望月 奈那

Mochizuki Nana
Live in my own way
私の生き方・働き方

「私らしく」いられる生き方がしたい

元々は現場でキャリアコンシェルジュとして業務をこなしていましたが、職業柄どうしても帰宅が遅くなってしまうときがあったり、目標を達成しなきゃというプレッシャーから体調を崩してしまったことをきっかけに一般職へ働き方を変更しました。

当初は一般職の募集枠がなかったため、キャリアコンシェルジュとして仕事を続けるか、退職するかでとても悩んでいました。ですが、上司に退職の相談をした後に社内で一般職の枠を作ってくださったので、退職せずに会社に残ることができました。

一般職になってからは、勤務時間が非常に安定しているので毎日無理なく働くことができています。それに以前よりも、限られた時間で効率よく業務をこなさなければという意識が非常に強くなったことも良かったです。退社後は家事をしたり飼っている猫の世話をしたり、余裕があるときは資格の勉強などをして過ごして、休日は家でのんびりしたり、友人と遊びに行くことが多く、以前よりもすごく生活が安定して気持ちが楽になりました。

仕事って、生きていく上では絶対に避けられないものなので、そこに全身全霊を込めてバリバリ頑張るのもすごく素敵だと思いますが、私は、とにかく仕事を頑張るってことよりも、私自身が一番私らしくいられる生活をしたいという思いがあったので、そんな思いを尊重してくれたワークポートにはすごく感謝しています。それに、一般職になったからといって仕事の幅を制限されることもなく、「もっとこうしたほうがいい」「こんな風にしたい」という前向きな意見や思いにはきちんと目を向けてチャレンジする機会を与えてくれることもすごく嬉しいです。だから今はそんなワークポートに少しでも恩返しできるように、私ができることをできる範囲で、精一杯頑張ろうって思いながら毎日を過ごしています。

この会社で働きたい!