Ishiguro Ryosuke
  • 2017年新卒入社
  • 管理系スペシャリストユニット
  • キャリアコンシェルジュ
  • 石黒 良介

転職に関する希望条件のヒアリングや求人の紹介、その他面接日程の調整や入社条件の交渉など、お客様の転職活動をトータルサポートする。主に経理や総務など、バックオフィス系職種の分野が専門。

わたしの仕事の歓び
Pleasure

ゴールを設定したらどんな状況であっても“絶対に達成する”というマインドで仕事に取り組んでいます。やるからにはいつでも「1位を目指す!1番以外はすべて最下位!」というくらいとことん自分自身を追い込んでいるので、結果が出せたときの歓びは格別です。一度全社で1位の成績を取ったことがありましたが、そのときは同じ部署のメンバー全員から称賛してもらえてモチベーションがぐっと上がりました。他人のことでもしっかりと称賛し合える雰囲気のよさもワークポートならではの特長です!

また、求職者様の転職をサポートする転職コンシェルジュという立場ですので、自身の成果が上がれば上がるほど、求職者に新たなステージを提案できているということになります。人の人生に関われるという幸福感もこの仕事に就いているからこそ味わえるものだと思っています。

わたしの人生の選択肢
Choice

ワークポートに入社していろいろな考え方に触れ、新しいことにチャレンジさせてもらうようになり、これまで以上にコミットメントの意識が強まりました。どんな環境や条件であっても、仕事は完遂するのが当たり前。「やれるか、やれないか」という質問にはいつでも「やります!」と即答できる自分でいたいと思っています。

今はまず社内で圧倒的な実績を残すことを目標に突き進んでいきたいと思います。現在の役員陣の過去の実績を聞くとありえない実績をたたき出している人ばかりなんですよね。自分も伝説を残していけるような働きをしたいなと、密かな野望を抱いています。そうすることで、この先のキャリアの選択肢や人生の選択肢が増えていくのではないかと思っています。

メッセージ
Message

新卒でワークポートに入れた人はラッキーだと思います。僕自身の経験ですが、結果を出していれば入社2年目からでもマネジメントを任せてもらえるなど、新卒に対してチャンスを与えてくれるシーンが非常に多い会社だと感じています。また、役員との距離が近いため、経営層の考え方・経験・知識を吸収しやすい環境にあることも魅力のひとつです。早い時期から経営的視点を養いたいと思っている人には最高の環境なのではないでしょうか。田村社長自身も常に社内の状況を把握するように努めていますし、何よりも社員一人ひとりを大切にしているので話しをするだけでモチベーションが上がります。トップ自らがこういう環境づくりを大事にしているので、働く環境としてはとてもよいと思っています。

“新卒1年目で今後のキャリアが決まる”と言われるほど、入社後の1年間は重要な時期です。どんな環境に身を置き、何を経験するのか、よく考えた上で自分が最も活躍できる会社を選んでもらえたらと思います。