目立ちたがりになる心理が謎…接しやすくなるには

目立ちたがりになる心理が謎…接しやすくなるには

目立ちたがりの心理について、当てはまる可能性が高いといえるものをいくつか見ていきましょう。自己中心的な性格が原因のケースもありますが、目立ちたがりの人は心の奥でどのようなことを考えているのでしょうか。目立ちたがりの心理が働く人は周囲が思っている以上に、常に意味深長な気持ちで過ごしているかもしれません。


注目されたい

目立ちたがりになる心理がなぜ働くのかというと、まず考えつくのが注目されたいという思いですよね。目立つことにより得られるメリットや、自分へもたらされる幸福を考えての行動なのでしょう。他人の存在を押しのけてでも、周囲に注目されたいと思う目立ちたがりの人も。目立とうとする気持ちは悪いものではありませんが、過度になってしまっては考えものですよね。

「自分は注目される資格がある」とでも思っているかのように、いつも行動を起こしている場合もあります。これは勘の鋭い人からすれば、丸わかりかもしれません。「注目されたいがために目立とうとしている」「自分勝手な人なのだろうな…」と思われ、悪目立ちをしてしまう可能性もあるでしょう。こういう特性の人なのだと割り切りながら、穏やかに接する広い心が必要ですね。

よい印象を与えたい

自分が目立つように上手く場を動かすのは、勇気や労力が必要となります。それを惜しまずして目立ちたがりの心理を働かせるのは、周囲によい印象を与えたい思いがあるためでしょう。親しい人同士で集まる場なら、目立ちたがりの心理が働いても不思議には感じません。周囲を楽しませたい思いがあるのでしょう。

しかし合コンなど、初対面の人と顔を合わせる場では、目立ちたがりの心理はうっとうしがられる可能性があります。初対面の相手に好感を持たれ、今後良好な関係を築いていきたいと考えているはず。自分が得をするために目立とうとしているのですが、逆効果となっているかもしれません。こういった場合にはさりげなく指摘して、「とにかく目立てばよいわけではない」と気づいてもらいましょう。

反応が見たい

目立ちたがりの態度は第三者に対してではなく、こちらに向かってしてくるのが何よりも困るものです。驚かせたり奇抜な行動をしたりすれば、相手から興味深い反応が得られることは間違いありませんよね。確かに好感を抱いている相手なら、自分にしか見せない姿でいてほしいと感じるもの。好かれたい相手だからこそ、目立ちたがりの対応をするのです。

しかしそこで期待した反応がなければ、目立ちたがりの心理の人はがっかりしてしまうのでしょう。今後も積極的にコミュニケーションをとっていきたいような人でなければ、相手の思惑に従う必要はないかもしれません。しかし、がっかりされたくないと感じる大切な人であれば、相手の望む対応をしてあげるようにしましょう。大げさなくらいのリアクションをして、刺激的な関係でいられるとよいですね。

存在を覚えていてほしい

目立ちたがりになる心理は、相手に存在を覚えていてほしいので働くケースがあります。「忘れずにいてほしい」という思いが、自然と態度にも表れているのでしょう。これはなんらかの理由があり、相手の心に自分の存在を焼きつけたい思いがあるから。場面や状況によっては、そういった気遣いが必要とされます。

特にビジネスでは、目立つことで自分の存在を覚えてもらいやすくなります。相手の中で顔と名前が一致すれば、とても有利になりそうですよね。「あの人は目立ちたがりだな」と周囲に見受けられているとは、全く思ってもみないはず。実際社会で生きていこうと思い、努力を欠かさないタイプです。このケースの目立ちたがりの心理は、深い意味があってのことだといえるでしょう。その人なりのコミュニケーションのとり方だと捉えつつ、敬うくらいの気持ちも時には必要なのです。

かまってほしい

溌剌としていて付き合いやすいと感じたり、相手に合わせなければならなくて苦痛だと思ったり。目立ちたがりの心理が働く人については、考え方や受け取り方は様々です。目立ちたがりの人の意図や目的によっても、捉え方が異なってくるでしょう。

中でも目立ちたがりの心理から連想できそうで浮かんでこないのが、「かまってほしい」という本音。目立ちたがりの心理は実は寂しがりの人も多く、目立つことによりかまってほしいと考えているのでしょう。つまり目立ちたがりになるのは決して本望でなく、できることなら苦労せずして人にかまわれたいと思っています。まずは目立ちたがりの心理を上手く汲みとり、お互いが快適でいられる交友関係を結びましょう。

