こんなはずじゃなかった?新卒社員が陥りがちな大企業幻想とは。

こんなはずじゃなかった?新卒社員が陥りがちな大企業幻想とは。

厳しい就職活動を勝ち抜き、晴れて企業への内定を勝ち取った学生たち。しかし、「就活勝ち組」の彼らでも、実際には3年以内に3割の新卒社員がやめているのが実情です。名前を聞くと誰もが羨むような大企業に入社した学生でさえ、すぐにやめてしまうのです。その背景には、大企業に過度な期待を持っているという背景があるのかもしれません。


大企業の良いイメージばかり先行していませんか?

新卒社員が苦労して大企業に入社したのにも関わらず、3割の人が3年以内にやめてしまっています。1年以内やめている社員も少なからずおり、彼らに共通しているのは「こんなはずじゃなかった」という、大企業という会社のイメージと現実とのギャップに苦痛を感じているということです。

学生時代には誰もが名前を知る大企業に入社さえすれば、人生は安泰、社会の最前線でバリバリ働けるというイメージを強く持っていた学生ほど、入社早々に躓いてしまうことが多いようです。

企業ブランド信仰が根強い日本の学生

日本では毎年、学生に人気の企業ランキングが発表されるほど、会社のブランドイメージを重視する傾向があります。

崩れてきたとはいえ、終身雇用や年功序列といった制度があり、一度入社したら長年にわたり働くことが多い日本企業。そのため、海外のように、ある職業を遂行するために入社する就「職」ではなく、その会社に入るために入社するという就「社」に近くなります。

就「社」の傾向が強い日本では、自分がどんな仕事をしたいかというよりも、どの会社に入りたいかという基準で会社を選ぶことが多く、それが企業ブランドを重視する現代の学生に繋がっているのでしょう。

つまり、自分の適正に合う会社ではなく、親や友人に自慢できるような有名な大企業を選んでしまうのです。ただ、いくらブランドがある大企業といっても、華やかに見えるのは就活生向けのパンフレットや説明会の中だけで、入社後に華やかな社会人生活を送ることができるのかといえば、必ずしもそうではありません。

大企業でも、すぐに活躍できるわけではありません

入社して間もない、経験も実力もない新人に、大きな仕事を任せられるということはまずありません。会社の花形の仕事は、ベテラン社員に任せられることがほとんどで、新人はせいぜいそのアシスタントか、多くは雑用からのスタートです。

そもそも新卒採用の趣旨は、即戦力の確保ではなく、会社への先行投資、つまり将来の幹部候補となる人材を確保し、社内で時間をかけて育成することにあります。そのため、経験を積ませながら徐々に重要度の高い仕事を任せられるのであって、学生がイメージするような会社の花形の仕事をするためには、数年から十数年という時間がかかるのです。

そして、入社したらすぐに期待していた仕事に就いて活躍できるとイメージしていた学生は、地味な雑用ばかりさせられる現状に幻滅し、会社から去ってしまうのです。

大企業で活躍するためには数年は我慢することが大切です

大企業では入社後は雑用から始まり、数年かけて徐々に仕事を任されるようになります。

大企業に入ったからといってすぐに、説明会で紹介されたような華やかな仕事ができるというわけではなく、その間には長い下積み期間があるのです。

こんなはずじゃなかったと会社を早々に退職する新入社員がいる一方で、雑用でも投げ出さず、数年かけてコツコツと経験を積んだ社員には、しばらくすると期待していた仕事も任されるようになります。

大企業という名前に過度な幻想を抱くのでなく、華やかな仕事の裏にある雑用もきちんとこなす新入社員になりましょう。そうすることで、時間はかかるかもしれませんが、本来のやりたかった仕事もできるようになるはずですよ。

WORKPORT
Partner Agent
MinSuku
U29JOB



関連する投稿


社会人になって目標が見つからない原因

社会人になって目標が見つからない原因

やりたい事もないし、なりたい自分もない…。このように、社会人になって目標を見失ってしまう事は多いです。では、どうして目標が見つからなくなってしまうのでしょうか。ここでは目標が見つからない原因をご紹介します。


伸び代無しと判断されてしまう、不評を買う新入社員の振る舞いとは?

