Akeshima Hiroyuki
  • 2013年新卒入社
  • 事業企画ユニット
  • バイスマネージャー
  • 明島 寛之

既存事業による収益最大化のための施策考案・実行や、新規事業や新拠点展開に関する調査や考察などを行う。

わたしの仕事の歓び
Pleasure

事業企画責任者として、既存事業の収益最大化や新規事業・拠点展開のための調査や考察をする役割を担っています。ワークポートは地方や海外拠点の新設、大量の新卒採用など進化に貪欲な会社だからこそ、私自身の役割が与える影響は大きいと感じています。なにより会社の成長を間近に感じながら経営の最前線で働けていることは、大きなやりがいであり歓びとなっています。

やるからには、相手や周りが驚くような仕事をしたいと思っています。だからこそ常に相手が求めていることに対して120%の価値を返すとか、仕事の成果に自分ならではの付加価値を乗せて提供するということなどにもこだわって仕事をしています。「仕事をがんばる」ことについて理由を考えたこともなかったのですが、突き詰めると「より必要とされる人間でありたいから」なのかもしれません。

わたしにとって「仕事」とは、自身の社会的価値と存在意義を確認・提供する場所。相手の期待を超えて、自身のバリューを提供することで会社や周囲に大なり小なり影響が与えられたらこんなに楽しいことはないと思います。

わたしの人生の選択肢
Choice

ワークポートでなければ、会社の意思決定に携われるような責任ある大役を掴み取ることはできていなかったかもしれません。

ワークポートには人や実績に対する評価が公正で、前向きさがそのまま実績に直結する仕組み(システム)があります。そのおかげで残業が多くて辛い、認めてもらえない、仕事がつまらない・・・などのありがちな悩みを抱えることなく、楽しみながらやりがいある仕事に取り組めています。そういう意味で心の底からこの会社を選んで良かったと感じています。

自身の意見を発信すること、主体的に物事に関わることの楽しさを知れたのもこの会社に入ったから。これからも広範な知識や視点を身につけさらに経営に深く携わっていくことで、自身の社会的価値と存在意義を高めていきたいと思っています。プライベートの目標は、もっと稼いで大崎近郊のタワーマンションを買うことです(笑)。

メッセージ
Message

みなさんの中には「仕事」という言葉に対してネガティブな印象を持っている人もいるかもしれません。正直に言うと、私もそうでした。お金を稼ぐための辛く苦しいもの。それが「仕事」に対する、20歳当時のわたしの定義です。

ところが、いざ社会人として働き始めると、その考えは大きく変わりました。信頼して任せてもらえるし、成果を出せば周囲がハッピーになり、さらに自分も認めてもらえる。自身の成長にもつながり、しかもお金がもらえる。これが現時点、29歳のわたしの仕事に対する定義であり、ワークポートで得られたものです。

もちろん落ち込むこと、辛いことも少なからずあります。たぶんどんな仕事、どんな職場でも同じでしょう。それならば、より得られる「歓び」の量が多い環境で全力で働くことが、より充実した人生を送るポイントなんじゃないかと思います。自分にとってどういった環境でなら「歓び」が得られるのか?それをじっくり吟味したうえで、最終的にワークポートを選んでくれたらとても嬉しいです。