可能性もありますが、他にも考えられるものがあるでしょう。今回はお土産を断る心理について、その思いを詳しく見ていきましょう。


LINEの名刺管理アプリ「myBridge」提供開始

LINEの名刺管理アプリ「myBridge」提供開始

LINE株式会社は、同社が提供する名刺管理アプリ「myBridge(マイブリッジ)」において、オンライン名刺サービスの提供を開始すると発表した。