伸び代無しと判断されてしまう、不評を買う新入社員の振る舞いとは?

新入社員として念願の会社に入ったものの、入社後に周囲から不評を買ってしまい、早々に躓いてしまう人もいます。もしかすると、新入社員らしからぬ態度をとってしまったことが原因かもしれません。誤った振る舞いにより同僚から伸び代無しと判断されてしまえば、仕事や成長のチャンスを逃してしまいます。今回は周囲からの評判を悪くしかねない、新入社員のNGな振る舞いについて紹介します。


やる気と将来性を示すこと!新入社員が職場での第一印象を上げる方法

やる気と将来性を示すこと!新入社員が職場での第一印象を上げる方法

新入社員として入社した職場、何が一番心配かと言われれば、やはり人間関係なのではないでしょうか。仕事を進めていく上で人間関係は避けて通ることはできない以上、早い段階で信頼を得ておきたいですね。特に第一印象は良くも悪くもその人の評価でかなりのウェイトを占める部分ですから注意が必要です。今回は職場での第一印象を良くするために新入社員が実践したいテクニックを紹介します。


早く職場に馴染むために、新入社員が活用したいきっかけとは?

早く職場に馴染むために、新入社員が活用したいきっかけとは?

新入社員にとって、入社したばかりの頃は右も左も知らない大人ばかり。ただでさえ社会人生活のスタートで緊張しているのに、ゼロからまた人間関係を作っていかなければいけないのはかなりの不安の種なのではないでしょうか。職場の人たちと早く馴染むためには、仕事や飲み会といった社内のイベントを利用するのがおすすめです。今回は新入社員が職場で馴染むために活用したい。会社でのきっかけとなる出来事を紹介します。


早期離職を防ぐために!新入社員が離職する理由と対策とは?

早期離職を防ぐために!新入社員が離職する理由と対策とは?

4月は新入社員が会社に入社してくる季節です。初々しい新入社員が入ってくるのをみると、自分もついに先輩になったのだと実感することもできますね。しかし、新入社員が入社数日でやめてしまったというニュースを聞くことがあります。そのため、そのような事態を防ぐために、正しい新入社員への接し方について紹介します。


最新の投稿


WILLER 月額5000円の定額制で乗り放題となるシェアサービス開始

WILLER 月額5000円の定額制で乗り放題となるシェアサービス開始

WILLER株式会社は、月額定額料金で家族みんな乗り放題になるAIシェアリングモビリティサービス「mobi」を開始すると発表した。


任天堂 「ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説」を発売

任天堂 「ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説」を発売

任天堂は、往年の人気ゲーム機「ゲーム&ウォッチ」を復刻。「初代ゼルダの伝説」などのゲームを収録し、11月12日に発売すると発表した。


ひとりでも楽しめるインドア趣味のメリット

ひとりでも楽しめるインドア趣味のメリット

インドアってなんかパッとしない…。そんなイメージを持つ人は多いですが、インドアの趣味にはアウトドアにはないメリットがいくつかあります。趣味を探している人は、ここで紹介するインドアの趣味のメリットを参考にしてみてください。


仕事がきついと感じる原因5つ

仕事がきついと感じる原因5つ

仕事がきついと感じながら生活のために仕事を続けている人は多くいます。でも、きついと感じたまま放置しても良いのでしょうか?そもそもきついと感じる原因が分からない人も少なくありません。そこで今回は、仕事がきついと感じる原因を5つご紹介します。


クリスタルパズルは難しい?究極パズルの攻略方法や楽しみ方について

クリスタルパズルは難しい?究極パズルの攻略方法や楽しみ方について

クリスタルパズルは難しいという声がよく聞かれますが、パズルが好きな人なら一度はトライしたい作品になるでしょう。パズルは集中力を養い、ストレス発散や気分転換にもメリットが期待できる楽しい趣味のひとつ。最近は3Dパズルが人気で、平面世界からさらに奥が深くなり、手ごたえのある作品が作れます。そこで今回は、人気のクリスタルパズルが難しいと感じた時の対策や楽しみ方について、詳しくお伝えしましょう。


転職&お仕事コラム
転職お役立ち情報や転職ノウハウなどをお届け!