東芝、7000人の人員削減を発表。

東芝、7000人の人員削減を発表。

東芝は、中期経営計画の発表において、今後5年間でグループ全体の5%にあたる7,000人の人員削減を発表した。このほかLNG事業からの撤退や、原発事業などからも撤退する。


中期経営計画で7,000人の人員削減を発表

東芝は、中期経営計画の発表において、今後5年間でグループ全体の5%にあたる7,000人の人員削減を発表した。このほかLNG事業からの撤退や、原発事業などからも撤退する。

今回明らかになったのは、同社の中期経営計画の発表において、今後5年間で約7,000人の人員削減を行うというもの。定年退職者のほかに、東芝エネルギーシステムズと東芝デジタルソリューションズにおいて早期退職優遇制度を実施し、1,060人の早期退職者を募るとしている。

また、米国の液化天然ガス(LNG)事業や、英国の原子力発電所の新規建設事業からなども撤退をする計画で、LNG事業は約17億円で売却するとしている。具体的な売却先は明らかにされていない。

これらの削減を行ったうえで、成長に向けた投資も行うとしており、今後5年間で約8,100億円の設備投資と、約9,300億円の研究開発投資を計画。成長が見込まれる事業に注力することで、収益性を高めるとした。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連する投稿


英投資ファンドCVCが東芝に買収提案

英投資ファンドCVCが東芝に買収提案

英投資ファンドのCVCキャピタルパートナーズなどが、東芝に対して買収提案することが明らかになった。報道各紙が一斉に報じているもの。


KIOXIA 東証への上場延期を正式発表

KIOXIA 東証への上場延期を正式発表

東芝から独立した半導体大手のキオクシアホールディングス(KIOXIA)は、10月6日に予定していた東京証券取引所への上場を、正式に延期すると発表した。


東芝 新型コロナ対策として国内全拠点を5/6まで休業

東芝 新型コロナ対策として国内全拠点を5/6まで休業

株式会社東芝は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、支社、支店、営業所、工場等を含む同社グループの国内拠点において、5月6日まで休業にすると発表した。


東芝が決算発表。純利益は1兆円超

東芝が決算発表。純利益は1兆円超

株式会社東芝は、同社の2018年度第1四半期の決算を発表した。これによると売上高は8,423億円。当期純利益は1兆167億円となった。


シャープが東芝のパソコン部門を買収

シャープが東芝のパソコン部門を買収

家電大手のシャープが、東芝のパソコン事業分野を買収する方針を固めた。買収総額は50億円前後の模様で、撤退していたパソコン事業分野へ再度挑戦する。


最新の投稿


自分は運がいいと思う人の特徴・ツイている人が習慣的にやっていること

自分は運がいいと思う人の特徴・ツイている人が習慣的にやっていること

自分は運がいいと思う人は周囲にいませんか。いつも満たされて幸福そうな人を見ると、自分もそうなりたいと感じますよね。「運」とは、自分の努力や意志ではどうにもならない巡り合わせとされていますが、世の中には立て続けに宝くじが当たったり、欲しいものが手に入ったりする人がいますよね。俗に言う「ツイている人」には、運がないとがっかりしている人がやらないような習慣があるのです。


負けても悔しくない心理には心の広さが関係している?

負けても悔しくない心理には心の広さが関係している?

負けても悔しくない心理が働くのは、どのような内容が影響を与えているのでしょうか。心が広いようにも見えますが、実際のところはより深い意味がある可能性も。今回は負けても悔しくない心理について、そこに潜んだものと対処法をお伝えしましょう。


民間宇宙開発企業のPDエアロスペースが3.9億円の資金調達実施

民間宇宙開発企業のPDエアロスペースが3.9億円の資金調達実施

日本国内の民間宇宙開発企業であるPDエアロスペース株式会社は、第三者割当増資により総額3.9億円の資金調達を実施したことを発表した。


品格は言葉から!上品な言葉遣いを身に付けるためのポイント

品格は言葉から!上品な言葉遣いを身に付けるためのポイント

品格はその人の身なりや仕草だけでなく、言葉遣いからも表れます。大人は品があって知的な言葉遣いできるように心掛けたいところですね。そこで今回は、上品な言葉遣いを身に付けるためのポイントを4つご紹介します。


世界ブランドランキング発表 1位はアマゾン、2位にアップル

世界ブランドランキング発表 1位はアマゾン、2位にアップル

英調査会社のカンターは、同社が毎年公表している世界ブランドランキング「Brand Z」を発表。これによると今年の世界ブランドランキングの1位には、昨年に続きアマゾンが選出された。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!