まとめ

目立ちたがりの心理の深層部分について、あり得るものをお伝えしてきました。周囲からの評価に怯えがちな人や社交的でない人は、目立ちたがりの傾向が少ないと言えるでしょう。しかし目立ちたがりの心理は、多少なりとも誰もが持っているもの。決して他人ごととは思わずに、慎重な付き合い方をしていくことが大切です。目立ちたがりの心理が働く人を冷静に客観視しながら、「人の振り見て我が振り直せ」を意識してみてください。

MinSuku
Partner Agent
U29JOB



関連するキーワード


目立ちたがり 心理

関連する投稿


ロック画面を彼女の写真にする心理について

ロック画面を彼女の写真にする心理について

ロック画面を彼女の写真にする心理については、女性としても気になるところですよね。男性はどのような考えで、そうしているのでしょうか。今回はロック画面を彼女の写真にする心理について、詳しく見ていきましょう。


集合写真で分かる心理とはどういうもの?

集合写真で分かる心理とはどういうもの?

集合写真の心理には、本人すら把握していないような深層部分が表れている場合があります。何気なくポジションを選んだり、ポーズをとったりするものですが、自分の本質的なところや性格が表現されるケースも多いのです。今回は集合写真でわかる心理を、立ち位置やポーズごとにお伝えしていきましょう。


食欲を抑える心理で分かる気持ちについて

食欲を抑える心理で分かる気持ちについて

食欲を抑える心理で、現在の気持ちが分かる可能性があります。自分自身が食欲を抑えたいと、ふと思う時もありますよね。一緒に食事に行った友達が「食欲を抑えたい」と、言ってくるケースもあるでしょう。今回は食欲を抑える心理で分かる気持ちについて、5つのものをお伝えしていきます。


女性から電話する心理にはどんな思いがある?

女性から電話する心理にはどんな思いがある?

女性から電話をする心理には、どのような思いが関係しているのでしょうか。男性からの電話を、普段は待つようにしている女性もいますよね。そういう女性でも、突然男性に電話をしたくなることがあるのです。今回はこの時の思いについて、詳しく見ていきましょう。


興味ないと言う心理の本音について探る!

興味ないと言う心理の本音について探る!

興味ないと言う心理には、実は本音が違う可能性があります。興味がないと言っているので仕方がないと諦めずに、相手の心の中をもう少し探るようにしてみるとよいかもしれません。今回は興味ないと言う心理を探って、その本音について知っていきましょう。


最新の投稿


サイバーエージェント 中学生・高校生を対象としたオンライン企業訪問プログラムを開始

サイバーエージェント 中学生・高校生を対象としたオンライン企業訪問プログラムを開始

サイバーエージェントは、全国の中学生・高校生を対象としたオンラインによる企業訪問プログラムの受付を開始すると発表しました。


気まずくなりたくない…上司や先輩からの誘いをうまく断る方法

気まずくなりたくない…上司や先輩からの誘いをうまく断る方法

断る理由はないけど先輩や上司からの誘いを断りたい時ありますよね。でも、後で気まずくなるのが嫌で断れないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、先輩や上司からの誘いを断る時のポイントをご紹介します。


デート後のLINEで押さえておきたい5つのこと

デート後のLINEで押さえておきたい5つのこと

デート後のLINEにより、次のデートをしたいと思うかそう思わないかも変わってくるものです。もう一度会いたい思いがあるのなら、デート後のLINEについては押さえておきたい内容があるので知っておきましょう。今回は5つことについてお伝えしていきますね。


田村淳氏発案の遺書動画サービス「ITAKOTO」リリース

田村淳氏発案の遺書動画サービス「ITAKOTO」リリース

株式会社itakotoは、遺書動画サービス「ITAKOTO」の提供を開始すると発表しました。


ロック画面を彼女の写真にする心理について

ロック画面を彼女の写真にする心理について

ロック画面を彼女の写真にする心理については、女性としても気になるところですよね。男性はどのような考えで、そうしているのでしょうか。今回はロック画面を彼女の写真にする心理について、詳しく見ていきましょう。